某所で新月予報を出している「星見当番」の裏日記。裏当番&裏テントチームが執筆を担当


by ura_hoshimi

まずはめでたい。

【お針当番記す】

斯様な辺境に最新情報を求めてくる奇特なお客さんも
そうはいらっしゃらないだろうが、これは載せずばなるまい。

タカラトミーが、ジェニーを復活させるそうな。
ファッショニスタジェニー

顔、また変えるのね。
旧ジェニーに近いアイプリで、Newジェニーのヘッド?
随分と目が大きくて、目の位置も下だなあという感じがする。
顔とパーツのバランスがリカBFの「レンくん」を思わせる。
(あおりで写っている画像が特に似ている)

三代目ジェニー(と裏テントでは暫定的に呼んでおこう)が着てる、
黒にゴールドのラインが入ったプリーツスカートのセットアップが
ちょっとボカロ服っぽく見えたのはお針当番だけか?

フレンドは、シオン・あやの・みらい・新キャラのジェシカだって。

…マリーは出ないんだ。

新キャラのジェシカたんはキサラヘッドかな?
顔がいまひとつよくわからない。間近で見たい。
個人的にあやのにはさして愛着がないので
あやのポジションがロベたんかアベルだったらよかったのにと
思わなくもない。新キャラ・ジェシカたんはたまきちか、
さゆりんでもよかったんじゃないかなーとも思う。

とりあえず、見本は日本製なんだろう。皆すごくかわいい。
問題はこのかわいさが中国工場で出せるかどうかだけど。

キサラとリエに関しては、ハナっからメンバー入りを期待してない。
これから路線を変えて、一般販売分も全部お城産でいきますというなら
キサリエ一般販売復活は大歓迎なんだけど、たぶん中国工場なんだろうし。
「顔色が悪くてベタッとしたアイプリにオーバーリップの変なキサラ」とか
「パチもんくさい薄毛のリエ」とか見たくない。

いいの、キサラとリエに関しては、いま手元にいるのを愛でるし、
欲しくなったらオクで昔のを探すか、お城で買うから。

発売されても買う気は(いまのところ)ないんだけど。
ファッショニスタジェニー、子供に受け入れられて
人気が出るといいな。出たら、店頭に見物には行くかも。
それから、お洋服だけは買ってもいいかなと思ってる。

気になってるのは、新キャラ・ジェシカたんが着ている、
ピンクと黒が基調のランジェリーっぽい系統のお洋服。
この画像のジェシカたんが着てるピンクの、これ欲しいなあ。
その後ろ、トルソーに着せてあるピンクの花柄シフォン段々フリルのも
製品化してくれるんだろうか。椅子に載せてある制服っぽいのも
ピンクチェックがあしらってあって悪趣味すれすれの可愛らしさ。

新キャラだからなのかな、一番、服に気合入れてもらってるような。
逆に、みらいの服がかなり残念なのが気の毒でならない。
「好きな色はエメラルドグリーン、ブルー」って書いてるんなら、
せめてそのとおりに小物はエメラルドグリーンにしてあげなよ。
その小物、「エメラルドグリーン」じゃなくて「黄緑」じゃないか。
ガチャピンみたいな黄緑。

みらいの服は、アンダートーンの統一が取れてないんだと思う。
全体的に、幼稚園児のお弁当の中身みたいな色合いなんだよな。
ミックスベジタブルみたいな黄色とオレンジと黄緑は全追放、
その魚肉ソーセージみたいな安っぽいピンクも全廃していただきたい。
大体、五人もモデルがいて、ピンクかぶりまくり。

みらいの服だけ、素材がフェルトとニットプリント多用なのも
なんだかなあ。一人だけ、色も素材も手抜きされてるよ。
デニムブルーは残し、同じデニムで黒系も投入して、
後ろのボードにある写真のメッシュカラーと同じ
メタリックターコイズとパープルピンクを差し色にすればいいのに。

ジェニーの服は、プリーツスカートのセットアップと
ブーツだけ欲しい感じ。このブーツって、新しい型?
シオンとかあやのの服は、良くも悪くもフツーな感じ。
やっぱり服は新キャラちゃんが着てる毒ピンク小悪魔系かな。
こういうのを買って帰って、いやがる姐さんやリエたちに
着せてやりたい。
[PR]
# by ura_hoshimi | 2010-04-23 00:12 | お針当番記す
【お針当番記す】

本日の裏テント地方は、雨。これで桜も全滅だろうな。
そして、昨日はあんなに暖かかったのに、今日は真冬の寒さ。
この寒暖差はどうにかならんもんだろうか。着る服に困る。

昨日の続き。

c0054904_055812.jpg

この春縫った、新しい振袖。
黄みの入っていない、紅玉色の地に桜が散っている、
柔らかいポリ縮緬。満開の桜の枝に座らせて撮りたかったんだ。

真っ赤な無地の振袖を着て満開の桜の中に座ったら
紅の袂に桜が散り掛かってそのまま模様になった、
という雰囲気に写ってたらいいなと。

c0054904_0115873.jpg

この日はとにかく風が強かった。

Rock-a-bye baby, on the cherry-tree.
When the wind blows, the cradle will rock.


c0054904_016397.jpg

桜食う鬼か、振袖着た座敷童子か。うちの鵺さん、馴染みすぎ。
(ああ、身八つ口から二の腕が見えてるorz)

c0054904_01840100.jpg

これも失敗写真。ていうか全部失敗写真なんだけどorz

来年また、桜が咲いたら同じ振袖でリベンジ撮影しなくては。
[PR]
# by ura_hoshimi | 2010-04-13 00:20 | お針当番記す

月に群雲、花に風。

【お針当番記す】

下の記事を更新した後、振袖娘三匹連れて外出。
(むろん、先週から着せっぱなしの三匹である)
せっかく天気もいいし、この週末で桜も終わりだろうし、
野外撮影を決行した。

関東の北国、裏テント地方ではまだ桜が残っている。
今日は風が強くて、空中でも路上でも桜の花びらが
渦を巻いて飛んでいた。いつもの撮影場所で撮ったのだけど
枝が揺れに揺れるてピントは合わない髪は乱れる、
天気がいいので人も通ると最悪だった。

c0054904_21382844.jpg

枝の揺れが収まった一瞬をついて撮影して、この程度orz

c0054904_21394950.jpg

座らせる傍から、傾いていくモデル。崩れていく着付。

c0054904_21405297.jpg

実物はもっと美人なのに…
「エドガー鏡に写ってない(幽体離脱的な意味で)!」状態。


c0054904_21432244.jpg

斜め横から撮った時の、この髪のグラデーションが綺麗。
だが風で乱れまくり。せっかく巻きなおしてもらった髪がー。

c0054904_21445275.jpg

フラワー娘はご機嫌斜めでいらっさる。お疲れ様でした。

この後、鵺娘と姐さんも撮影したが、髪は乱れるピントはブレる、
見えちゃいかんものが出てしまう、しまいにゃ枝から落下する、で
ビミョーな写真ばかり量産してしまった。でも一応出すけど。

鵺篇と姐さん篇は、明晩にでも。

春色リエ嬢には、まだ100%彼女のものと言えるような
運命の衣装を見つけてやれてない気がするなあ。
何が一番似合うんだろうな、彼女。

髪の乱れを直してから、別の衣装で撮影する予定。
[PR]
# by ura_hoshimi | 2010-04-11 21:50 | お針当番記す

「借りぐらし」なヤツら

【お針当番記す】

えーと、今回は語りのみなので画像なしです。
しかもオモテと微妙に連動している話。

ジブリで『借りぐらしのアリエッティ』なる映画を製作中だという。
公式サイトで公開されているキービジュアルがかわいいのなんの。

別の映画を見に行った時に、巨大な告知ポスターを見つけたのが
そもそものきっかけ。ジブリの告知ポスターにときめいて
「早く公開を!」と思ったのは久しぶり。もしかして、
ラピュタのポスターを初めて見た時以来かもしれない。

いかにもジブリ作品のヒロインらしい、ボリュームのある赤毛
(なんでだか、ジブリの女の子たちはいつも毛量が多いよね)を
ひっつめポニーテールにして「洗濯ばさみ」でとめている、
ティーンエイジャーの小人の女の子。スレンダーな体型と、
ちょっと吊り目っぽい無愛想な顔つきが大変可愛い。

帰宅してから、うちの姐さんの髪に洗濯ばさみをつけようとして
返り討ちに遭ったのはまた別の話(^^;)☆\(--;)

(や、ちょっとキサラっぽかったのよ実際。
脳内フィルターかかりすぎですか、そうですか)

原作を調べたら、メアリー・ノートンの『床下の小人たち』。
読んだことはなかったが、タイトルだけは昔から知っていた本だし、
同じ作者の別作品は子供の頃の愛読書だった。
映画館を出た足で書店に行って探してきましたさ、
岩波少年文庫の『床下の小人たち』と、その原書、
‘The Borrowers’のペーパーバック。

で一気に読んだ。大変いい。これ好き。
このまんま!このまんまでジブリが映画化してくれたら
どれだけ素晴らしいことか。『ハイジ』の時みたいな
厳密な時代考証で、『ラピュタ』並みの作画クォリティだったら。

しかし公式サイトに行ったら、あああorz
不安要素が色々色々。なんで時代を2010年にしやがる!
なんだって舞台をイギリスの田舎から小金井に移す!
それから「借りぐらしの人々」の身長は10センチじゃねえええ!!

原作読んでみて、ポスターを思い出して不安にはなったんだよ。
アリエッティは原作では「ハットピン」を腰に挿してるんだけど、
ポスターのアリエッティの腰にあるのは何をどう見ても
裁縫用の、頭のところが硝子玉になってる「まち針」だったし。

日本語訳の林容吉(メアリー・ポピンズも訳した人)の解説によれば
「小人たち(作中では「借りぐらしの人々」と呼ばれる)」の身長は
20センチ弱。お針当番が原作を読んでみて得た感触や
挿絵でのスケール感を見てみても、たぶん大人で20センチ弱。
ヒロインのアリエッティは13歳だから、もう少し小さいはず。
でも、10センチはありえない。そこまで小さくはない。

原作はすごく良かったんだ。着想もいいし、細部の描写もいい。
物語の時代は20世紀前半か19世紀の後半か。
場所はイギリスの田舎にある大きなお屋敷。
どうも電気は通ってなさそうな感じなのだけど、
廊下の照明がガス燈なので、なんかそれくらいの時代。

大きな田舎のお屋敷の床下やら壁の裏やらに、
身長20センチ弱の小さい人たちが住んでるんだ。
彼らの自称は‘The Borrowers’「借りぐらしの人々」。
借りぐらしの人々は、食料から家具まで生活必需品を全て
「大きい人間」つまり普通の人間からこっそり「借りて」住んでいる。

よく人間が、輪ゴムとか安全ピンとか、そういう小間物が
「ここにしまっておいたはずなのに、探すとない」というときは、
借りぐらしの人々が持ち去ったのだ、というのがこの物語の設定。

だからといって、借りぐらしの人々が「大きい人間」に
感謝しているかというとそうではなくて、誇り高い借りぐらし族は
「大きい人間は、我らの生活用品の原材料を作るためだけに
存在しているドレイのような生きもの」と思っているのだ。
あるいは少なくとも、そう思い込もうとしているのだ。
彼ら借りぐらし族は、大きい人間のことを「いんげん」と呼ぶ。
原語では‘human bean’(human beingの言いまつがい)だ。

「『いんげん』は我らの生活用品のためのドレイ」って箇所を見て
うちの「可愛いがお仕事の小さい人たち」を思い出したのは
決して偶然ではあるまい…

彼らは、大きな屋敷の色んな部分に家族ごとに別れて住んでいる。
たとえば柱時計の後ろの壁が出入り口の一家は「クロック家」。
客間のハープシコード裏に住んでいる一家は「ハープシコード家」、
居間のマントルピースの上にある大きな鏡の裏に住んでいる一家は
「オーヴァマンテル家」。雨樋に住んでいる一家は「レインパイプ家」。

しかし、物語が始まった時点で他の一家は次々によそに移住して、
残っているのは「クロック家」の三人のみ。父親と母親と、
13歳になる一人娘のアリエッティ。彼らの家の入り口は、
「クロック家」の名のとおり柱時計の傍にあるが、実際の住まいは
安全を考えて入り口からずっと奥にある、人間の台所の真下。

アリエッティの父親は元々靴職人で、人間のところから「借りた」
キッドの手袋とビーズを原材料にボタン止めのブーツを作るのが仕事。
でも、他の一家が移住したので既に靴職人としての仕事はないに等しく、
ただ家族の生活のために食料や吸い取り紙を借りてくる程度。

吸い取り紙は、彼らの家のカーペットなのだ。壁紙は人間の手紙。
壁にかけてある絵は切手。アリエッティは「壁紙」の文字と、
エリザベス朝に流行した豆本を読むことで読み書きを覚え、
「舞踏会の手帳」から落ちた細い小さな鉛筆を使って日記をつける。
アリエッティの母親は、台所の床下に走る水道管に穴をあけて
そこから温水と冷水を「借りて」いる。水を使わない時は、ゴム栓をする。
もちろん、そのゴム栓も借り物。

台所の真下に住んでいるので、食べ物は人間とほぼ同じ。
借りぐらしの一家としては、これはかなり恵まれた食生活らしい。
客間や居間の近くが棲家だった借りぐらしたちは、基本的に
その部屋で人間が食べるもののお余りしか食べられない。
たとえば客間が棲家だった「ハープシコード家」は、
アフタヌーンティーのお菓子ばかり食べて生きていた。
その家の主人が病気がちになり、来客がなくなったので
彼らハープシコード家は移住せざるを得なくなったのだとか。

その家に住む「借りぐらし」最後の生き残り・クロック家は
父親の「借り」の腕前がよすぎた結果、そこに住み続けていることを
誇りにしているが、実際は逆に、腕前が災いして「取り残された」と
言ってもいいような、孤独な生活。一人娘のアリエッティは、
両親よりも早くその孤独さに気付いて、移住を夢見る。

ある日アリエッティは父親について「借り」に出かけて、
そこで人間の男の子に「見られる」。そこから男の子と
クロック一家の交流が始まるのだけど、結局最後には
屋敷に住む大人たちに感づかれて、小人たちは移住せざるを
得なくなってしまう。悲しむ男の子と、クロック夫婦。
だがアリエッティだけは「これで外に出られる」と喜ぶ。

そういう場面で『床下の小人たち』は終わる。
続編では、野に出た小人たちの冒険と、
ついに安住の地を見つけるまでの物語が
数冊に分けて語られるらしい(まだ読んでいない)。

借りぐらしの人々の、細かな生活描写が素晴らしい。
人間(「いんげん」)のところから「借りた」小間物たちが
思いもかけない使われ方をしているところが、言葉と挿絵で
事細かに語られる。ちっちゃいもの好きにはたまらない世界。

ドールハウスが好きだとか、お針当番のように
1/6ドールの下僕をやっている人間だったら、
ハマるんじゃないかなと思う。実際、読んでいる間じゅう
うちの小さいヤツらがちょこちょこ動き回って、
お針当番の裁縫箱からまち針やゴム紐を「借りて」いく
脳内映像が止まらなかった。

…うちの小さい人たちは、隠れもしないけど。
それに、実際の借りぐらしの人たちと比べると、
うちの「かわいい屋さん」たちは大きいのだけど。
借りぐらし屋さんたちの身長は、20センチ弱。
うちのかわいい屋さんたちは、22センチ~27センチ。

でも、大きい人間を下僕だと信じているところは一緒だ(^^;)☆\(--;)
[PR]
# by ura_hoshimi | 2010-04-11 14:22 | お針当番記す

行ってきた、大宮。

【お針当番記す】

リトファ大宮、行ってきた。
前回は地下のお部屋で薄暗かったけれど、
苦情が出たのか今回はふたたび明るい地上のお部屋。
これまで大宮では4回くらいリトファイベントがあったけど、
今回が一番いいお部屋だったような気がする。明るいし広いし。

大宮イベントでのお楽しみ、人形友としてもその他諸々としても
大変お世話になってしまっている某様との合流を無事に果たす。
今回、私の方からは何も用意できなかったのに、またしても
プレゼントをいただいてしまう。某様のお母様作の、
正絹と思われる古布で作った小さなポーチ。恐縮至極である。

お針当番、お行儀悪くその場でポーチを開けて
ファスナーや裏地の纏り部分の針目が繊細なのに驚嘆。
そして古布の手触りの良さに感嘆。

このお礼、いかがなすべきか。ふふふふふ。

廊下で裁縫話からマンガ話までお喋りに花を咲かせていたら、
いつの間にか開場時間を3分ほど過ぎてしまっていた。
どんだけ夢中なんだ、私。慌てて会場入りしたら、
見て回る間もなく、すぐにリトファで呼ばれてしまった。

リメイク用にオクで落としたヘッドを二つ、植毛に出してきた。
片方は元・赤毛カーリーに金目のNewフローラ。
元の髪色も好きだったんだがカーリーは手に負えないので
ストレートヘアを植えてもらう。髪色は赤赤茶。リップも変更。

もう片方は緑目のきらちゃん。
某人形マンガのキャラクター風にしたいが、
そっくりそのままの髪型は技術的に難しいので
正面から見た時だけそれっぽく見えるようにしてもらう。
髪色もキャラそのものの色ではなく、普通にブロンドで。

結果的に、モデルとは似ても似つかなくなるとは思うが
それなりに可愛くはなると思う。衣装作りがんばろう。

オーダー後はお買物と目の保養。
キャスコレは色髪尽くし。リエがエントリーしていたけれど
うちにいる薄グレー目にベージュシャドウのリエと似ているので
スルー決定。大変お財布に優しいことである。

今回はお人形には手を出さず、洋服と小物の買物のみ。
教室ドレスを単品で三点ほど、ロングブーツを二足、
リカちゃん用の新しい制服シリーズを一着。

c0054904_2327766.jpg

マドモアゼルシリーズの新作(今後発売予定)。
このリカちゃん、ドレスと髪色と髪型のマッチングがパーフェクト。
すごくかわいい。買ったら脱がせられなさそうなくらいかわいい。
ドレスの形も色もかわいいなあ。子供らしく、かつ上品で。
グレーとピンクの組み合わせって大好きだ。

たぶん、発売されたらドレスだけ買うと思う。
ピンク髪の人は買わない。かわいいけど、
買ったとして他にどんな服を着せてやったらいいか
思いつかないし、着物は壊滅的に似合わなそうだし。

c0054904_23354980.jpg

これもかわいいー。このハイウエストっぷりとか
プリーツをたたんであるところとか、スカート丈とか、
襟ぐりのあき加減とか、ホント絶妙だなあ。

このドレスセットは買った。
キャッスル制服リカちゃん(白)に着せてやろうと思う。
万能選手・アリエルリカちゃんにもきっと似合うだろう。

c0054904_23392777.jpg

膝丈半ズボンの白セーラー服、いい!
リカサイズとリカBFサイズで売るのかな。
これ、いつ出るんだろうなあ。

c0054904_23411778.jpg

華やか袴のお嬢さんズ。買いはしなかったけれど、
(だって型紙もあるし、袴・着物候補の布地も沢山あるし)
自分で作るときの参考に、色合わせをガン見してきた。
薄水色の着物にピンクの袴もなかなかかわいいじゃないか。

リカサイズもジェニーサイズも、袴の長さはくるぶしくらい。
『はいからさんが通る』ファンとしては、女袴は丈短めで、
ブーツを履かせたいところ。思うに、着物は無理であっても
袴の方はウエストの融通が利くんだから、敢えてジェニーに
リカサイズ袴を履かせたら、ブーツに合うんじゃなかろうか。

今回萌えたのはリカちゃん系ばかりであった。
27センチクラスは、幸か不幸か惹かれるモデルがおらず。
いたらいたで、買いたくなって困るのだけど。

買物が終わった後、休憩コーナーで再びお喋り及び
戦利品やら本日の連行者やらの披露合戦。

c0054904_022355.jpg

某様のところのナンバーワン、キャッスルリエ・カスタムの卯月嬢。
杏着物のクロネコが心底鬼愛、いやお似合いになる。

このほか、学ランキサラカスタムの三毛姐さん、
小美人も一緒に来ていた。撮影したのだけれど、
全部激しくピンボケだったっていうorz

c0054904_23535933.jpg

やる気のない集合写真(うちから連れて行った面子のみ)。
撮った写真が全部ピンボケだったので小さめで。

ここに写っているのは全員うちの娘たち。
うちのツートップ、学ランの史子姐さんと鵺娘。
リトファでボーカロイド仕様にしてもらった67サユリ。
そして某様のところから我が家に降嫁されたリエ嬢。

鵺娘にはこの春縫った新作の赤振袖を着せてみた。
赤はまず、何をおいてもこの人に貢ぐのがウチのルール。
姐さんには久しぶりに水色の枝垂桜を着てもらった。
帯も前と同じ。帯揚と帯締だけグリーン系に変更。
みくみく仕様のリエは、まだ衣装ができてないのねー。
がんばって作る。とりあえず市販のセーラー服で。

c0054904_23574822.jpg

こちらが、某様のところから我が家に嫁いできたリエ嬢。
例のあの、神仕様のレアなフラワー娘リエ様である。

見る影もないほど髪ぐっしゃぐしゃの状態でオクに出ていたのを
某様が落籍落札して、お湯パーマで髪型復元。
しかしながら「どうも家風に合わないので、よかったら」と言って
お針当番のところに派遣してくださったのだ。薄紙の中から
彼女が出てきた時には某様に後光が射して見えたぜ…!

このご恩、いかにして(以下略)…ふふふふふ。

さて、お嬢リエに何を着せたものかと随分悩んだが、
うちに来たからには一度は着物であろう、と振袖を。
最初は、史子姐さんの薄水色の振袖を合わせてみたのだが
(だから小物をグリーン系にしてみたのだ)いまひとつだったので
卵色と薄緑が暈しになっている振袖を着せてみた。
春色同士・イエローベース同士だからか、とてもよく似合う。

ストロベリーブロンドの巻き髪にアクアグリーンの瞳という
まるっきり西洋人なメイクなのに振袖が似合っちゃうのは、
果たしてメイクがミラクルなのか、この振袖がミラクルなのか。

この振袖は葉桜の季節までOKっぽい色柄なので、
来週末にでも、もう少しまともな写真を撮ってみる予定。
[PR]
# by ura_hoshimi | 2010-04-06 00:27 | お針当番記す

よし、大宮行ってくる!

【お針当番記す】

天気よし!春物の服よし!振袖娘よし!
カメラよし!申込書よし!持ち込みヘッドよし!
デザイン資料よし!暇潰しの本よし!眠気覚ましのコーヒーよし!

準備ができたところで、リトファ大宮、行ってくる。
[PR]
# by ura_hoshimi | 2010-04-04 09:04 | お針当番記す
【お針当番記す】

仕事が繁忙期につき、平日は帰宅したら倒れて寝る生活。
休日は休日で昼まで意識不明さーはははははorz

さて本日のお題。
お針当番は、人形者である以前に布買い依存症である。
生地屋さんで気に入った色柄・質感の布を発見すると、
使う用尺以上に買い込む。さらに作るあてがなくても買う。
そして死蔵する。

クローゼットの中には、箪笥ひと棹分の大物生地と、
端切れを詰め込んだ押入れ収納ケースが…半ダース…。
あ、ケースのひとつは副資材だから端切れは5ケース。
プロの手芸家でもないのに、おそろしい量を溜め込んでいる。

高校の頃からコツコツ散財…ゴホゴホ…買いためた生地には
もはや趣味が変わってしまって今後使うこともないだろう色柄もある。
(最初のうちはカントリー趣味だったのだ)刺繍用の亜麻布や、
買ったものの制作時間がとれなくて未着手のキット物もある。

このたび、その在庫を減らそうと思い立った。
今後自分に残されている時間と、その中で縫い物に使える時間、
収納スペースの限界を考えて、やっとここまで決心ができた。

元々、こんなに在庫が増えたのはお針当番の縫い物がヒト服・小物・
刺繍にパッチワークに人形と幅広すぎであるせい。思い切って
休眠状態にある刺繍とパッチとヒト服用の素材を処分して、
現在のメイン趣味である人形服用の素材とその他少し
(思い入れがありすぎて手放しがたい生地)に在庫を絞る。
キット類も人にゆずるか、オク出しの予定。

ふと出来心で「ハンクラ 片付けられない」のワードで検索してみた。
そしたらこんなスレを見つけてしまった。

懺悔】不良債権を告白するスレ2【許しましょう】

このスレは、ハンクラ(=ハンドクラフト)者たちのうち、
素材を買い込むスピードに作品を作るスピードが追いつかず、
厖大な在庫を抱えている買物依存症ハンクラーが集うスレ。
彼らは日々、このスレでおのれの罪業を懺悔し、
同じ罪を抱える兄弟姉妹の懺悔に耳を傾ける。
そして、教会でもなく神父がいるわけでもないので、
交代で聴聞僧の役を引き受けて、顔も見ぬ兄弟姉妹の罪を
互いに赦しあうのであった。ははははは。

スレの流れは以下のとおり。

・書き込もうとする前に、まず自分の直前のレスを読む。

・直前のレスに対して「ゆるしましょう」の言葉で自分のレスを始める。
大抵の人は、「ゆるしましょう」の後に、前レスの人の罪科を弁護する言葉を
つけるようだが、シンプルに「ゆるしましょう」だけでも勿論いい。

・「ゆるしましょう」の後に、自分の罪科を告白する。

・「こんな自分の罪をおゆるしください」で〆る。

・次にレスした人が、告白した罪科をゆるしてくれる。以下同様。


スレ全部読んでワロタ。
出てくる人全員、「それ何て俺」状態。
布買い依存症のハンクラーは多いのだなあ。
もっと大物の、機械類をガンガン買ってしまう人もいるけど。
ミシン4台ロックミシン6台とかすげえ、すげえよ…

罪科を告白し互いに赦しあう兄弟姉妹同士であるせいか、皆が謙虚。
スレを立てた人が「拙いスレ立てをお許しください」とのたまえば、
他の住民が「>>1乙。僭越ながら許しましょう」と返す。
荒れることなく常にのんびり進行。なかなかの良スレ。

問題はね。
「ハスク」だの「ダイカットマシーン」だの、
お針当番の知らない名前がついたものを
「買ってしまいました」と懺悔する兄弟姉妹たちを見ると
それって何だろう…と検索してみたくなること。
うっかり欲しくなっちゃったら困るので検索自重中。
[PR]
# by ura_hoshimi | 2010-03-13 16:19 | お針当番記す
【最初に裏当番記す】

やる気が出ないダラダラの一ヶ月間。
お針当番のドール振袖作りは遅々として進まない。

なぜか。

振袖本体を縫うのは色や柄に助けられて結構楽しく進むんだけど、
本体を作った後で、帯やら足袋やら半襟やらの小物類を作るのが
面倒なんだよねー、ということで、今回は小物から先に攻めたのだ。

その結果。

半襟の準備だけで心が折れた。

馬鹿正直に、縫いたい振袖本体の数と同じ本数の半襟、
20本を一度に縫おうとしたりするからだよ。
お針当番の辞書には「ほどほど」という文字がない。

その他、ドール関係以外でも色々あって全体的に落ち込み気味。
オモテも更新する気が起きないし、体調まで変になってきた。
病気、というほどのことではないのだけど。

前よりもお腹をくだしやすくなったとか(腹痛はない)、
何もないところで頻繁に転ぶとか、手に力が入らなくなって、
特に重たくもない、普通に持ったり握ったりできそうなものを
ちゃんと持ちきれなくて取り落とすとか(ペンや書類や
携帯電話やファイルが手から勝手に躍り出ていくように見える)
指が震えてタイプミスを繰り返すとか靴紐が結べないとか。

心身症(というのが正しい呼び名かわからないが)か?これ。

今はちょっとマシになったけど、先週はひどかった。
ブログ(オモテの)を更新しようとしてPCに向かっても
最初の一文字が打てない。タイトルを考えつけない。
書きたいことがないわけではない。ささやかなものだけど、
ネタはいくつか溜めてるのがある。でもPCに向かうと書けない。

だから先週は諦めて仕事から帰ったらすぐ寝る生活をしていた。
PCに触るのはメールチェックだけ。じっさい仕事が忙しかったし。
手が震えて危ないというのを口実に、針も持たなかった。

そんで布団にくるまって小説と漫画本を読んで逃避していた。
小説は浅田次郎の『蒼穹の昴』(超面白かった)、
漫画はPEACH-PITの『ローゼンメイデン』(いまさら)。
と、ここまで書いたところでお針当番記す―


【お針当番記す】

人形者としては「何を今更」な一作、『ローゼンメイデン』を読んでいる。
しかも読んでみようとしたきっかけが例の兄貴※だなんてとても言えない。
(…書いてるだろうが)

※つまりこうだ。

1)お針当番、ニコ動の兄貴こと「いさじ」の歌唱にハマる。

2)「いさじ」の歌う超漢前な「聖少女領域」を聴く。

3)ついでに本家Ver.の「聖少女領域」も聴いてみようと検索する。

4)なんだ、これローゼンメイデンの主題歌だったの?→OP動画試聴。

5)あ、意外と好みかも(OP動画が。歌はいさじVer.の方が好き)。

6)近所の新古書店で原作が格安で売られているの発見。

7)読んでみる←いまここ。


ストーリーは、うーん、普通?
つまらなくはないけれど、無茶苦茶ハマるという程でもなく。
でもドールズは確かにみんなかわいい。主にお洋服が(そこか)。

もしもローゼンメイデンドールのうち一体を手元に置けるとして
お洋服を抜きにして、純粋に中の人の魅力で選ぶなら
お針当番は金糸雀かなあ。服はアレだけどあのおデコがいい。
カナかわいいよカナ。

逆に服はかわいいけれど中の人にはそそられない、というのが
翠星石と蒼星石の双子。グリーンと赤のオッドアイなのもなんだかなー。
ネコのオッドアイと同じ青目・金目だったら惹かれたかもしれない。

翠と蒼の双子、お洋服は文句なしに可愛いんだが。
うちのリトファ多毛リエ姉弟にあれのレプリカを着せてみたいくらい。
―自作は面倒すぎるのでやらないけれど。

根がリカ・ジェニー者であるので、読んでいてつい
「ローゼンメイデンをリカジェニで再現したらどの子がどれか」と
考えてしまう。1/3か1/4スケールであろう球体関節人形を
1/6のソフビドールで再現しようとするのも変な話だけど。

水銀燈はシオンでいいんじゃないかな。
前にキャッスルで出していたピンク目で銀髪の。
それから、髪色も目の色も違うけどCGゴスロリフローラに
雛苺の服を着せたらきっとものすごくかわいいと思う。
しかしでっかい雛苺…。

金糸雀は、リカフレンドのきらちゃんっぽいと思う。
おでこが丸くて広い感じなのが。真紅・翠と蒼の双子は
どのドールにすればいいか考え中。って作るわけではないけど。

余談。

日曜、サンクスフェア東京に行ってきた。
気分が落ち込んでいて行きたくなかったが、
前々からリトファの予約を入れていたし、
家にいても気分が悪化するばっかりなので
なんとか起き上がって出かけてみた。

最終的には、行ってよかった。
ちゃんとリメイク一体、フルオーダー一体注文できたし。
(ひそかに購入していた67サユリをリメイクに出してきた。
オーダーがうまく通じていれば歌姫になって戻ってくる予定。
フルオーダーで頼んだのはきらちゃん。)

買いたかったドール服も買ったし。
「あたギャラ」は眼福この上なしだったし。

それに、ネットで交流させていただいている方にもお会いできたし。
元々、67キサラとキャスコレリエに振袖を着せて連れて行ってたが
お会いできるとわかっていたら、史子姐さんを連れてくんだった。

で、画像なんだが。デジカメ忘れたんだ。
仕方なくつい先週買い換えた新しいケータイで撮影。
まだ操作方法もよくわかってない(着信音さえ変えてない)のに
闇雲に構えて撮ってみる。

そしたら、最近のケータイは進化してるんだなあ。
最新機種じゃなくて、そのひとつ前の機種なんだけど、
顔を勝手に認識してピントを合わせてくれる。
しかも、人形の顔も顔と認識してくれるんだから驚きだ。

こういうカメラって、どこまでを「顔」と捉えてるんだろうなあ。
ネコやイヌに向けても顔をとらえてくれるのか、
たとえば人形でも目鼻のバランスが極端なタイプにも
ちゃんとピントを合わせてくれるのか、色々試したい感じ。
たとえば一旦平面化された顔(ポスターになってる人の顔とか)を
撮影しても、顔にピントが合うんだろうか。

それはさておき。
ケータイには現在、ばしばし撮ってきたかわいい人形の画像が
溜まっている。操作方法がまだよくわからないもんだから、
撮った画像をPCに落とすこともできず、ただニヨニヨと眺めている。
そのうちどうにかして画像をのっける予定。

開場の30分くらい前に来て受付表に名前を書いたのに、
リトファの呼び出しが来たのは2時間後くらいだった
(お針当番の呼び出し順は12番目)。注文を終えたら15時半。
買物客の数はどんどん増えて、レジには長蛇の列ができていた。

16時過ぎに会場を出る。
が、出た途端に方向感覚がわからなくなり、
人形町の駅に戻れなくなる。さ迷い歩いた挙句、
なぜか都営新宿線の馬喰横山駅に辿り着き、
そこから新宿へ出る。ついでにボークスに寄って
予備のボディを買っていこうと思って下車。

ありゃ、新宿ショールームっていつ閉店になったのorz
仕方がない、今度仕事帰りに秋葉原ショールームで買うわ。
[PR]
# by ura_hoshimi | 2010-02-22 01:58 | 裏チーム入り乱れ
【歌当番記す】

ひっさびさの歌当番カテゴリ。

実は当番、恥ずかしながら現在「世界で一番いい漢」こと
「ニコ動の兄貴」こと「いさじ」の歌声にハマっている。
徹夜で縫い物をする時に聴いていると、眠くならなくていいのだよ。

七色の声の持ち主、といえば通常は女性歌手あるいは
女性声優に冠する言葉なんだろうけど(清水ミチコだとか
小原‘ドロンジョ様・未来少年コナン・旧のび太’乃梨子とか)
七色の声を持つ男性歌手あるいは男性声優って、
あまり思いつかない気がする。男性だと山寺宏一くらいか。

いさじ氏はその、男性では珍しい七色の声の持ち主。
いや、七色の声を持つ男性、ではなく「七色の声を持つ漢」。
声色の幅も広けりゃ音域も広い。選曲の幅もムダに広い。
聴いてて飽きる暇がない。何度聴いても腹筋崩壊する。

いまのところ「ニコニコ動画流星群を漢らしく歌いました」と
「いさじ動物園」が純粋にいさじ氏のソロばかり聴けるのでお気に入り。
エンドレスで流しながら縫い物をする(ヘッドホン必須)。
こんなの、と言っては失礼かもしれないが、しかしながら
やっぱりこんな歌い手さんにハマっているなんてこと、
とてもオモテには書けない。

とか言いながら、裏当番・歌当番・お針当番だけでなく
オモテの当番も、いさじ氏の声と歌唱技術と選曲センスに
ダダハマり中である。オモテ当番は、何かに惹かれるとすぐに
「この人の生年月日を知りたいものよのう」と思う。
年まではわからなくてもいいから(三十路ではあるらしい)、
せめて月と日だけでもわかれば太陽サインが確定する。

声がいいのは牡牛座というのが定説だけど、
曲と声の組み合わせ、所々に挟むウホネタ・替え歌、
その他の洒落が利きすぎてるところから見て
どうも女性サインとは思えない。漢サイン、じゃなかった、
男性サインだろう。牡羊・双子・獅子・天秤・射手・水瓶のいずれか。

まず、替え歌のセンスから見て天秤座と双子座が脱落。
女性視点の歌詞を男性視点(あるいはウホ視点)に
置き換えて漢言葉で歌う、あるいは全部シモネタ変換する、など
割と小中学生の男子みたいなことをするのは火っぽいと思う。
風サインのうち、水瓶座だけを残したのは、水瓶座には
「性別を越える・逆転させる」というテーマがあるから。

天秤や双子だったら、言葉そのものに強く関心を持つから
替え歌にするなら空耳系にすることが多いんじゃないかと思う。
(いさじ氏が空耳系の歌詞を全く歌わないというのではなくて、
他人が作った空耳歌詞を歌うということはある。
いさじ氏オリジナルと思われる替え歌歌詞に
火っぽいセンスが感じられるものが多いという意味)

牡羊・獅子・射手・水瓶座からひとつ落とすとしたら獅子座。
獅子座はパフォーマーのサインだけれど、もしも獅子座なら
NO☆N☆KEネタには走らず、ひたすら熱くカッコよく
男らしく(漢らしくではない)歌い上げることに集中するような。

オモテ当番は結局、彼の太陽サインは射手座か水瓶座の
どちらかじゃないかというところまで候補を絞った。
射手座を残したのは、射手座はそれがネタとして面白いとなれば
俺はNO☆N☆KEだって構わないで歌っちゃう人間なんだぜだし、
水瓶座を残したのは例の性別越え・性別逆転のテーマがあるのと
12サインで1,2を争う多才多芸型サインだから。

(脱線その1
なお射手座もわりかし多才多芸と言われることが多いサインだが、
これはそもそも興味の向く先が多く移り気であることによる。
水瓶座の多才多芸は複数のものを一瞬でパッと把握してしまう
聖徳太子的理解力の高さと視野の広さによる。射手座の場合は
一瞬で複数のものを同時に理解するというより、ひとつのものに
一時的にキャーッと熱を上げ、そこから求めるものを短期集中で
吸収した後、サッと離れて次に行くのを繰り返す、という感じ)

(脱線その2 
なお、なぜ牡羊座を落としたのか、については
「直感で牡羊座はナイと思った」の一点張りで
どうやらきちんと説明はできないらしい)

しかしそこから先が絞れない。
予測が当たってるかそれとも大はずれか、知りたい。
しかしそこまで公開してるとは思えないしなー。

と思っていたら。
1月27日、当のいさじ氏のブログで
「一足早い誕生日プレゼントをもらった」と
記事が出たではないか。どうやら1月28日か29日が
いさじ氏の誕生日であるらしい。遅くてもこの週末か?

…ということはだ。水瓶座だよ。うわぁお。
モーツァルトや清水ミチコ(この二人は1月27日生まれ。
ついでにルイス・キャロルも1月27日生まれだ)
を思い浮かべて、なんとなく納得する。

1月28日ならニットの貴公子広瀬光治と同じ誕生日、
29日ならテレサ・テンと同じ誕生日だが。
1月30日だと石川さゆり、31日だとシューベルトと同じ。

いさじ氏の正確な年齢はわからないが、一説には31であるとかないとか。
仮に2010年の誕生日で31歳になるなら1979年生まれ。
それで1月28日~29日生まれだとすると月も水瓶座。
30日・31日生まれだとすると月は魚座。どの日に生まれても
芸術関係を担当する金星と海王星が共に射手座。

ただし、あくまで1979年生まれの31歳だったらという話。
年がズレたら月サインと金星サインは変わる。

まあ、そんなことはどうでもいい。
さ、あと15分くらい兄貴の歌を聴いたら寝よう。
[PR]
# by ura_hoshimi | 2010-01-29 01:34 | 歌当番記す

NJキサラ in メーテル服

【お針当番記す】

24日に開催されたドールショウ27のレポートが
あちこちの人形ブログに上がっているので
針を動かしつつもちまちま徘徊している。

今月のキャッスルTOGOドレス、薄ピンクのお姫様なアレ、
ドールショウ27での展示モデルがリエだったんだけど!
襟首のあたりでエレガントにまとめた髪型がすごく素敵で
むちゃくちゃかわいかったんだけど!!!

一体このリエはいつ出たリエ嬢だ、これから出るTOGOドールか?
美しいじゃないか。さらなる画像を求めてさ迷った結果、
いつもの徘徊先のひとつで大写し画像を発見。

目の色・アイシャドウ・髪の分け目から見るかぎり
2009年11月の月間双子キサリエの、リエの方みたい。
髪を結うだけで、こんなに雰囲気が変わるんだなあ。
お城の結髪技術に脱帽。うわー見に行けばよかった。
また、このリエ嬢がピンク似合うんだ。

…あのドレスが、最初に誰に着せようか迷っていたけど
届いたらぜひ月間双子リエにも着せてみよう。

本日のお蔵出し。
メーテル服をこの人にも着せてたのを思い出して。

c0054904_027497.jpg

NJキサラ。うちのモデルの中では唯一、
アニメっぽいイエローブロンドの持ち主。

c0054904_0333086.jpg

しかしまあ、明るいメーテルだこと。
翳りのかの字もなさそうな健康的美人。

c0054904_0402790.jpg

精一杯翳りを出してみて、この程度。

キサラ族はそれぞれみんな美人だけど、
松本零士的伏目美人を演じさせるのは
少々無理があるかも。

唯一例外的に似合いそうなのはクイーン・エメラルダスか。
エメラルダスかっこいいよね。目つき悪くて(^^;)☆\(--;)
うちの姐さんに、あのオスカル様服と海賊服の折衷みたいな
エメラルダスの衣装を着てほしいけど、あんなパーツの多い衣装、
自作したらたぶん死ぬから妄想だけでやめておく。

なお、検索してみたらエメラルダスドール、あったよ…。
顔はうーん…?だが衣装や小物はすごくよくできてる。
ボディはSAJ。イエローサブマリン製。衣装だけ欲しいぜ。

「クイーンエメラルダス」で検索したら三番目くらいに出てくる
個人でやってるエメラルダスのファンサイトがあって、
そこでイエローサブマリン製のエメラルダスドールに
いろんな服(しかもほとんどジェニー服)を着せ替えして
大いに遊び倒しているコーナーがあった。

エメラルダスがオスカル様服着てたりチャイナ服着てたり
80年代のスケ番風セーラー服着てたり。楽しそうだ…
[PR]
# by ura_hoshimi | 2010-01-26 01:05 | お針当番記す