某所で新月予報を出している「星見当番」の裏日記。裏当番&裏テントチームが執筆を担当


by ura_hoshimi

<   2008年 01月 ( 22 )   > この月の画像一覧

まだあったりする。

【お針当番記す】

間があいてしまったが。
正月休みに撮りためた振袖画像、
実はまだあったりはするのだ。

c0054904_2244829.jpg

CG制服キサラの双子姉妹(?)にお揃いの振袖。
髪をほどいただけの方を先に迎えたので「姉」、
ヘアカットした方を「妹」と便宜的に呼んでおりますが。

c0054904_22454625.jpg

姉よ、その顔は怖すぎだ。
この二人、並べると猫の姉妹みたいだ。
「グリンとモルド」というか「とらまる姉妹」というか。

あ、この二人にお揃いのセーラー服着せて
「グリンとモルドごっこ」させてみたいな。
チビ猫役は金髪巻き毛のヅラをかぶったベチ子さんでどうだ。
(うちにはブルネットおかっぱのベチ子さんのほかに、
ヅラ要員のスキンヘッドベチ子さんがいる)

c0054904_22583299.jpg

CG制服姉の「春の干菓子振袖」、小物違い。
着物と帯は同じで、帯揚げを薄水色→鳥の子色に、
帯締めを紅色→萌黄の濃淡へチェンジ。

ところで、城コレ13で見本として出ている「リエ」の
「623薄こげ茶」髪って、このCGキサラと同じ色かなあ。
もしそうだったら「561茶(エリカの髪色)」か
「356赤茶(チヒロの髪色)」にしようかな。

うちのリトファリエの髪色はサユリの髪色に似ているが
番号を見るとどうも違うらしい。うちのは「545」で
サユリの赤金茶は「446」。
[PR]
by ura_hoshimi | 2008-01-31 23:00 | お針当番記す

金茶同盟

【お針当番記す】

c0054904_23175574.jpg

リトファ金茶髪リエとCG制服フローラ、
小物込みでお互いの振袖を交換。
もともと同柄だから、変わりばえがしないか。

c0054904_23195033.jpg

帯揚げを変えてみた。ポーズがひどいorz

c0054904_23205058.jpg

こっちも帯揚げチェンジ。
オレンジゴールドの帯に中紫の帯揚げって
合わないかと思ったらそうでもなかった(気がする)。

撮影後、この組み合わせのままリエに着せなおした。
リエ、そのままキャッスル箱に入れられてディスプレイ中。
[PR]
by ura_hoshimi | 2008-01-22 23:27 | お針当番記す
【お針当番記す】

先週末からちまちまとドール個別収納用の紙箱を作っている。
カルトナージュみたいな大したものじゃなく、普通のボール紙切って
ホチキスでぱちんぱちんと留めて、中に固定用のリボンをつけたもの。

先週4箱作ったところで材料のボール紙を切らしてしまった。
で、昨日百均で必要枚数買いこんできた。がそれに満足して
結局今週末はいっこも組み立てせずダラダラ遊んでいた。
来週末には作らなきゃ。

今日の画像は一枚だけ。

c0054904_23264536.jpg

小美人 in おさがり水色振袖。
帯が姐さん仕様で大人っぽかったので
もう少し色みを足してみようかと桜色帯にチェンジ。
元の牡丹色の帯揚げは桜色帯に合わなかったので
水色に変えてみたんだが。

帯揚げの色が悪かったのか、浮くんですなあ。
そして小美人、ますます浮かない顔に。
[PR]
by ura_hoshimi | 2008-01-20 23:31 | お針当番記す
【お針当番記す】

キャスコレ13にリエが出てるなあ。
見本の薄茶髪が似合っていて心揺れる。
それは激しく揺れたのだが、深呼吸を二回して
「この仕様が本当にほしいか?単に、リエと出会う機会が
あまりにも少ないせいで興奮してるんじゃないか?」と自問。

その足で素敵魔性リエが棲息するあのサイトこのサイトを
巡回してきた。で、やっぱり理想は高く持たなくちゃと思って
オーダーは保留中(やめるんじゃなくて保留か)。

でも、今回の見本リエはまあまあ綺麗に撮れてるね。
丸いひたいの感じが明るくてかわいい。いつもほど困ってなくて
さっぱりした性格の人みたいに見える。

うーん。アイプリはベーシックな青目だし
アイシャドウはピンクで、とても好きなんだけどな。
オレンジ系のチークもリップもまずまず。でも眉毛がな。
この目だったら赤茶じゃなくて焦茶眉の方が好き。

さて、振袖祭り再開。

振袖シャッフルで一番活躍したのは、
古代紫×渋ピンクの古典柄振袖。
67茶×ピンク髪キサラとリトファカオリちゃん以外に
三人がこれを着た。オールマイティというか無難というか、
どんな髪色の子に着せてもそこそこ似合うのだな。

c0054904_23505822.jpg

CG制服キサラ・カスタム。

この子、地味グリーンの振袖だと娘らしく見えて、
色柄で言えば元の振袖よりはるかに娘らしい筈の
古代紫×渋ピンクを着せると少年ぽく見える、
というのは何故なんだろう。

なんだか自分のことを「ぼく」とか言いそうな子に見える。

c0054904_23564830.jpg

史子姐さんにも着せた。意外といける(と思う)。
でもちょっと猫かぶった風か。

c0054904_03718.jpg

リトファ金茶髪リエ。この振袖だとやや幼げに写る?
焦茶リボンを白の幅広に換えるともっとよかったかも。
[PR]
by ura_hoshimi | 2008-01-20 00:07 | お針当番記す

振袖祭りは一時休止

【裏当番記す】

「いちじきゅうし」と打って変換したら「一時急死」と出てきた。
縁起でもない。だいたい急死したら永遠に死んだままじゃないか。

表テントでも書いたが、オモテの稼業が大変なことになっている。
とは言え、一介の平社員である身には手に負えない事態だし、
手を出すべきことでもないので、その日自分で出来ることを
黙々と進めて、やり終えたらさっさと帰ってくることにしている。

明日の夜は前々からの約束があって、取引先の店に
出向かなければならないのだ。行きたくないな。
それ以前に本部に出勤したくないんだが。
でも仕方がない、歯を食い縛って行くしかない。

忙しくて疲れているんだが、同時に興奮もしているらしく
休息を取りたいのについ遅くまで起きて色々やってしまう。
いつもなら仕事の行き帰りは電車の中で仮眠するのに、
ここ二三日はずっと本を読みまくっている。
ちょうど今読んでいる小説が佳境に入って
途中でやめられないというのもあるのだけど。

そして、寝る前には取り憑かれたように刺繍をしている。
ほっとくといくらでも刺し続けてしまうので
「一晩に刺繍糸1本で刺しきれる分だけ」と
自分に規制をかけている。

裏テントも、画像の続くかぎり連続更新しようと思っていたのだが
ゆうべはさすがに疲れて更新をとりやめた。明日も帰りが遅いので
更新は無理そう。週末に振袖祭りの続きをするつもり。
[PR]
by ura_hoshimi | 2008-01-18 00:16 | 裏当番記す

まだまだ続く振袖祭り

【お針当番記す】

巷じゃ成人式も過ぎたけど、
まだまだ続く裏テント振袖祭り、の前に少し別話。

2000年くらいに、清水の舞台から飛び降りるような気分で買った
リネンのフラットシーツ(無印良品のだったからリネンにしては安価だが
当時のお針当番にとってはそれでもシーツ2枚と掛け布団カバーを買うのに
さんざん逡巡した)の1枚がとうとう弱ってしまい、穴が開いた。

リネンは丈夫な繊維だから、シーツでも天地左右を逆にしながら
平均に使っていれば、たとえ毎日同じのを洗って干して使っても
10年は使える、と言われていたんだが、そこまでいかなかったな。
でもまあ8年はもったんだからいいか。

他のコットンのシーツが弱って何枚も引退していく中、
これだけが8年。しかも、同時に買ったもう一枚はまだ現役だ。
穴があいちゃった方もいい感じに柔らかくなっていて捨てがたいので
シーツとしては引退させるけど洗って切って、何かに使おう。

さて、本日の振袖娘。
CG制服たまきに着せた濃い紫の生地は、
もともとすず子に着せるつもりで買ったものだった。

c0054904_015766.jpg

なので、もちろん着せる。もちろん似合う。
彼女のために見立てた生地なので当たり前だが。

c0054904_04254.jpg

もうちょっと赤みがあった方がいいかと思って
帯揚げだけ牡丹色に変えてみた。
着付け、グダグダだけど。

c0054904_084552.jpg

帯を桜色のチャイナブロケードにチェンジ。
帯揚げは最初の画像と同じ濃紫。
もうちょっと帯揚げを上に、きつめに巻くべきだった。
帯の上端が覗いちゃってるよ(とほほ)。

c0054904_0101617.jpg

この帯と帯揚げ、色自体は振袖にもすず自身にも
合っていると思うのだけど。でも帯揚げがゆる(略)。

c0054904_0112747.jpg

帯むすびは「ふくらすずめ」。
この生地は、2006年に史子姐さんに作った
シルバーグレーの桧扇帯とまったく同じ生地。

この、桜色にバニラ色の線が出ている方が表なんだけど
裏返してみたらシルバーグレーに鉄灰色の線になって
意外とシックで水色の振袖によく合ったので、
先に銀の帯を作った。余ったのを今度は表にして
作ったのがこの帯。

c0054904_017435.jpg

振袖に仕立てる前の表地。
この、雨のように走っている点線を見て
こっちが縦だろうと思って撮影も裁断もしてしまったが、
実際の布目は点線が横になる方向が「縦」。
[PR]
by ura_hoshimi | 2008-01-16 00:37 | お針当番記す
【お針当番記す】

c0054904_1442452.jpg

キャッスル08年新作 きものリエ・限定品です(違)。

お針当番は大抵、さっさと外箱を処分してしまうのだけど
来て日の浅いリエの箱はまだ残ってたので出来心で撮影。
後ろに余計なものが写っているのはスルーの方向で。

帯揚げをオリジナルの濃青から都忘れの紫に変更。
よく見えないけど髪のリボンも薄水色の6mm幅に変更。
(この髪色には合わないかと思ったら、意外と水色が似合う)

そういえばキャッスル通販のオリジナルドレスで
振袖が限定発売されて、すぐ完売になってたっけ。
キャッスルオリジナルドレスの品質は素晴らしいんだが
振袖は(もうたんまりと手持ちがあるし)いいや、
とスルーしたところだった。

三連休中、ずっと天気が悪い。今日も曇り。
たしか今日は地元の成人式で、うちの近所が会場なんだけど
例年と違って妙に静か。外を振袖の人が歩いている様子もない。
どうしたんだろう。まあいいんだけど。

今日を逃したらずっと撮れなくなりそうなので
取り急ぎ史子姐さんのスナップを2、3枚だけ撮った。
帯を改造したのでその記録として。

c0054904_1418714.jpg

こっちは正月休みに撮ったもの。
帯は松葉に鶴の模様なのだけど、裁断に失敗して
胴部分にちゃんと鶴を出せていなかった。

なので一旦ほどいて縫い直したのが次の画像。

c0054904_14205454.jpg

後ろに余計なものが写っているのは(以下略

やっと鶴一羽を入れることに成功。
中央よりちょこっと脇にそれてしまったのが残念。

さて、前々回、リトファカオリちゃんのビタミン振袖が
巽姐さんの手に渡った(首に渡った?)のだが。
チョコレート色の小菊振袖はこの人に渡っていた。

c0054904_143016100.jpg

リカクラ67キサラ。もともと茶髪×ピンク髪なので、
チョコレート色×ピンクの振袖は当然のように似合う。

この画像ではピンク髪を多めに出しているが、
ピンク髪を後ろに隠して、ほぼ茶髪にしてもやっぱり似合う。
アイメイクもリップも、ちょうどこの振袖に合うピンクだし。

c0054904_14335153.jpg

そして、元67キサラ用だった古代紫とピンクの振袖が、
三角貿易のごとくリトファカオリちゃんへ。

c0054904_14345950.jpg

む、半襟が詰まりすぎ(笑)。

アイシャドウが薄紫なので、この着物は合うかも。
血色悪く見えがちなベージュピンクのリップも
紫とピンクの振袖と合わせると普通に見える。

11枚縫った中で、実はこの振袖が一番オールマイティかも。
史子姐さんにも、リエにも、CGキサラのショート髪にも
着せてみたが、どのモデルでもそこそこレベルまでいく。
オールマイティというか、無難なのかな。

c0054904_14441092.jpg

仕立てる前の生地はこんな感じ。
[PR]
by ura_hoshimi | 2008-01-14 14:40 | お針当番記す

禿(かむろ)シスターズ

【お針当番記す】

今日の裏テント地方は晴れだが大風が吹いている。

ネット注文したCDが届くのを待ちながらネット中。
代引きなので家にいなくちゃならない。いつくるかな。

念願の、ソンドハイムのInto the Woods
オリジナルブロードウェイキャストのCDですよ。
昨日はMonty Python's SpamalotのCD
(もちろんこれもオリジナルブロードウェイキャスト)
が届いてホクホク。あ、Spamalotこれから聴こう。

あ、さて。
今日の画像は全然「シャッフル」じゃないんだけれど。
ずっと撮ってみたかったツーショットが撮れたので。

c0054904_13472025.jpg

姫カットつながり。人呼んで「禿(かむろ)シスターズ」。
「はげシスターズ」ではない。断じて。

厳密に言うと「禿(かぶろ・かむろ)髪」というのは
いわゆる「姫カット」のような、平安時代で言うところの
下がり端(さがりは)がついたロングヘアではなく、
肩につくくらいの長めのワンレンおかっぱであるらしい。
市松人形の典型的な髪型と言えばいいのかな。

(市松人形でも、サイドに段がついた髪型のがあるけど)

このフローラくらいの長さで段のない状態が
本来の「禿髪」なのかもしれない。

すずさんはというとあまりに後ろ髪が長すぎて、
全然「禿」ではないのだが、彼女の名前はそもそも
某長編坊主殺人事件小説に出てくる禿髪の振袖娘から
取ってきたものなので、ウチでは一応「禿要員」ということに
なっている(禿要員、というのもヘンだが)。

c0054904_13584376.jpg

すず子さんの足腰が弱っているので座らせて撮影。

フローラのボディはオビツ(たしかソフトバストのS)、
すず子のはボークスEBビューティMidi(の、貧乳の方)。

ボークスのボディは27cmのも25cmのも膝下のラインが
とても綺麗で好きなのだけど、オビツと比べると可動性が低く、
パーツが取れやすく、そのうえ下半身の関節が泣くほどゆるい。
立たせて撮影していると途中で足腰が曲がってガクンと
倒れてきて大変困る。

仕方なく、大抵は座らせて撮るのだけれど、座ったら座ったで
膝関節が90度以上には曲がらず、回転もしないので
「正座」や「横座り」ができない。この画像ではすず子さんが
正座をしているように見えるが、実際は膝立ちで撮っている。

オビツは頑丈で正座もぺちゃんこ座りもできるのだけど、
足が太い(笑)。それと首関節の動きがちょっと固い。
オビツの27cmボディは、もとリカボディだったすず子さんには
ゴツすぎて、オビツ22cmボディは肩幅・胴回りが華奢すぎる。

リカヘッドは大きく、オビツ22cmボディの首は細く、試しに買って
装着しようとしたらヘッドがズボっと肩まで沈んじゃったよ(泣)。

それはさておき、赤い揚羽蝶振袖のすず子さんと
ワインレッドの糸菊振袖のCGフローラ、
こうして並べてみるといい感じではないか。
お正月に田舎の本家に遊びに行ってみたら、
親戚の綺麗なお姉さん(都会で一人暮らし中)も
帰省してきてたみたいな感じで。

このフローラは、ほえほえしているようで意外と
年下の親戚の子の面倒はこまめに見てやるような
そんな気がする。

c0054904_14162689.jpg

お世話フローラさん。

持ってる櫛は本物のちっちゃいツゲの櫛。
ツゲ細工屋さんで買った根付だったのだけど
金具が取れちゃったもの。だから端っこに穴がある。

オビツボディの手パーツを「持ち手」に換えるということを
思いつかず、普通の手に無理矢理固定して撮影。

固定に使ったのはミネラルタック。鉱物をアクリル台や
ケースの中に固定するための、練り消しみたいな粘土。
固定に使えそうなものが手近にそれしかなかったので。

おまけ。
c0054904_1422386.jpg

裁断前の、すず子さんの振袖生地。
真っ赤ではなく、意外とピンクの部分も多いのだ。
素材は多分、レーヨン。

c0054904_14223592.jpg

こちら、糸菊模様の生地。
素材はポリエステル。
[PR]
by ura_hoshimi | 2008-01-13 14:23 | お針当番記す

巽姐さんおそるべし

【お針当番記す】

今日の裏テント地方は雨で寒い。予報では雪だった。
出かける予定はないからいいが、どうも薄暗くて困る。
史子姐さんの帯を作り直したから撮影したいんだけどな。
まあ画像のストックはまだ沢山あるから、いいか。

第一候補振袖での撮影をひととおり終えて、
あとは一大シャッフル大会。帯シャッフル小物シャッフル、
果ては着物ごとシャッフル(という名の、実態は首シャッフル)。

さてその恐怖の首シャッフル第一弾。
リトファカオリちゃんに着せたビタミン振袖(そう呼ぶ気か)を
ボディごと巽姐さんに譲ってみた(その間、カオリちゃんヘッドは
別の振袖と見合いをさせるためそのまま待機)。

c0054904_13414471.jpg

この振袖、着る人を選ぶなあと思ってたんだけど。
姐さん、軽々とクリア。

リトファカオリちゃんは帯揚げを水色に変えてやっと
「かなり微妙」から「少し微妙」になったというのに
姐さんはビタミン帯揚げでもノープロブレムな顔つき。
巽姐さんおそるべし。

c0054904_13455810.jpg

でも一応、帯揚げ水色バージョンも撮ってみる。
姐さんに限っては、もとの帯揚げの方がよさそうな。

c0054904_13481332.jpg

この振袖の、仕立てる前の生地画像。
買ったとき、和柄売場でこの柄だけが異彩を放ってた(笑)。
[PR]
by ura_hoshimi | 2008-01-12 13:52 | お針当番記す

小物あそび

【お針当番記す】
ひととおり単独撮影が終わったら、あとは着せ替え遊び。
全とっかえは大変なので、帯だけ変えたり小物を変えたり。

c0054904_21595130.jpg

さて姐さん、ちょっと帯揚げだけ変えてみようか。
まずは牡丹色。

c0054904_224481.jpg

都忘れみたいなこんな紫はどうですか。
色はいいけど結び方が気に入りませんかそうですか。

c0054904_2261116.jpg

じゃあ平らに巻く方法に戻しましょう。ぐっと渋く灰青緑。
同系色の組み合わせだけど、若い娘らしからぬ地味さ。
振袖がこんなに地味でいいんかな。

c0054904_228891.jpg

これはどうだろう。個人的には好きな取り合わせなんだけど。
裾回しと同じ生地で、扇模様の薄い金とも似た光沢のある色。

「ベージュか。」

せめてシャンパンゴールドと言って。

「いやベージュだろ。」

c0054904_2212483.jpg

画像フォルダを掘り返してみたら、
縫う前に記録として撮った布地の画像が出てきた。
100円玉が載ってるのは、柄の大きさを表そうとしたんだろうな。

撮影の日付を見ると2006年の2月上旬。
ってことは、その前の秋に買ったはずだから2005年か。
やっぱり足掛け三年かかってるw
[PR]
by ura_hoshimi | 2008-01-11 22:16 | お針当番記す