某所で新月予報を出している「星見当番」の裏日記。裏当番&裏テントチームが執筆を担当


by ura_hoshimi

<   2007年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧

【お針当番記す】

出不精のお針が珍しく土曜に早く起きて、化粧して出かけた。
行き先は、「リカちゃんキャッスル」の東京出張イベント。

お人形関係のイベントに行くことがそもそも初めてなので
無事に行って帰って来られるか心配だったのだけど、
(お針は上にドがつく方向音痴なのだ)前日になって
会場を再確認したら、なんだ、日本橋富沢町なんじゃないか。
人形町の近くだ、ふむふむ。

職場からも近いしその辺りには取引先も多いので
よく行っているエリアだった。これで第一の不安は解消。
道中で読む文庫本と日傘を携え、意気揚々と出発。

(日本橋○○町、と日本橋を冠した地名は、実に19もある。
茅場町も馬喰町も浜町も蛎殻町も、東京証券取引所のある兜町も、
江戸時代に牢屋敷のあった小伝馬町も、頭に「日本橋」がつくのだ。
お針当番が普段居るのは、町名のない無印な日本橋で、
これは東京駅から歩いて5分くらいの、丸善や高島屋のあるエリア。
普段、仕事で出かけるエリアも人形町だの小伝馬町だの八丁堀だの
時代劇に出てくるようなお江戸な地名の町ばかりだ)

開場ぎりぎりに着いたら、既に数十人が並んで
(椅子に座って)待っている。何かクリップボードに連絡先を書け、
と係員らしき男性に促されて、訳がわからないが言われたとおり
ケータイ番号を記入したらそれがリトルファクトリーの受付だった。
えっ、そうだったのか。まあいいや一人くらいは注文するつもりでいたし
なんて感じで番号札を貰う。21番だ、わお。

と、驚いているうちに開場。さてさて、お人形お人形。
まずは完成品のドールをひととおり見て回る。
(デジカメは一応持っていたのだが、撮影する勇気が出ず画像なし。)

茶髪三つ編みおさげのリカちゃん、かーわいいー。
欲しくなったが、諸事情あってぐっと我慢。
ローブデコルテが似合いそうな、優雅なアップヘアの
「ジェニーフレンド(元○ュリアナ)」も気になった。
あの髪型どうやって作ったんだろう。かわいいなあ。

実はウチ、彼女も居るんだよね。忘れてたけど。
史さんをお迎えした直後くらいに、リカクラ67で
SAJボディ目当てに買った凝った髪型の茶髪の子。
よく見ると可愛い顔をしてるんだ。大きな灰色の目で。

今は髪を解いてざんばらになっているあの子を
お湯パとアイロンで癖を伸ばして、今日見たような髪型に
リメイクしてやろうかしら、なんて考えたくらい可愛かった。
(もし、自分の手に負えなかったら次のイベントの時に
リトルファクトリーでヘアメイクお願いしちゃおっと。)

キサラ、リエ、シオン、旧ジェニー、Newフローラあたりを中心に
色々見て回る。Newフローラとキサラは、今回は見送り。
強烈なオレンジ(クレヨンみたいな凄いオレンジ)の
カーリーヘアのフローラがいてぶっ飛んだなあ。
黒髪(?)ぱっつんボブのキサラさんが居た。
えっ、キサラってこんなに口大きかったっけ?と思うような
大きめのリップをしていた。その口元を見ていたら、
なぜかブライスを連想した(なんでだ)。

旧ジェニー、カントリー系のブロンドソバージュの子を
「王道だなあ…」と思いながらガン見する。
子供の頃に遊んでいたタカラバービー(たしか、
買ってもらった数年後に「ジェニー」になった)と
同じ髪色なので懐かしく感じる(ストレートヘアだったけど)。
郷愁から、つい手を出しそうになって怖い。

リエはブロンドの縦ロールツインテールしかいなかった。
うーん、リエのちょっと困ったようなこの目元、やっぱり好き。
かわいいなあ。美人だなあ。でもブロンド縦ロールはなあ。

できれば着物でも洋服でも合うような、シンプルな
髪型のリエさんが欲しいのだ。黒茶髪のストレートロングとか。
あの焦茶髪でセンター分けストレートロングのキャッスルリエさん、
注文しとこうかしら。それともリトルファクトリーで頼んじゃおうかな。
あ、そうだリトファリトファ。アタマ見ておかなくっちゃ。

リトルファクトリーでは、植毛前のヘッドから好きなメイクの子を選んで
好きな髪色・髪型でオーダーできる(他にリメイクもやっている)。
卵パックみたいなのの中に、顔だけプリントされた植毛前の
ツルツル頭ばかりがころころ並んでいて面白い。

この前の京都旅行で、人形友Yさんと
「植毛なしのそのまんまで『尼御前キサラ』を」という話で
盛り上がったところだったので、まずはキサラヘッドを見る。

うん、この頭の鉢のところのラインとてっぺんのバリを
きれいに均して(どうやったらいいんだろう、紙やすりか?)
チークを吹き付けるようなエアブラシで、ごくごくうっすらと
頭頂部だけに薄水色を吹き付けてだな…

キサラと同じヘッドを使っているシオンやリエも
尼僧姿が合いそうだった。シオンなんか、少年僧みたいだ。
他に似合いそうなのは、やっぱりリナ様。髪がなくても美女だなあ。
リップが濃い目のリナ様が多かったが、地味なメイクのヘッドを選んで
三蔵法師の衣装を着せたらさぞ似合うだろう。

ところで、ボーイフレンドドールのヘッドも出ていたんだが
その中に、「トム」だったか誰だったか、スキンヘッドの地肌が
水色でべったりペイントされているものがあった。
4つか5つはあったかな。あれは一体なんなんだ!?

「カオリちゃん」のヘッドでひとつだけ、地肌が焦茶に
ペイントされているのがあったけど、あれはどうやら
完成品で出ていた焦茶髪お団子頭の子と
メイクが同じだったので理解はできる。
濃い髪色のアップヘアなので、万が一地肌が見えても
目立たないようにするための工夫なんだろう。

しかし、ボーイフレンドドールの頭を薄水色で
べったりペイントする理由は何?水色のアップヘアでも結うのか。
それともまさか…黒髪を植えて月代ありのちょんまげヘアーとか。
うわあ。本当にそういうオーダー、できるのか?
ボーイフレンドドールなら、できるのか?

注文したくはないが、完成品は見てみたい気がする。
それに…これ、このまんまで袈裟を着せたら
僧侶人形の一丁あがりじゃないか。すばらしい。
是非これをキサラヘッドでも…ってアワワワ。
いや、お針が望むのはこんなにべったりペイントじゃなくて
自然な、薄青い感じにするためにもエアブラシでシュッと…

リエのヘッドはお針が見た時点で4つしか出ていなかった。
二つはメイクの色が気に喰わず、ひとつ気に入りかけたのがあったけど
目を離している隙に他の人がそれを選んでしまったようで
次に見た時には消えていた。くー。やっぱりあの焦茶髪の子、頼むか。

Newフローラもキサラも「この子!」と思えるメイクの子に出会えず
「ならば」と探したのが「カオリちゃんヘッド」。

名前が名前なので気になってたんだよね。
しかし、どこで写真を見てみても可愛いのか可愛くないのか
どうもわからない微妙な目鼻立ちをしているので、
買うなら実物を見てから、と思っていた。

実物を見てみても、やっぱり可愛いのか可愛くないのか、
という顔立ちをしている。なんなんだろうね、このコは。
どこがひっかかるんだろう、とじっと見つめる。
ん?つりあがった細眉で、ネコみたいな丸くて両端の尖った
桃の種みたいな形をした目なのに、微妙に垂れ目なんだな。
それとアイシャドウの形が違和感を感じる元なのかな。

アイプリントとリップカラーを大人しめのものにして、
髪型もシンプルにすれば、あるいは少しはお針好みの
「カオリちゃん」になるかと思って色々シミュレートしてみる。
眉毛は茶色みのないの、目の色もあまり冒険してないの、
リップもアイシャドーも、派手だったり薄すぎたりしないもの。
ウチに来るなら着物が似合う髪色髪型であることも条件のうち。

テーブルの上に、ヘッドにかぶせて顔うつりを見るための
色んな色のウィッグが置いてあったので、それを取って
試してみる。ウィッグ自体は前髪ぱっつんのロングなのだが
それをまともにかぶせずに、髪の部分だけヘッドに当てて
分け目をどうしたらいいか、前髪をどう処理するかを試してみる。

うん、前髪ぱっつんより額が見えた方がいいみたい。
でもおでこ全開にしてみたら変だったので、
フェイスラインに沿って髪を流してみる。
センターパートよりは横分けがいいかもしれない。
前髪も少し作って、うん、これだったら好きになれそう。

というわけで、注文してきた。
髪色は、「黒茶」。ヒップが隠れるくらいのストレートロング。
向かって左(カオリちゃん本人からすれば、右目の上)に
分け目のあるサイドパート。左眉の上に少し前髪がかかる。
初代ティモテの髪型を鏡像反転させて黒茶にした、と言ったら
わかりやすいだろうか。

眉毛と目の色はグレーっぽくて、睫毛がネイビーで、
アイシャドウが薄紫。リップはピンクベージュっぽい色。
きっと、「カオリちゃん」としては異様に地味なコに仕上がるだろう。

受け付けてくれたキャッスルのおねえさん
(とは言え、確実にお針より年下だろうなあ)は
とても丁寧で親切だった。かすかな福島訛りがかわいい。
あんまり感じがいいので、キャッスルの会員になっちゃったくらいだ。
髪型のカタログを見ながら、つねづね疑問に思っていたことを
訊いてみた。

お針 「サイドパートで向かって左分けのコって少ないですよね」

キャッスルのお姉さん「(植毛する人が)右利きの場合、
向かって右分けの方が作りやすいので多くなるんですね。
でも最近は向かって左分けの仕様のコも出ているんですよ。」

なーるほどー。
そう言えば例の金髪縦ロールツインテールのリエさんが
向かって左分けなんだよね。

完成・到着は一ヶ月後になるという。あい、お待ちしてます。
午後3時前くらいに、会場を後にした。

お洋服、カントリー調のオリジナル服が可愛かったが
どうもあの手のは自分でも縫えそうという気がしてしまって
(縫う時間があるのか、ということは遠くの棚に放り上げて)
手を出すのをためらってしまう。で、もっぱら自分じゃ作れないもの、
作れるけど細かすぎて作る気になれないものを中心に買う。
靴だとか靴下だとか。

リカサイズでかわいいセーラー服(黒で、
上着の打ち合わせがダブルで、ラインとリボンが
真っ赤なサテンリボンの)があったが、よく見たら後ろあき。
つまり、セーラーカラーの後ろ中心が真っ二つに割れている。
これじゃ後ろ姿がかわいくなーい。で、泣く泣く却下。

すずさんのために白のロングブーツを、
ついでに、何かに使うかもと思って黒のブーツも買う。
それと、子供が履くようなストラップシューズを二足。
真っ赤のと真っ黒のと。リカちゃんの靴はベッツィに流用できるので。
それと黒のサンダル。ハイソックスとミニソックスとタイツのアソート。
ハイソックスは赤とブルー各一足、ミニソックスはピンクでタイツは黒。

それと別口で、赤いミニソックスを二足。これもベッツィのために。
ベッツィに赤いミニソックス、黒のストラップ靴は、とある計画のため。
あと白いリブ編みのハイネックセーターとチェックのスカートを
調達しなくちゃね。それから、つばの狭い赤い帽子も必要だ。

黒ラメの、マイクロミニ丈のジャンプスーツ。
白いシフォンのロングガウン(襟と前立のところに羽毛つき)。
このガウン、下に白レースのコルセットとロング丈のアンダードレスを
作ってセットしたら、『オペラ座の怪人』のクリスティーヌが
楽屋で着ていた衣装みたいになりそう、と思って買った。
(ファントムと一緒に、ボートに乗って歌うときに着ている服ね)。

スーベニアっぽい、簡単なつくりのリカちゃん用ドレス
(ハンガーつき)の中にキャンディが入っているもの(薄緑)。
26cmサイズと22cmサイズのトルソー。

22cmサイズトルソー?リカサイズのドレス??
そう、今お迎え予定のリカさんが一人いるのだ。
リカ族はすずさん一人でいい、とずっと思っていたにもかかわらず。
すずさんは、史子姐さんと着物を共有させたくて
25cmサイズの可動ボディにすげかえてしまったが
今度お迎えする子は22cmボディのままにする予定。

どんな子かは、無事にお迎えできてから。
(オークションで落とすつもりでいるので、
確実にいつ、迎えられるかはわからないんだけど)
[PR]
by ura_hoshimi | 2007-06-17 00:57 | お針当番記す

帰ってきた…ぞ…

【お針当番記す】

帰ってきた…ぞ。京都への小旅行から三日ぶりに関東へ。
そして、何ヶ月ぶりかに裏テントへ。どれだけ放置してたんだ私。

6月1日から3日まで、京都へ行ってきた。
お針当番・お針母・お針叔母(母のすぐ下の妹)の三人旅行。
今回の旅の主目的は従妹の結婚式出席である。
(従妹は、お針のもう一人の叔母―母の末の妹―の娘)

初日は午後に京都入りの後、母・叔母ズと観光。
京都入りするまでは疲れた顔をしていたお針母だが
久々に姉妹が集った途端にスイッチが入りはしゃぎまわる。
お針、ついていくので精一杯。カメラを取り出す余裕さえなし。

2日は年長組を残してお針ひとり別行動。
こっそり鞄に忍ばせてきた娘二人と貢ぎ物を携え、
現地在住のお人形仲間、Yさんに会いに行く。

待ち合わせ場所の素敵カフェ静香に向かう前、
安倍晴明神社に寄って「式神くんあぶらとり紙」を全色仕入れる。
これは表テントで使うため。更に時間に余裕があったため、
道筋にあるお店をふらふら冷やかして歩く。

その中に、「昔ながらの町の手芸屋さん」的なお店があったので
よせばいいのについ入ってしまう。思ったとおり、軍手人形だとか
パステルカラーの夏糸で編んだふくろうのマスコットだとか
オカンアートの数々が並べられていた。

その後ろの棚には十何年前からそこにあるんですかと
言いたくなるような古いリボンや木綿プリントの反物。
ずっと棚晒しで端が色褪せているようなリボンの中に
ちょいとよさそうなベージュ系のチェックがあったので
切ってもらう。幅は2.5センチくらいか。人形用の、
普段着物に合わせる半幅帯にできそうな色柄。

そこでやめておけばいいものを、奥の棚を見たら
これまたちょっといい感じの古っぽい小花模様の
綿プリントを二種類発見。「なんで旅行に来てまで、
ドールドレス用の布を買っているんだ」と思いながら、
50cmずつ切ってもらう。

片方は生成の地に、胡椒粒を散らしたような
黒とグレーのドットが規則正しく並び、そこに
濃い紫の小花が飛んでいる。花や葉に陰影はなく、
判でぺたぺた押したようなフラットなプリント。
ロシアの農家の、若くて働き者のおかみさんが
普段に着るブラウスやエプロンに使っていそうな
ちょっとダサかわいいところが魅力的な柄。

もう片方は薄いピンクにローズ色とブルーの小さな花束の模様。
プリントがかすれてぼやぼやしている。綿ブロードなのだけど、
これで地が綿ジャージーだったらお針当番が子供の頃に
着せられていた、胸ヨーク部分がキルティングになっていて
袖山のところにフリルつきのピンクのパジャマにそっくりである。

「こういうのは出会いだから…」と言い訳しつつ、
買った布をバッグに突っ込んで待ち合わせ場所へ。
Yさんは去年お目にかかった時より髪が長くなっておられた。
当番を幻惑した魔性のセクシーヴォイスと魅惑のえくぼも健在。
用意してきた貢ぎ物はどうにか渡せたが、舞い上がっていたのと
緊張していたのとで、素敵なお店なのに内装を撮影する勇気、出ず。

貢ぎ物はカタリナ・「銀盤のグレース・ケリー」・ビットが「カルメン」を
踊ったときの衣装を模して6分の1サイズで縫ったもの。
(でも実は、胸元のデザインが本物とかなり違っている)
それと、カルメンつながりでスペインの伝統菓子・ポルポローネ。
Yさんからお針へは、噂の「幽霊子育て飴」をいただく。
(この飴については、後日食事当番が書く予定)

カルメンコスチュームは、Yさん宅のブロンド美人「ビットさん」に
ということで縫ったのだが、Yさんは見るなり「キサラに着せたい」と
おっしゃる。Yさんとお針の脳裏に浮かんでいたのは同じ顔だったらしく、
「火消しさんに」と声が重なる。似合いそうだあ、「火消しキサラ」に赤と黒。

美味しい卵サンドイッチで軽くお腹を満たした後、
Yさんお薦めのタルトタタンのお店に向かう。
ここも、可愛いイラスト入りのメニューに可愛い食器、
素晴らしく美味なタルトと目にも舌にも喜ばしいお店だったが
食べるのと喋るのに集中していて、写真を撮ろうと思い立った時には
既に半分くらい食べた後であった。

やっとカメラを取り出すことができたのは、Yさんと巡った3軒目のお店。
去年も訪れた「ソワレ」でのこと。やっと娘ズを取り出せたのもここ。
思えば去年も、このお店でやっと娘ズをお披露目できたのだった(笑)。

お針が連れてきたのは、昨年と同じ小悪魔すずさんと史子姐さん。
前回は振袖だったが、今回は初夏ということもあり、洋装。
テーマカラーはビットさん衣装に合わせて「赤」。二人とも、
赤基調のワンピースを着せた。

Yさんは、杏zの「黒猫」お着物をまとったリカクラ67リエさんを同伴。
あまりの愛らしさ、あまりの魔性っぷりにクラクラしてしまう。
ああ~、リエさんよいなあ。うちにも一人くらいリエさんを、と思って
こまめに探しているのだけど、未だ「この子を是非うちに」という
リエさんにめぐり合えていないので、穴があくほど見つめてしまう。

キサラと同じヘッド、同じアイプリントで眉だけが少しひそめられた、
ちょっと困っているような顔。かーわいいなー。せっかく並べたので
ここぞとばかりにシャッターを切るが、邪念が入りまくりで
撮った写真全てがピンボケだった。


c0054904_0212839.jpg


うちの史子姐さんと、Yさんちの67リエさん in クロネコ。
見事にぼけぼけ。しかも、右肘関節がありえない方向を向いている。
撮影した時に気付かなかったー。不覚。

史子姐さんが着ているのは、去年縫ったワンピース。
「アマポーラのドレス」とか「コクリコのドレス」と呼んでいる。
(アマポーラはスペイン語、コクリコはフランス語の雛罌粟のこと)
左端で見切れているのはすず子さん。


c0054904_02335.jpg


小悪魔すずを、単独で。アゾンのレトロワンピース着用。
ああ、今気付いた。すずさんも右の肘関節があさってを向いている。

25cmボディのすずさん用に、ウエスト部分で5mmほど折りあげて
総着丈を調節している。Yさんに「魔女っ子みたい」と言われる。
実はお針自身、着せ付けながらそう思った(笑)。サリーちゃんだよね。
白のロングブーツがあれば履かせたいところだったが、
なかったので白いオーバーニーソックスに黒のストラップ靴。

なお、「サリーちゃんの服ってどんなのだったっけ」と
帰ってから検索してみた

なるほど。同じ赤と白で、赤い丸いボタンは覚えていたけど
ノースリーブじゃなかったのね。あまり膨らんでいない半袖に、
カフスが白。スタンドカラーで後ろあき、ベルトでウエストマーク。
白い四角い部分は赤いボタンがついているところを見ると
ヨークではなくて後付けのスペアカラーなのかな。
足元はハイソックスに赤い靴。

うっかりすずさんに同じデザインで作ってやりたくなったけど、やめた。
全く同じじゃなくてもいいや。アゾンのワンピースで充分。
どちらかと言うと、同じ赤の「懐かしアニメなりきり衣装」なら
サリーちゃん服よりもサイボーグ009の戦闘服の方が(^^;)☆\(--;)
すず子さん、赤い服もレトロフューチャーなデザインも似合うからなあ。

あ、さて。
「ソワレ」で人形談義が佳境に入り、Yさんと二人で
主にキサラに関する妄想あれこれで盛り上がる。

来週東京で開かれるキャッスルのリトルファクトリー出張から
植毛前のつるつる頭のキサラヘッドがかわいいという話になり、
そこから「いっそ何もせずにスキンヘッドで連れ帰って
『尼御前キサラ』に」というネタに発展。

「植えてくれなくていいんです、薄青く色付けしてくだされば」
「一休さん(小坊主)キサラというのはどうでしょう」
上記は暴走したお針当番による発言。普通の髪ありキサラでも
ドラマ『大奥』に出てきた尼御前のように髪を薄紫や白の布で
うまく包んで地味な着物を着せれば充分似合いそうだ。

その後、尼僧にしたら似合いそうなフレンドドールの話に。
「リナ様もきっと似合う」「リナ様だと八百比丘尼っぽい」
「八百比丘尼!山岸涼子の世界だあ」だの
「たまきが尼僧姿だとなんとなく背徳の香り」だの
罰当たりなことを(主にお針が)言い合う。

帰ったら絶対、材料を揃えて史子姐さんと青銀髪リナ様に
尼御前コスプレをしてもらおうとしょーもない決意をするお針当番。

ほか、増えてしまった娘たちの話、彼女らに、
例の金魚着物を順繰りに着てもらおうと思っている話などを
お針がし、Yさんには「夢でキサラに変身してしまった話」や
「Yさんちの学ランキサラさんと『小美人』さんが姉妹設定である話」
など数々の爆笑萌え話を聞かせていただく。後者は実に悶絶モノで、
「是非その設定でツーショット撮影を!」とお願いしたくらい。

「ソワレ」を出た後、杏やmomokoを扱っている人形店、
プリティパワーに連れて行って戴く。初めて間近で見る杏。
プーリップやタイニーベッツィ、ブライスもあったしバービーもいた。
杏着物の可愛さ、バービー服のデザイン性とはじけぶりに見蕩れる。
衣装のみ、小物のみで格安になっているものや、バービー本体つきで
値下げしてあるものなどもあった。ダンボールにざっくり突っ込まれていて
そこから発掘するのが楽しい。

発掘しながら、 ちょっとイロモノだったり派手だったりする
バービー服や小物を見るたび、Yさんが「これは火消しさん(用)」と
言うのが可笑しい。火消しさん、あくまでイロモノ担当ですか!
たしかに似合いそうだけど!あんなに美人なのにイロモノ(笑)。

Yさんは、プーリップの誰だったかの付属品だったソファー
(緑と金と黒の、孔雀の羽みたいな模様の織り生地)を
400円でゲット。やはり火消しさん用とのこと。
どんな衣装と設定で載せてくれるのか、非常に楽しみ。

お針当番も、Yさんとお話したお陰で色んな創作意欲・
撮影欲が湧いている(脳が沸いているという説もある) 。
後々のために、アイデア(ネタ)をメモしておこう。

・金魚鉢の中の遊郭 名前は「金魚楼」か「逃水亭」。
長い袂の緋赤の金魚。赤い姫袖のロリヰタ金魚。 唐渡りの金魚。
ブラックシフォンの出目金。 赤白斑。 文化さん金魚。
レトロモダン人魚。ぷち金魚。

・比丘尼な史子姐さんと、八百比丘尼な青銀リナ様
(八百比丘尼が金魚遊女屋の元締だというのもいいなあ。
赤い娘たちの間にあって、元締だけがネオンテトラな青い人魚)

・ミュージカル映画『プロデューサーズ』のショウガール衣装
(‘Beautiful girls wearing nothing but pearls’)

うーん、金魚ネタは、お盆までにはどうにかしたい。
人形用だけじゃなく、人間用も仕上げなければならないのだが。
夜も更けてきたので、一旦送信。この続きはたぶん、週末に。
[PR]
by ura_hoshimi | 2007-06-04 01:29 | お針当番記す