某所で新月予報を出している「星見当番」の裏日記。裏当番&裏テントチームが執筆を担当


by ura_hoshimi

<   2006年 11月 ( 7 )   > この月の画像一覧

やっとのことでDCK話

【久しぶりにお針当番記す】

書く書くと言っておいて随分と時間が経ってしまった。
体調が回復しても、つい裏テントは後回しにしてしまう。

到着が遅れて心配していたドールは無事に届きました。
画像以上の美人さんで見るたび蕩けそうになります。
着てきた服がスットコドッコイなデザインなので、
何か似合う服を縫ってやってから写真を撮るつもり。

(髪色がパステル系なので、手持ちの服に似合いそうなのがなくて。)

さて、書こうとしていてずっと書けなかったDCKの話。
(井嶋ナギ著・『色っぽいキモノ』のサブタイトルが
Dress Coquettish Kimonoなので、お針当番は縮めて
DCKと呼んでます)

今日は、DCKの中からお針当番がピクっと反応した箇所を
いくつか並べてみようかと(色文字部分は引用)。

第一章「下着で色気を表現せよ」では、まずのっけから

かつてこんなことを言われた(もしくは言った)
ことはありませんか?
「着物の時って、下着はつけないんだってね?」
下はつけております!
上はつけておりません!

(『色っぽいキモノ』 9ページより)


…単純明快。第一章は、着物姿の時の下着の話。

小見出しその1が「肝の据わった女は、蹴出しで勇ましく誘惑」。
着物の時に下半身に着ける下着といったら、腰巻・湯文字。
元禄年間(1688~1704 第五代将軍・綱吉の時代ですな)の
遊女たちは真っ赤な縮緬で湯文字を仕立てて、それを着物の裾から
思いっきり覗かせて色気を振りまいていた、という話からDCKは始まります。

小見出しその2は「はんなりな裾よけ、ヤンキーな蹴出し」。
元禄年間の遊女がチラ見せしていたのは「赤い湯文字」ですが
その後、湯文字は下着として下半身を保護するものと、
その上から装飾的に巻くものとに分化。江戸時代後期の文化年間
(1804~1818 第十一代将軍・家斉の時代)に、湯文字の上から
装飾的に巻くものが誕生、「裾よけ」あるいは「蹴出し」と呼ばれるように。

「裾よけ」という関西独特のはんなりと上品な風情に対して、
江戸ときたら「蹴って」「出す」。勇ましいというか、
雑というか、当時の江戸娘の伝法ぶりを表して
かなり秀逸なネーミング。女らしくしとやかに振舞おう、
なんていじらしさとは無縁の「邪魔くさいから蹴ってるだけ。
文句あんの?」なヤンキー根性が漂います。
現在では「裾よけ」という呼び方が全国的に普及していますが、
「どっちかというと私はヤンキー派だな……」という方は、
さっそく今日から「蹴出し」と呼んでみてはいかがでしょうか。
(ちなみに、私は「蹴出し」と呼ぶつもりです。)

(『色っぽいキモノ』11ページより)


へぇ!お針当番、今の今まで「裾よけ」と「蹴出し」が同じものだとは
浅学にして知らなかった。「蹴出し」というのは昔の真っ赤な色の、
一番肌に近い所に着けるもののことで、「裾よけ」っていうのは
その上に着けるもののことだと思っておりやんした。
関西では「裾よけ」で、関東だと「蹴出し」だったのか!

しかし記憶を探ると…あれおかしいな。
私が「蹴出し」という言葉に最初に出くわしたのは
田辺聖子のエッセイ中で、「カモカのおっちゃん」が
金色夜叉について言及した箇所だったんだけどな。

お聖さんが、寛一がお宮を足蹴にした直後、倒れたお宮に
「や、怪我をしたか」と駆け寄る場面を挙げて「だから寛一は
本当は優しいのだ」とか何か言ったら、カモカのおっちゃんが
「いや、お宮が転んだ拍子に裾が乱れて蹴出しの赤いのが
ちらっと見えたので思わず駆け寄っただけや」とのたまうという…

お聖さんも「カモカのおっちゃん」も関西の人、だよね??
もっとも、お針当番がこのエッセイを読んだのは中学生の頃で
いまは手元にこの本がないもんで、もしかしたらお針当番の
記憶違いかもしれない。

なおお針当番は関東生まれの関東育ちではあるけれど、
ヤンキー根性に欠けるので「蹴出し」と呼ぶのは遠慮しときます。
かといってお針当番、お嬢さん系だったりはんなり系だったり
するわけでもなくて。しいて言うなら関東の田舎でとれた(野菜か)、
森茉莉言うところの「埼玉県のもよ※」系と言えば言えようか。

(できればせめて「もよ」ではなく「やよ」くらいにはなりたいのだけど、
どう転んでもお針当番は女中系であることは間違いない。)

※「埼玉県のもよ」というのは森茉莉のどの作品に出てきたか忘れたが
(こういうことを書くのは『ドッキリチャンネル』か『マリアの気紛れ書き』だろう)
森茉莉語録の中でも秀逸な、愛すべき悪口のひとつ。

森茉莉の幼少時代、新しい女中が奉公に来ると、初お目見えの時に
奥様の前で手を突いて「埼玉県のもよでございます」とか
「葛飾のちよでございます」と挨拶したということから、要するに
山だしの女中みたいな垢抜けない、気の利かない、あるいは
教育のなさそうな女性のことをひっくるめて言う。
(埼玉県在住の方、ごめんなさい。なおお針当番は、
よちよち歩きから幼稚園の年少組時代まで埼玉県在住でした。)

もっとも、森茉莉は文中で誰かのことを「垢抜けない女中みたい」と
言った訳ではなく、「彼女は『埼玉県のもよ』ではなかったということだ」と
誰かを褒めて言うのに使い(誰だか忘れたけど)、その後で
「埼玉県のもよ」とはどういうものかというのを例によって事細かに
説明しています。なお「やよ」とは森茉莉の『甘い蜜の部屋』に登場する
忠実で誠実な女中の名。「埼玉県のもよ」よりは描かれ方がやや好意的。
以上脱線終わり※

大幅に脱線した話をDCKに戻して。
「裾よけ」「蹴出し」という呼び名の違いから、話題は吉原の花魁へ。
享保年間(1716~1736 第八代将軍・吉宗の時代)の吉原で、
花魁道中の真っ最中に、緩んだ腰巻が裾からズリ落ちてきて
ついにはポトリと落っことしてしまった花魁がいたといいます。

ところがこの花魁、慌てず騒がず着ていた豪華な打ち掛けを
腰巻の上にさらりと落とし、そのまま悠々と道中を続けたのだそうです。
さらには、ご迷惑をかけたお詫びにと、その事件現場前の茶屋に、
3枚重ねの豪華な打ち掛けをプレゼントしたのでした。
しかも、落とした腰巻を包んだまま…

(『色っぽいキモノ』13ページより)


…かっこええ(笑)。
と、ここまで読んでふと思ったのはうちの娘どものこと。
うちの娘どもは身長約27cm。とても小さいので、
着物を作って着せるといっても、本物の人間が着ているのと
同じようにはできない箇所も多いです。

たとえば、着物から覗く長襦袢の「ふり」の部分は見せかけで
表着の袖の中に「輪」にした長いふり布をくっつけてあるだけ。
着膨れを避けるために、長襦袢も半襦袢も着せてません。
半襟を首周りに巻いて固定し、上から表着を着せているだけ。
勿論、凝る人の場合は、ちゃんと長襦袢から何から作って、
重ね着させている人もいるわけですが、お針当番は手抜き方式です。

そして…うちの娘たちの場合、一番下に着けるものも
洋服を着せている時と同じレースのショーツだけです。
裾よけ、省略しちゃってます。作った方がいいんだろうけどなあ…
昔は勿論、腰に何も巻かないで着物を着るなんてありえないし
現代だって、たとえ洋服の下着の上から巻くにしても裾よけは必須で、
「巻かずに着物を着る」なんてことはまずありえない事態だし。

そんなわけで、うちのお嬢さんたちは

c0054904_18261284.jpg

こんな格好のときも…

c0054904_1828129.jpg

こんな格好のときも…

下に何も巻いてないんですねえ。
勿論、この時だって…。

c0054904_18291785.jpg

「巻いてませんが何か?」

(これは上半身しか写っていないけれど、
同じポーズで全身写っているのを見ると
巻いているべきものを巻いていないこと歴然である)

ところで、そもそも何で花魁の腰巻が落っこちたのかというと
(これもDCKに書いてあったのを読んで初めて知ったことなのですが)
遊女の腰巻はカタギの女性が使うものと違って「紐がついていない」
からなんだそうです。ただの四角い布を、お風呂上りにバスタオルを
巻くような感じで、ただ腰に巻いて端っこを挟み込んでいるだけだから、
落っこちやすいんですね。

なんでまた、遊女の腰巻には紐がないか。
遊里には、どんな男が来るかわからない。中にはアブナイ人もいる。
紐を使って、体に傷がつくような乱暴をされたりするかもしれないし、
中には紐をつかって心中を図る遊女と客だっているかもしれない。
そういうことを防止するために、遊女の下着には湯文字にも蹴出しにも
紐がついていない、ということなんですが。

じゃあその上に襦袢や着物を着るときの腰紐はいいのかい?って
言いたくなるんですが、それはさておいて。DCKでは、ここから先
お針当番が思わず笑い出して購入を決めたくだりが来るのです。
泉鏡花が、師匠(尾崎紅葉)に内緒で神楽坂の芸者上がりの女性と
所帯を持とうとした時のエピソードです。

(以下、『色っぽいキモノ』より引用、一部、お針当番により伏字)

しかし、同じく神楽坂の芸者を愛人にしていた紅葉には、
そんな情報は筒抜け。(ここでお針当番は思う。
自分も芸者を愛人にしておいて、なんだって弟子には
それを許さないと言うのか!)かくして紅葉は、抜き打ちで
鏡花の家を訪ねてきます。あわてた鏡花は、**を家の外に逃がし
(**には奥さんの本名が入るのですが、お針当番の都合により
ここでは伏字とします)、証拠品を隠しますが、
なんと物干し竿には女ものの腰巻きがヒラリ。

「あの腰巻きは誰のだ」

鏡花はとっさに女中の名前を口にします。
が、紅葉もだてに花柳界で遊んではいません。

「シロウトが紐のない腰巻きをするもんか!
あれは商売女の腰巻きに決まってるだろうが、バカ!」




……あっはっはっは。
そんなわけで師匠に一喝されて鏡花と**はいったん別れることに。
のちに鏡花はその時のエピソードを『婦系図』という作品に。
この作品中では鏡花は「早瀬主税」、**は「お蔦」という名に。
その『婦系図』を 舞台用に脚色したのが、『湯島の境内』で、

「切れるの分かれるのッて、そんな事は、芸者の時に云うものよ。
……私にゃ死ねと云って下さい」

…というお蔦の台詞で有名。

師匠・尾崎紅葉の死後、再び鏡花と一緒になったこの奥さん、
神楽坂で芸者をしていた時代の名前は「桃太郎」。
本名は「すず」さんと言います。

す ず さ ん !

…何でお針当番がこの本を買っていく気になったか、おわかりでしょう。
なお、うちのすずさんは泉鏡花の奥さんに因んで名づけたのでは
ありませんが。

(直接的には、元々着ていた衣装に鈴がついていたから。
間接的には京極夏彦の『鉄鼠の檻』に登場する、赤い振袖を着た
かぶろ髪の妖しい美少女の名前が「すず子」だったから、というのが
「すず」と名づけた理由です。他にも、その当時読んでいた小説で
鈴に因んだ名前が出てくるものが二冊ほどあるのだけれど、
主な理由は上に挙げた二つ)

c0054904_1858345.jpg

「別れろ切れろは芸者の時に云う台詞…」

…やめんかい。
(画像は以前アップしたものの使い回し)
「すず」はやっぱり魔性の名前。

これを読んで、「そう言えば、泉鏡花の奥さんについて
別の小説に書かれていたのを読んだことがあるわ」と思い出しました。
それは久世光彦の『蕭々館日録』。確かこの中で、奥さんの名前が
「すず」ということも、そのすずさんの可愛いエピソードについても
書かれていた筈。これは早速読み直さなくては。

泉鏡花の『婦系図』にも俄然興味が湧いたので、
『色っぽいキモノ』を買ったのと同じ丸善で、新潮文庫の
『婦系図』も買ってきて読みました。実は、これが初鏡花。
読んでみたら、これが滅法界に面白い。

ちょうどその頃、谷崎潤一郎の『細雪』を試しに読んでいるところ
だったのだけど、こっちは全くお針当番の好みに合わず。
『細雪』は全三巻あるのがちっとも読み終わらなかったのに
『婦系図』はあっという間に読了。何これ、面白い!
筋は荒唐無稽だけれど、女性陣が可愛くて男性陣は情けなくて、
まるで昔の日本を舞台にした『フィガロの結婚』みたいだわ。

(『細雪』は本当に、ホンットーに好みに合わなかった。
四人姉妹の次女と三女がクニャクニャクニャクニャしていて、
自分じゃ何も決められない癖に、人の決定にはグチグチグチグチ
ずーっと文句垂れてるの。特に次女がひどい。

こんなのが昔の日本の、いいとこのお嬢さん又は奥さんだって
言うのなら、お針当番は「埼玉県のもよ」でいる方がよっぽどいい。
上・中・下と三巻あるうちの中巻を半分くらいまで読み進んで
やっと、なぜ自分が細雪の世界を嫌いなのかがわかった。

細雪っていうのは要するに、昔の関西のお金持ちが演じる
「渡鬼」なんだ。あれも、五人の娘たちとその周辺人物が、
身の回りで起こることについて、のべつ文句垂れてる話だよね。
そもそも「渡鬼」が嫌いなお針当番が、細雪を好きになれないのは
無理もないことだったんだ。)

『婦系図』からまた話が脱線しているけれど、この『婦系図』についてと
久世光彦の『蕭々館日録』にちらりと登場するすずさんのエピソードに
ついては、また日を改めて書くつもり。DCKで惹かれた箇所の話も
まだいくつか残っているけれど、かなり長く書いたと思うので
今回はこれにて一旦送信。
[PR]
by ura_hoshimi | 2006-11-25 19:20 | お針当番記す

明日来るらしい

【裏当番記す 落札物遅延・現在までの経過】

お針当番が大きな身体をよじらせてやきもきしている、
オクで落としたドールの件。やっと昨日の夜中に
出品者の人と連絡がついたらしい。

その人も、自分で郵便追跡サービスのページに行って
「お問い合わせ番号」を入れてみたら「そんな荷物はない」と出て
驚いて荷物の再発送を頼んだ郵便局に出向いたそうな。

結果。
その郵便局が、預かった荷物を放置していたことが判明。
出発点である郵便局の棚に置かれたままだったらしい。
結局、今回の遅延はお針当番側の郵便局が悪いのでもなく、
また出品者が悪いのでもなかったのだ。

その場で、あらためて荷物が送り出されるところを見届けた上で、
出品者からお針当番の方へメールが入った。到着予定は14日の夜。
こんどこそ、三度目の正直でちゃんと届いてほしい。


【放蕩娘と姐さんとエキサイトブログと】

前回の記事でご紹介した『色っぽいキモノ』の著者・井嶋ナギ氏のブログ
放蕩娘の縞々ストッキング βであるが、
名前の付け方がウチの表当番のセンスと似通っていることといい
(「○○ナントカの○○ナントカ」と「形容詞+名詞」がふたつ、「の」で
繋がっているし、最初の○○ナントカが人物を表し、次の○○ナントカが
その人物の持ち物を表しているところが表テントと共通してるんである)
裏テント日記と同じエキサイトブログであることといい、表当番&裏チーム一同、
ミョーな親近感を持ってしまっている。森茉莉も相当読み込んでるみたいだし!

この「放蕩娘ブログ」には美麗な画像に混じって露出度の高い
(淫靡ではあるかもしれないけれど卑猥ではない、と思う←裏当番の私見)
キレーな女優さんの画像も多く紹介されている。

露出度が高いが、卑猥ではない…と裏当番としては思うんであるが
中にはエキサイトから「きわどすぎる」と判断されてしまうものもあるらしく
この「放蕩娘」ブログ、アクセスするとたまーにページが見えないことがある。
エキサイトから「ブログ非公開」の処置を取られてしまうのだ。
(次の日にまた行ってみると、また復活していてちゃんと見られたりする)

じつは。
こないだ、お針当番がある写真入りの記事を書いて載せたら
裏テント日記史上初の「ブログ非公開処置」になってしまったのだ。
載せた写真が悪かったのか、つけたキャプションが悪かったのか。
写真って言うのは、史子姐さんのなんですけどね。

「オー、これダメデスカ!」と片言日本語になって天を仰ぐ裏チーム。
いや、しかしこのくらいの露出だったら、裏テント日記で前も載せてるぞ?
「あれ」はよくって、「こっち」は駄目なんかいのう。いや、多分駄目だったのは
写真単体ではなくて、お仕事後の遊女が云々なんていう文をつけたのが
マズかったのではないだろうか。もっと穏当な文章をつけていれば
非公開処置にはならなかったかも。

最初は、いきなり裏テント日記が開けなくなったので驚いた。
どうにかログインしてみて「多分あれがいけなかったんだろうなあ」という
記事をマルッと削除したら、普通に見られるようになった。やっぱりコレか。

とうとう我らが裏テントにも、
「裏にすら載せられない写真」が出来てしまったという話(笑)。
しかし…この姐さん…駄目かなあ…駄目ですか…そうですか…
折角撮ったのに勿体ないなあ…orz

「放蕩娘」ブログを見つけたのはそのすぐ後。
同じエキサイトブログだー、と思いながら次々と記事を読み耽り、
そしてお針当番と裏チーム、首をかしげる。

「裏テント日記があの写真と文章で非公開になるっていうなら
うちみたいにちっちゃいお人形じゃない、生きたキレーなおねーさんが
あーんな格好やこーんなポーズをしている写真が満載の放蕩娘ブログが
どうして無事でいられるんだ…?」

疑問はすぐに解けた。
次にアクセスした時、放蕩娘ブログは一時的に
「ページに問題があるため表示できません」になっていたのだ。
つまり、ちっとも無事じゃあなかったのである(笑)。だよねーやっぱり。

過去記事を読み進んでいくうちに、放蕩娘ブログは結構な回数、
非公開処置を食らっていることが判明する。そのたび、クレームがついた
画像なり文言を消すなどして対応し、また復活しているらしい。

念のため申し上げますが、いやらしいサイトというのではないんですよ。
エロティックかもしれませんが、野卑・卑猥ではない、とお針当番は
信じているのですが、まあお子様の教育には悪いかもしれない。
なにしろ管理人が「放蕩娘」を名乗っているのだし。

お針当番や裏チームの好きなものからはズレたものも載っていて、
それを見ると「ウッ★」となっちゃったりもするんだけど(たとえばの話が
パリス・ヒルトン。放蕩娘こと井嶋ナギ氏はこのお方がお気に入りらしいが
裏当番は、あの娘さんを美人だとかご令嬢だとか思うことができない。
あの顔にはどうも馴染めない)大体においてこの「放蕩娘ブログ」は面白い。
いろいろとファビュラスなものが載っていて実に楽しい。

ところで、井嶋ナギ氏が「姐さん」と表記する時は、
ことごとく「あねさん」と読ませるらしい。
名前プラス姐さんの時も「○○あねさん」なんだろうか。

うちの「史子姐さん」は「ふみこねえさん」である。
「姐さん」だけの時も、読み方は「ねえさん」。

「あねさん」というとやはり、『極道の妻たち』みたいな
なんとか一家の姐御、という感じがしてしまうが
うちの史子さんは「姐御」ではなくて、同じお店の妹芸者が
姉芸者に呼びかける「ねえさん」のつもりで呼んでいる。

(妹芸者、とは勿論すず子さんのことである。
まだちゃんとした芸者になっていない「半玉」でもいいな)

彼女は決して「あねさん」ではないのである。
「あねさんかぶり」は似合いそうであるけれど。

‘DCK’を読んでお針当番が反応した箇所について書くのは
時間がないので明日以降にしようと思う。
[PR]
by ura_hoshimi | 2006-11-14 00:26 | 裏当番記す
【お針当番記す】

さて、少しは楽しい話題を書こう。
買ってからずっと書きたかった本の話。

先月。日本橋丸善(現在改装中で仮店舗なり)に行って
手工芸関係の本棚を見るともなく眺めておりましたら。
その脇のコーナーに平積みされていた、なんだか牡丹色の表紙が
目についたんであります。

牡丹色の表紙、下半分が同じ牡丹色と白の矢羽模様。
他愛もない理由で、ここ数年矢羽模様が好きになっているので※
「おっおっおっ」とついそっちを見てしまう。

手に取って眺めてみれば、その牡丹色と白の矢羽模様は
表紙イラストの女性が着ている着物の模様。

壁にでもよりかかるみたいに、膝を三角に立てて座り、
片腕を後ろ手について肩越しに振り向き、細身のキセル片手に
こちらに流し目をくれている姐さんの、キセルの先から出る煙に
小さく浮かんだDress Coquettish Kimonoの黒い文字。
その上部にレースみたいな白いアラベスク模様の囲みがあって、
その囲みの中に白文字で『色っぽいキモノ』と題字。

頬の高い部分と厚めの唇が同じピーチピンクにぽっと染まってる。
髪は焦茶で、短めのぱっつん前髪なのかそれともポンパドゥールなのか
題字がかぶさっていてちょっと判然としないけれど、頭頂部の前寄りに
ちっちゃく黒い蝶リボンがついているからポンパドゥールなのかもしれない。
その黒いちっちゃいリボンが、蝶々みたいにも見えて愛らしい。
残りの髪はゆるくカールしながら、腰より長く垂らしているみたいだけど
画面が切れていてどこまで長いのかはわからない。

金色の帯(本の帯である)を取ってみると、この牡丹色矢羽姐さんの
締めている帯は抹茶色にもう少し黄色みを足したような
鮮やかで深い黄緑色だとわかる。結びはどうやら文庫らしい。
わかりにくいけど少なくともお太鼓じゃない。

帯揚げは白で、帯締めは黒。帯留がかわいくて、大きくてピンク色の
ニセモノ宝石風、石の直径は等身大に換算したらゆうに5~6cmはありそうな
八角形っぽいのの脇に、白い小さな石(直径が帯締めの幅と同じくらい)が
二粒並んでくっついている。多分、反対側にも同じ白いのが二粒あるんだろう。
ニセ真珠かな、それともニセダイヤかな。どちらにしても、やーんカワイイっ。

キセルを持っている姐さんの指先には、黒いマニキュア。
それも、付け爪の長ーいのじゃなくて深爪しすぎたのか、
それとも姐さんに爪を噛む癖でもあるのか豆粒みたいな短い爪に
黒いエナメルをぽちんぽちんと律儀に塗ってあるのだ。
指先に黒豆が付いてるみたいでなんかかわいい。

金色帯の惹句「虜にさせる!姐さんテイスト練習帖 
ちょっと差をつけて着こなす」にはちと「うへぇ」と思ったものの
表紙がかわいいもんでふらふらっと手に取り、何ページかめくる。
15ページまでナナメに読んだところで、購入を決意。

帯についている内容説明より―
「花魁、芸者の域な着こなしを、映画、歌舞伎、美人画などの
ビジュアルでわかりやすく解説」

その説明どおり挿絵・写真が満載。どの「姐さん」たちの着姿も
色気・可愛げ・迫力満点、そしてあでやか。うちの姐さんや
新入りの「たまき」に着せる着物を縫うのに参考になりそうな
かっこいい、あるいは可愛い色柄が沢山載っている。

それに、荷風や鏡花の小説なんかから粋な芸者を描写した場面の
引用があったり、吉原の花魁たちがどんな着物をどう着ていたか、
なんていうのが文章で説明されていて、これにもお針、興味深深。

おまけに「姐さんテイスト練習帖」と銘うちながら、
森茉莉の着物エピソードまでがちらりと登場すると来ては、
これが買わずにいらりょうか。ドール用に着物を縫うようになってから
参考として人間の着物本は随分買ったけど、これは久々の当たりだわ。

帰って、読む。読む。熟読する。笑う。また読む。笑う。
うん、これはいいわ。うちの史子姐さんと「たまき(仮)」も
この線で行こう。すず子さんは…どうしようか。
彼女は小悪魔だけど、姐さんテイストには早いような。

(「たまき(仮)」というのは、彼女はまだデフォルト名のみで、
「うちでの呼称」を考えていないから。名前、似合ってるし
そのまんま「たまき」でもいいんだけど。)

以下、何回かに分けて『色っぽいキモノ』を読んでいて
当番が反応した箇所について書いて行きたいと思う。
あ、『色っぽいキモノ』は井嶋ナギ 著 河出書房新社・刊。

(そういえば、森茉莉のムックを出したのも河出書房新社だった。
橋本治の本でも奇書中の奇書『アストロモモンガ』を出したのも
河出書房だし。裏チームの本棚で幅を利かせている出版社の
ひとつが、この河出書房である。)

これを書く前に思いついて検索してみたら、
著者・井嶋ナギのブログを見つけた。ブログのタイトルは
その名も放蕩娘の縞々ストッキング βである。
(なんか、タイトルのつけ方がウチの表当番に似ていて親近感)

最新記事に『色っぽいキモノ』の表紙イラストも載っている。
最近の記事を読んでみたけれど、画像がいっぱいで
文章も本で読んだのと同じ、愉快な姐さん調でなかなか楽しい。
着物やお洋服のネタ探しついでに、しばらく通って読み耽るつもり。

それでは、‘Dress Coquettish Kimono’ 
略してDCKネタ in 裏テント、数回続く予定です。
お楽しみに(って、楽しみに読む人はかなり限られている裏テントだが)。

追記

※他愛もない理由で矢羽模様が好き

お針当番は自分では着物を着ない。ドールに着せて楽しむだけ。
理由は、サイズの限界というトホホなものである。お針当番とて
着物ライフに憧れはあるが、身体が横に大きくかつ縦にも大きい上、
肩幅が広く、身長の割に腕が長いという四重苦なので
仕立て上がりの着物に自分のサイズがあったためしがない。
着ようと思ったらいきなり「お誂え」から始めることになるので
二の足を踏んでいるんである。

(最近は、母親や祖母の世代の丈の足りない着物を
現代っ子の娘世代が対丈で着るのも「アリ」になっているが
例えば小柄なうちの母の着物をお針が着ようとすると、身長差がありすぎて
対丈でも足りないし、どんなに裄出ししても追いつかないんである。)

そんなわけで着物は着ないお針当番だが、
きれいな和柄の布地や和小物を集めるのは好きだ。
色々集めていると、自分の身近に置いて使うものには
何か「自分に因んだもの」がモチーフのものを揃えたくなる。
たとえば、生まれ年の干支で揃えるとか、そういうことだ。

ところが、お針当番は寅年生まれなのである。
干支模様の和小物で寅モチーフのものは、どんなに探しても
いまひとつお針当番の琴線に触れない。可愛くないのだ。
変に猫っぽい虎もイヤだし、虎らしい虎もイヤ。
トラジマの小物を持っていて阪神ファンと思われるのもイヤ。

(阪神がイヤなのではなく、野球について何も知らず興味もないため。
虎グッズを見て野球の話題を振られたりすると困ってしまうんである。)

なぜ卯年や子年に生まれなかったか。辰年でもよかった。
ウサギやネズミなら、かわいい干支グッズが沢山ある。
戌年でもよいな。お針当番は犬が大好きだ。
辰年、妹の生まれ年であるがこれまた干支グッズがカッコいい。
矛盾しているかもしれないが龍モチーフのグッズを持っていて
ドラゴンズファンに間違われるのがイヤだとはなぜか思わない。

酉年だってよかったんだ。ニワトリ柄はちと剣呑だけど
「ヒヨコモチーフ」や他の鳥類に逃げることができる。
丑年は…ホルスタイン模様で笑いを取れるかもしれない。
午年でもいいな。馬も好きだ。お針当番、射手座だから
馬には縁が深いし…待てよ射手座?

そうか、干支にこだわるこたぁなかったんだ。表当番の趣味に合わせて、
生まれ星座に因んだ和柄小物を集めてみるのも面白くはないか?
さすがに「半人半馬模様の和柄生地」なんていうのは
男物の長襦袢にも、羽織裏にもなさそうではあるけれど
(そんなのを着ている男性が本当に居たら尊敬する。)
射手座のもうひとつのシンボル「弓矢」の模様だったら
和の世界にも沢山ある筈だ。そうだ、「矢羽」があるじゃないか。

そんな回りくどいが他愛もない理由で、お針当番
俄かに「矢羽模様スキー」となったのである。
紫色と濃紺は射手座に縁の深い色、濃紫と白の矢羽模様に
「幸運の馬蹄モチーフ」のピューター製チャーム※をつければ
射手座コーデ完成だわ、とひとり満足の笑みを浮かべている。
ブックカバーと、その栞の先に付けるチャームの話だけれど。

※ピューターは錫を主体に銅やアンチモンを加えた合金。
占星術や錬金術で、錫は木星に関係づけられている。
木星は射手座の支配星なので、錫及びピューターも、
射手座のゆかりと言えば言えなくもないのである。

以上、脱線終わり。
[PR]
by ura_hoshimi | 2006-11-12 17:50 | お針当番記す
【お針当番記す】

で。現在11月12日の15時24分。
まだ来 な いのっ!出品者からのメールも来ないのっ!
気分は『バスが来ない』のFLASHである。地団駄踏んでも土下座をしても
座禅を組んでも逆立ちをしても…来ないんで、ある。

お昼ごろ、もう一度メールを出して、それから最寄の郵便局まで
てくてく歩いていって「こういうわけで郵便追跡用の問合わせ番号が
はっきりしないんだけど、○○県からうち宛のゆうパック来てませんか」と
聞いてみる。

「来てるんなら配達してっはずだしィ、留守なら不在票を入れて
三日間は連続して配達すんですけどねェ」と、郵便局員、
尻上りの北関東弁でのたまう。不在票、入ってませんでしたけど。
だいたい昨日も一昨日も、配達時間として指定した夜間には
家に居てずーっと待ってたんですけど誰も来なかったんですってば。

で、問い合わせ番号が不明なら、とこっち側の郵便局じゃ
うち宛の荷物が局に入ったかどうか、調べてもくれないのだ。
「差し出した方の郵便局には伝票の控えが残ってる筈ですからァ、
そっちに問い合わせっと正しい問い合わせ番号もわかっと思うんですけどォ」
と言うばっかり(小さいカタカナ母音のところで語尾が上がるのである)。

だからさ、どこの局から差し出したかっていうのは発送した人しか
わかんないんだって。その発送者と現在連絡がつかないから
こっちでわかりそうな情報である「うち宛の荷物が来なかったか」
っていうのだけでも教えてくれっつってんでしょォ。と、お針当番も
局員に釣られて尻上がりの北関東弁になる。

9日に発送したのなら(本当に発送したのなら)、
関東の南の端から北の端までだもの、翌10日には
こっちの郵便局に荷物は着いてる筈なのだ。

そしてたとえこっちが不在だったとしても(居て待ってたんだが)
三日間は連続して配達を試みるという。ということは10日に来て、
11日に来て、それで受け渡しができなかったら三度目の正直で
きょう12日にはもういっぺん郵便屋さんが来るはず。

不在票の有無というのは信用できないからな。入れてくれない
配達員もいるし、実は昨日も一昨日も来ていたのかもしれない。
でも、わし二日間とも夜は家に居たんだし!それでピンポンとも鳴らさずに
不在票も入れずに荷物持って局に帰る配達員が居るかいな。

腹の虫を抑えつつ今夜の21時までは待ってみることにした。
っていうか出品者の人、早く正しい「お問い合わせ番号」教えてください。
荷物の追跡できないじゃないですか。

待つ身は長し。お針当番の胴はもともと長いが、
(横周りの話ではない。横周りも確かにアレではあるが、
縦にも長いのである)この一週間でさらに伸びたような気がする。
ダックスフントが大蛇になって、おのれにっくき安珍めと
紅葉の山を駆け下って行きそうな勢いで待っているんだがな。

メールか、郵便屋さん。
とりあえずどっちでもいいから早く来てください。

なったーなったージャになった。
当家のお針がジャになった。

なーんのジャーにーなられーた。
だいーじゃーにーなられーた。

お粗末。
次はもっと楽しい話を書こうと思う。
井嶋ナギ著『色っぽいキモノ』の話だ。
[PR]
by ura_hoshimi | 2006-11-12 15:53 | お針当番記す

こない…。

【裏当番記す】

お針当番が10月31日に落札したドールが、まだ届かない。
経緯は、こうだ。

10月31日の夜に落札

出品者から翌日にメールが来たので配送先を伝える。
平日昼間に届くと何かと厄介なので夜間配達をお願いする。

その翌日、11月2日に代金と送料を振り込み。

発送の連絡がずっと来ないと思っていたら、
5日の夜にやっと来る。この出品者、発送はいつも
まとめて週一回行うらしい。

ゆうパックだし、南と北に分かれているけど同じ関東だし、
遅くても翌々日の夜には来るだろうと思っていたら、来ない。
すわ配送途中の事故か、それとも到着してから何かあったか、と
慌てるお針当番。とりあえずゆうパックの「お問い合わせ番号」をきいて
配送状況がどうなっているか調べようと思い7日の朝に、
メールで出品者に問い合わせる。

7日の夜、返事が来る。出品者いわく。
配達途中か、集荷途中に雨で荷札の一部が剥がれてしまい、
宛先がわからなくなって郵便局から出品者のもとへ
荷物が戻ってきてしまった、これから荷札を書き直して
翌日に再発送する。ちなみに新たに発送するときの
「お問い合わせ番号」は「XXX-XXXX-XXXXX」である。

8日の夜、郵便局のサイトに行って「郵便追跡サービス」の
ページを開き、「お問い合わせ番号」を入れてみる。
…「そんなお問い合わせ番号の荷物はありませんですよ」と
言われてしまう。なぜだ!

9日の夜、出品者からメールが来る。
8日発送の予定が、仕事が忙しくて延びてしまい、
9日に発送した、と…ゴルァ!マメに連絡をくれるし、
問い合わせればちゃんと返事をくれて、不手際は謝ってくれるし
悪い人じゃあなさそうなんだけど…でもなあ…

とりあえず、待ってみることにする。

10日の夜。まだ来ない。
相変わらず、教えてもらった問い合わせ番号は
郵便局のサイトから「そんな番号の荷物はない!」と拒否られる。
なので、出品者に「この番号で本当に間違いないですか?」と
再度メールで問い合わせ。その返事はまだ来ていない。
出品者から返事が来る前に荷物が届いてしまえばいいのだけど。

11日の夜。さすがに今日は届くだろうと思っていたのだけど…
まだ届かない。ぐおーおー!なぜだ。一日中家から出なかったから
郵便屋さんが来れば気付く筈なのじゃああ。不在配達伝票もなし。
そして、出品者へ問い合わせたメールの返事はまだ来ない。
よって、正しい「お問い合わせ番号」もわからない。
温厚で気の長い方である裏当番も、段々と怒りたくなってきた。

とうとう、21時を過ぎた。
ゆうパックの配達時間帯指定で「夜間」を選択すると
19時から21時の間に配達されることになっている。
21時を過ぎることは多少あっても、22時に近くなることはない。
このまま21時30分を過ぎてしまったら、もう今日は望みなしということだ。

落札したのは「リカちゃんキャッスル」製のキサラで
膝くらいまであるストレートロングのシルバーの髪に
ピンクのメッシュが入ってる、文字通り「毛色の変わった」子。
かわいくて一目惚れしたのにー。早く届いてくれえ。
落ち着かなくて、裏の更新作業にも集中できないんである。

21時30分まであと15分。
あと15分のうちに郵便屋さんが来るか、
出品者からメールでお問い合わせ番号を知らせてくるか
どっちかじゃないとおねーさん本当に怒るよ。
[PR]
by ura_hoshimi | 2006-11-11 21:16 | 裏当番記す

禁断の赤襦袢

【お針当番記す】

満ちて行く月のパワーに乗っかって 表も裏も絶好調なり。
もともと宿主の気力体力に波があるのだから、動けるときに
めいっぱい更新しておくつもり。

さて。
すず子さんが白百合乙女になっていたのと同じとき。
史子姐さんはお針当番に拝み倒されて、しかたなく
すず子さんが脱いだばかりの赤襦袢に袖をとおしていた。


c0054904_22155277.jpg


当然のことながらご機嫌ななめの姐さん。静かに怒ってます。
襦袢姿を披露することにはしぶしぶ同意してくれましたが
金魚鉢に入ることは断固拒否されました。


c0054904_2221276.jpg


全身はこんな感じ。
すず子さんは小娘なので襟をきっちり合わせましたが
姐さんは大人なので襟をうんと深くゆったりめに、
帯も下端が腰骨にかかるくらいに低く締めました。
喉から鎖骨、胸元にかけて痩せた感じがするボディなので
小悪魔金魚と言うよりは病弱な遊女みたいです。


c0054904_22235039.jpg


衣紋もぐいっと抜いてみました。
やわらかくて薄い布地なので、衣紋を抜くのも簡単でした。


c0054904_2228077.jpg


くつろぎ史子姐さん。
スリムな身体で、胸がな…小さいから着物を着せる時に
補正もほとんどいらなくて楽だと思っていたけれど
こうして薄ーいやわらかいのを一枚だけ着せて、
おはしょりもせずに帯を締めるとウエストの細さが強調されて
胸の控えめな丸み(笑)が色っぽくないかい?

史子姐さん、意外とかわいいお胸じゃないかと見直した一枚。


c0054904_22341819.jpg


谷間なんかできなくっていい、鎖骨とこの脚さえあれば。


すず子さんと同じくお着替えシーンも撮りましたが、
それを載せるのはまたの機会と言うことで。

今回、すず子さんの襦袢姿は『蜜のあはれ』の金魚娘をイメージしましたが
史子姐さんの襦袢姿は最近買った着物本、『色っぽい着物』というのを
参考にして着付けてみました。この本、お針当番的にツボな発見が色々あって
楽しめました。史子姐さん御用達本かと思いきや、実はすず子さんにも
関係のある本だったりして。この本の内容については、これまた後日。
[PR]
by ura_hoshimi | 2006-11-03 22:49 | お針当番記す

すず子 in セーラー祭り

【お針当番記す】

さて、こないだ撮影したすず子 in 白百合風セーラーの続き。
さすがは名門カソリック系女子校の制服を模しただけのことはある、
小悪魔性をしっかり隠して、ちんぴら金魚もたちまち白百合乙女。


c0054904_2318934.jpg


しかし、制服着せるとやっぱり少し幼くなりますな。
高等部の生徒には見えません。どう背伸びしても中等部。
ボディをもうちょっとどうにかしてやれば変わるかしら。
(現在25cmボディ、プヨ胸タイプ)

中等部でもいいですけどね。憧れの「お姉さま」が高等部にいたりして、
課外で遅くなるお姉さまを待って、一時間も昇降口(ってうちの学校じゃ
呼んでたけど、他の学校でもそう呼ぶのかな)のところに立ってて
出てきたお姉さまに「なんでさっさと帰らない!」と叱られたりするんですよ。


c0054904_23234757.jpg


セーラーカラーの後ろ側がちょっと変わってたので撮ってみた。
後ろ、ただ四角いんじゃなくて中央にもうひとつ角があるのね。
ホンモノの白百合の制服も、後ろ襟はこうなっているのかしら。
画像検索をかけてみたんだけど、制服は皆正面から写したのばかりで
後ろ襟がどうなっているかわからなかったのだ。

(なお、ホンモノの白百合学園の制服は襟・カフス・ネクタイのラインが
どれも三本ずつある。カレンダーガールのこの制服の場合は
襟とカフスが、セーラーテープ縫い付けで表した太い白ライン一本、
ネクタイの細いライン二本はテープではなく、プリントで表現してある。)

せっかく小道具で校章つきの白いハンカチがついてきたから、
活用しなくちゃねえ。ところでこれは本当にハンカチかしら。
ドールサイズのハンカチにしては大きい気がするので、
もしかしたらナプキンなのかもしれない。白百合の生徒たちは
お昼ごはんのときにおそろいのナプキンをお膝にかけて
優雅にお弁当を召し上がったりするのだろうか。

まあいいや。
すず子さん、その畳んだのをほっぺの横に持ってってみて。


c0054904_23275663.jpg


こうかしら?

そうそう。はい、ハンカチ王女ー。

言うと思った…。


c0054904_23315713.jpg


お姉さまの香り…w

どうやらすず子さんの私物ではないらしい。
どういう手を使ったか知らないが、お姉さまとやらから分捕ってきたな。


さて同じ頃、史子姐さんは。


c0054904_2334376.jpg



………えっ。

(以下、次号)
[PR]
by ura_hoshimi | 2006-11-02 23:35 | お針当番記す