某所で新月予報を出している「星見当番」の裏日記。裏当番&裏テントチームが執筆を担当


by ura_hoshimi

<   2005年 11月 ( 9 )   > この月の画像一覧

誕生日前夜だけど。

12月1日は一応、史さんの誕生日ということになっている。
お祝い…何も準備してなかったわ(汗)。薄情な飼い主である。
今ちょっとお針は元気がないから、週末まで待っておくれなあ。
すずさんの誕生日(当番の独断と偏見で9月14日とした)も
お祝いしそびれたし、合同で何かしよう。

で、先週末撮ってた写真の続き。
史さんの現在の髪型であるが、後ろ姿はこんなである。
c0054904_22461227.jpg


両耳脇の髪をとって少しずつねじりながら後ろに持っていって、
ゴムカタンで結んだ。6mm幅のグログランで蝶結び。

とりあえず、半裸状態は見ているだけでも寒そうなので
着物を羽織らせた。帯も締めずにごめんなさい。
c0054904_22474630.jpg


史さんのデフォルトの髪型、きりっとしていて好きなので
いずれは元に戻すのだけど、この髪型も気に入った。
着物に合わせても違和感ない型だし、リボンをワイン色にして
海老茶の袴なんか履かせたらハマるだろうなと思う。
c0054904_22521074.jpg


洋装だったら深緑のリボンも似合いそうだな。
この髪型だと、「洋服」というより「洋装」な雰囲気。
薄紫のリボンが似合ってしまったのは、実は予想外。
幅がちょうどいいリボンで手元にあったのがこの色だけで、
「これでいいや」と結んだのだけど結構いける。

史さんの、この髪の色(カッパーと小麦色の混じり)って
もしかしてよほどとんでもないのでない限り、どんな色のリボンも
似合うのではなかろうか。色々結んでみたくなってきた。
[PR]
by ura_hoshimi | 2005-11-30 23:11 | お針当番記す

ある意味原点

c0054904_17304155.jpg

いきなりこのような格好で失礼。
最近、縫い物が全然進んでいないので着せられるものがなく
こういう表に出せない写真ばかりがこっちに増えている。

先日、ピンクのプリーツレースでベビードールを作って
「白いプリーツも買えばよかった」と日記に書いたら
それを読んだ方が白プリーツのストックを譲ってくださったのだ。
幅の狭い、かわいいヒラヒラの白プリーツ。感謝感激なのである。

さて、これをどう料理しようか?とりあえず、仮に巻きつけてみる。
あ、なんか楽しい。子供の頃の「第一次人形遊び期」にも
こうやってギャザーレースの切れ端をただ巻きつけていた記憶がある。
ぐるぐる巻きは、ある意味原点。ある意味王道。

c0054904_17401117.jpg

ベビードールのスカート部分にするにはフリルが何段必要かと
下から巻きつけていった図。4段あれば、足りるか。

ベビードールにする場合、バスト部分はストレッチレースを使うが
バストのところまでフリルを巻きつけて、余ったところを肩にかけたら
昔の少女マンガに出てきた妖精キャラっぽくなった。
ギリシャ神話っぽいというか昔のアイドル歌手みたいというか。

なんか、記憶が曖昧だけどキャンディーズとかピンクレディーとか
あのあたりの歌手がこういう変な、化繊ぽいプリーツ素材の
すとんとしたミニドレス着て歌ってなかったか?いやあれはフリンジか?
これ、上端を細いリボンで押さえて、肩ストラップつけて
銀のヘアバンドに白いブーツを履かせたら昔のアイドル風になるかも。

史さんにその手の格好で「UFO!」のポーズをしてもらいたいものだが
提案しただけで殴られそうだな(´д`;)。

c0054904_17562439.jpg

両肩を覆うようにプリーツをのせてみたら意外と可愛かったので
キモノ風化粧着の襟として使えないか、と考えた。
待ち針で留めて、様子を見てみる。うん、かわいいかも。

白いスパークハーフを買ったので、それでボディと袖を作って、
下に着たセパレーツのセットアップが透けるようにして。
ガウンのパターンはなるべくカンタンなのにしよう。

c0054904_1805842.jpg

こうして肩を出すように着てもかわいいなあ。でへでへ。
もうお針当番の目には、白い半透明のフワフワガウンが映っている。
室内とはいえ初冬に、ほぼ何も着ていない状態で
延々とポーズを取らされている史さんはいい迷惑である。
「冬物を作ってくれるというのはどうなってるんだ?」
…ゴメン(^^;)。

先週、史さんとすずの髪を洗った。
史さんは元の髪型にいずれ戻すつもりだけど、
折角ほどいたので違う形に結ってみた。
耳を出しただけでも結構雰囲気が変わる。
リボンを結んだらかわいくなったのでしばらくこうしておこう。
(正面からだと、肝心のリボンがよく見えないけれど)
[PR]
by ura_hoshimi | 2005-11-27 18:11 | お針当番記す

ホラの食卓

今日はなんとなく体中が痛くて、だるい感じがする。
風邪の前兆のような感じのだるさで、眠気も消えないので
なぜだろうと思っていたら、どうも昨日の朝の掃除のせいらしい。

ベッドを動かしてその下の埃を取り、きれいにベッドメイクして
また元の位置に戻すという、掃除嫌いの宿主どのにしては
大掛かりな掃除をした。それも、森茉莉が言うところの
「紫式部か和泉式部の掃除」といった手のろさで。

綺麗にはなったけど、慣れないことをした後遺症で体がだるい。
朝、早起きしてパンで朝ごはんにしようと思っていたのだけど、
結局朝目覚められずに昼まで寝てしまった。
昼過ぎに寝床から這い出して、お茶の準備をする。
今日も、昨日の危険物祭りの続き。今日は「ホラの食卓」だ。

c0054904_19183345.jpg

ミヒャエル・エンデの『モモ』で、カメに導かれて遠路はるばる
時間の国の「どこにもない家」にやってきた少女・モモに
「どこにもない家」の主人・マイスター・ホラが出した朝食の真似。

「テーブルの上には、ずんぐりした形のポットと、二つの小さな
茶わんとおさら、それにスプーンとナイフがならんでいました。
どれもこれも、ピカピカの金でできています。金褐色にパリッと焼けた
巻パンが小さなかごにならんでいて、金色のバターの入った小鉢と、
まるで液体の金のように見えるはちみつの入ったつぼもあります。
マイスター・ホラはずんぐりしたポットから両方の茶わんに
チョコレートをついでから、身ぶりよろしく食事をすすめました。」

昨日と同じようにパンを温めて表面をパリッとさせて、
バターと蜂蜜を添えた。蜂蜜を入れる適当な器がなかったので
お弁当用のアルミカップに入っている(笑)。
金のお茶道具もないので、昨日紅茶を入れていた焼物のポットに
気に入っている淡黄のマグカップ。

でも、「チョコレート」は「ココア」にしないで、ちゃんと
製菓用チョコレートを削って湯煎で溶かし、ミルクで伸ばして
「ホットチョコレート」にしたのだ。マシュマロを浮かせたのは、
食事当番の好み。食事当番はマシュマロが好きだ。
本当はチョコレートやココアに浮いているのよりも、
直火で上手に炙った「焼きマシュマロ」が好きなのだけど。

c0054904_19325341.jpg

巻パンを手で千切って、バターを乗せて蜂蜜をかける。
冷蔵庫から出したばかりだったので、バターがうまく伸びない。
「バターを塗った」というより「乗せた」という感じ。
でも、温かいパンの上の冷たいバターはおいしいからいいのだ。

蜂蜜は、甘みの中にちょっと金属っぽい尖った味が入っていて
それがツンと来るので普段の食事当番はあまり使わない。
なんていうのか、蜜蜂の金属的な羽音を耳にすると鼻がツンとする、
あの感じが、蜂蜜を舐めたときにもするのだ。
蜂蜜の甘みが舌にさわると、耳に「ブーン」という唸りが聞こえて
鼻がツンとして、視界の端に丸い金色の光が見える、ような気がする。

しかしバターと蜂蜜を一緒に食すこと、これは例外的に好きなのだ。
バターの塩っ気と、蜂蜜の味が一緒になると、とてもおいしい。
ちょっとブルターニュ地方の「塩バターキャラメル」的な味だと思う。

(話がそれっぱなしになるけど塩バターキャラメルは美味い!
この間たまたま売っていたのを食べてその美味しさに驚いた。
食べていて「バターと蜂蜜を塗ったパン」の味を思い出したことも、
今回の「ホラの食卓計画」を思い立った遠因、かもしれない。)

勿論本物バターと蜂蜜の組み合わせが一番いいのだけど、
マーガリン&蜂蜜もおいしい。子供の頃、マーガリンと蜂蜜を
同じ分量ずつ混ぜ合わせて、食パンに塗るスプレッドを
自分でこしらえていたことを思い出す。蜂蜜を混ぜて練っていくと
マーガリンに透明感と艶が加わって、ちょっと真珠光沢っぽくなる。
その真珠っぽくなったところが、上等の感じだと思っていた。
焼いていない生の食パンに塗って食べるのだ。

イチゴジャムと、マーガリンも同じように混ぜ合わせていた。
「イチゴバター」と自分では呼んでいた。バターじゃないけど。
さらにさらに余談だけれど、父は昔、焼いていない生の食パンに
バターやマーガリンを厚めに塗って、そこに白砂糖をまんべんなく
雪のように塗り広げたのを一人でおやつに食べていた。
お供は冷たい牛乳である。たまに夜中にお腹が空いた時も食べていた。

気が向くと、「バター砂糖パン」を子供にも作ってくれた。
母は「そんな食べ方をして!」と渋い顔をしていたが、
それは父が、台所の冷蔵庫の傍で、バターと砂糖を出して
パンに塗った後、立ったままそれを食べていたからだ。
子供はもちろん「座って食べろ」と母に言われた。

父も娘も、もう「バター砂糖パン」など随分長い間食べていないが
たまに、小さい頃暮らした団地の台所で、蛍光灯に照らされて
バター砂糖パンを食べていた父の姿を思い出すことがある。
思い出す父は、なぜか必ずパジャマのズボンに、上は下着のシャツ
(白の半袖の)なのだ。台所の蛍光灯以外は暗くなっていて
だから多分、夜食に立った父を見たときの記憶なんだろうと思う。

話が大幅にそれているけれど、バターと蜂蜜を乗せた
温かい巻パンはとても美味しかった。中に入っている胡桃がまた、
蜂蜜と合うのだ。一個目を平らげてから、チョコレートを飲む。
あ、甘ーっ!溶けたマシュマロが甘い。チョコレートも甘い。
製菓用の甘みのないチョコを使ったのにすごく甘い。おかしいな。

もう一度蜂蜜巻パンをかじって、ハタと気付いた。
これと一緒に食べるから、甘いのではなかろうか。
普段、蜂蜜とチョコレートを一緒に食べることなどないから
きっとそれですごく甘く感じるんだ。お盆の上の蜂蜜バターパンと
ホットチョコレート。含まれる糖分の総量を想像すると眩暈がする。

「ホラの食卓」。
おいしいけど、凄く甘い朝ごはんだということが判明した。
きっと、モモのように長い長い距離を夜通し歩いてきたら
とても美味しく感じるだろうなと思う。冬の徹夜明けだとか、
冬山で遭難しかけて、命からがら帰ってきた時とかにはよさそうだ。
ともかく一度試すことができたので、食事当番は満足である。

【番外編:レッド・ホット・チリチョコレート】

甘い甘いチョコレートを飲みながら、食事当番はふと思い出した。
少し前に、どこかのブログで「オトナのホットチョコレート」だか
「オトナのココア」だかの記事を読んだことを。

お子様的、甘いだけのホットチョコレートに飽きた方にということで
スパイス入りのホットチョコレートを紹介していたのだ。
なんと、出来上がったものにチリペッパーの粉を投入するという。
甘い中にピリっとチリの味がきいて、カッと体が温まるのだとか。

「ほうほう、それはいいかもしれない」と食事当番は思った。
煮出しミルク紅茶に黒胡椒を投入したものを飲む食事当番、
チョコレートに唐辛子という取り合わせにもそれほど抵抗がない。
(黒胡椒入りの煮出しミルク紅茶は、美味いのだよ。生姜も入ってる。)

カップには、いまだ半分ほどのホットチョコレートが残っている。
今試さないで、いつ試す。食事当番は台所から唐辛子を持ってきた。
「チリペッパー」や「カイエンペッパー」があればよかったのだけど、
あいにく食事当番のところにはそういう小洒落たものはない。なので。

c0054904_20234936.jpg

これだ。good old ジャパニーズ一味唐辛子。S&B食品製造!
唐辛子だし、混じりっ気なしの「一味」なのだからこれでいいだろう。
これが「七味」だったら母が作る衝撃的な料理の仲間入りだけど。

c0054904_20272745.jpg

蓋を開けて、チョコレートのカップへいざ投入。
飲みかけのカップがいささかお見苦しくてすみませぬ。

「新たなる美味しいオトナの世界」に到達するか、
それとも「食事当番の作る衝撃的な料理」リストに一件追加か。
本当にそれを入れるのか。飲むのか食事当番。
今ならまだ戻れる。戻れるぞ…


c0054904_20295092.jpg

一振り、二振り…入れた~。あああ。もう後戻りはできない。
♪Passed the point
of no return -
no backward glances:
the games we've played
till now are at
an end...

♪ちゃらら~ら ♪ちゃらら~ら 
と『オペラ座の怪人』の挿入歌が耳に響いてきて
脳内バレエ団が炎のフラメンコを踊る中、
食事当番はスプーンで唐辛子入りチョコレートをかき混ぜて、
飲んだ。飲んだ~。

結果。
普通においしいホットチョコレートでした。
そんなに強烈にオトナ味じゃなかった。なあんだ。
飲んだ後で、多少喉にカ~ッと来るかなあという程度。
唐辛子が加えるのは辛味だけで、チョコの香りや味に
変化はありません。興味のある方はお試しくだされ。

ただし!必ず混じりけなしの一味唐辛子か、
「チリペッパー」「カイエンペッパー」の「粉末」を使うこと。
間違えて「七味唐辛子」や「タバスコ」を入れたら衝撃料理です。
タカノツメ丸ごとも、避けた方がよろしいかと。

久々に出番が回ってきた食事当番、楽しい週末でありました。
これからお風呂に入るのだけど、体重計に乗るのだけが怖い。
[PR]
by ura_hoshimi | 2005-11-20 20:51 | 食事当番記す

危険物襲来

【食事当番記す】

金曜日の夜、某所から裏テントに危険物が飛来した。
胡桃入りの天然酵母パンと、バナナケーキ。

「でかしたお針当番!」と歓喜の声をあげる裏チームの面々。
さるお方に、お針当番が縫ったドール用下着を爆撃するにあたり
交換殺人、じゃなかった相互爆撃で危険物をお願いしたのであった。

ドール用下着は爆撃先のお嬢さま方に美しく着こなしていただき
(鼻血吹いて倒れそうな写真も沢山撮ってもらい)、さらに危険物まで
頂戴して、エビで鯛が釣れたみたいな気分。食事当番も大喜びである。

「誰かが焼いてくれたお菓子を食べるのって、久しぶり…(´д`*)♪」

我慢しきれず、夜の夜中にプチパンをひとつ食べてしまった(汗)。
あとは誘惑にぐっと耐えてしまいこみ、朝になってから食べることに。
そして、今朝。早起きして部屋の掃除・洗濯を済ませミルクも買ってきた
(昨晩、帰ってきてからミルクを切らしていたことに気付いたのだ)。
トースターでパンを温めケーキを切り、紅茶を入れて「お十一時」だ。

c0054904_13164431.jpg

ずっしりと持ち重りのする、バナナケーキの威容。
中で動き回らないように緩衝材を詰めた白い紙箱に
甘い香りのケーキが み つ し り と 入 つ て ゐ た (嬉)。
航空母艦のごとき存在感。外見から容易に想像できるカロリーの高さ。
大変キケン。アリスの‘EAT ME’のお菓子同様、食べたら凄い勢いで
水平方向に育ちそうである。

否、敵百万と謂えどわれ  逝かん  往かん。
パン切りナイフ片手に空母に突撃。

c0054904_1327148.jpg

えいっ!やあっ!参ったか!参ったかっ!!参っ…参りました(涙)。
キケンだキケンだと言いながら、たっぷり分厚く二切れ切り申した。
ああ、しっとりしている。食事当番、ケーキの切り口に悩殺される。

c0054904_13304351.jpg

紅茶ポットとカップ、ケーキと温めたパンを載せたお皿を
小さな低いテーブルに並べて、日の当たる窓際にセット。
なんて豪華なお十一時なのだー!!
(ポットとお皿とカップが全く揃っていないのは見ないことにして)

c0054904_13342840.jpg

温めたパンを千切って、バターを乗せて食べる。
中に胡桃が入っていて、自然な甘みがほんのりして、美味~!
プチパンなので、またたく間に2個と半分、食べてしまった。
残りの半個は、ふらりとやってきた母に「天然酵母パンであるぞ」と
見せびらかしたら横取りされてしまった(汗)。
「うまうま…旨いっ!上手いっ!!」と大絶賛だったのでまあいいか。

パンを平らげた後、バナナケーキを食す。
バナナ味なんだけど、粉の味もしっかりと残っていて美味しい。
ミルクティーにも、ストレートティーにも合う味。
感謝して二切れ完食、満腹。残りは少しずつ大事に食べよう。

今朝、ミルクを買いに行ったついでに、製菓用スイートチョコと、
マシュマロも買ってきた。プチパンが三つ残っているので、
明日はまたパンを温めてバターとはちみつを添え、
ホットチョコレートにマシュマロを浮かせて
「モモとマイスター・ホラの朝食」をするつもり。

ビアンカさん、素敵な危険物をありがとうございました。
裏チーム一同、美味を堪能しておりますm(__)m。
[PR]
by ura_hoshimi | 2005-11-19 13:47 | 食事当番記す
【本編に入る前に裏当番記す】

ウヰルスに冒された頭でかう考えた。
表題のようなホラー映画があったら怖いだろうか。怖くないな全然。

長らく放置していたスキンを季節先取りものに変えてみた。
少し見ない間に、かわいいスキンが出ていたので。
裏当番、自分でスキンをいじる気がなく(できない、とおっしゃい)、
かわいいありものがあれば使うという程度。

でもでも~!可愛い「友禅」っていうスキンがあったの!
紅と菫と藍と萌黄があって、鹿子模様の中に蝶々がいるの~!!
使いたいので、お針がんばるです。とお針当番が言っている。
赤襦袢を早く縫って、「友禅・紅」をバックに載せたいものだ。嗚呼。

【ようやっと、お針当番記す】

風邪で寝ていたのだけど、どうもそう長時間連続では寝られない。
もそもそと起きだして裏日記更新。これやったら夜の薬飲んで寝ます。

今夜もランジェリー祭り。
このデザインは前両脇のリボンを巻きつけて結ぶだけなので…
c0054904_20343078.jpg


…引っ張ればもちろん、ほどける。
もっとも後ろのスナップを取らないと脱がせられないけど。
うむ、やはりベビードールで前リボンだったら、こうリボンを解いた途端に
はらりとはだけるデザインの方がよくはなかろうか。
今度はそういうタイプのを…あれ史さんが睨みやる。堪忍堪忍。

c0054904_2038525.jpg


ほどいたリボンを二の腕に巻きつけてみただけ。
なんか、すずさんは三次元(?)なのに二次元的というか
アニキャラっぽいコスプレも平気で着てくれそうな気がしてきた。
史さんはそれ系の格好は嫌がりそうだし、お針としても
そういう服を着せる気はないのだけど、すずさんはいけそうだなあ。

(ところで今、「あにきゃら」が「兄キャラ」と変換された!
ウチのIMEの中の人って一体…)

c0054904_20453075.jpg



結びを変えたバージョン。
クロスさせずに後ろに回して、前に回して首に結んだだけ。
なんとなく「仔猫たんでつか」とか言いたくなる。
すずさん、猫耳と鈴とか着けてみないかい。

c0054904_20481357.jpg


史しゃんは自らほどいてしまうとですか。
勿体な…それ私にさせt…ぎゃっ!
あqwせdrftgyふじこlp・・・ご、ごめんなしゃい(ノдT)

c0054904_2052442.jpg


ゆるみかけ。お針当番だけが喜ぶ中途半端なショット。
実はシャッターを切った直後、ストレッチレースの張力が勝って
身頃がウエストまでずり落ちた。大混乱で撮影一時中断。

c0054904_2056541.jpg


お針だけが喜ぶ微妙なショットその2。
アンダーバストで蝶結びにするバージョンの、後ろ姿。
このボディって、背骨のくぼみと肩甲骨まであるのね~。
綺麗な背中だわあ。鎖骨も好きだけど、肩甲骨もいい。
背中の開いたドレスを着せたい体です。

c0054904_2121822.jpg


史さんも結び変え。鎖骨でクロスして首の後ろで結んだ。
すっきりしすぎて、色気がないかも。
やはりアンダーバストで結ぶのが一番かわいいな。

c0054904_2134251.jpg


そして、今日も二人は微妙に仲がいい。
「寒いから暖をとってるだけ(///;)!」
何その微妙な言い訳ww
[PR]
by ura_hoshimi | 2005-11-15 21:08 | お針当番記す

べべ?

フューシャのレースおぱんつを履くか履かないかでモメていた、
お針と史さん。「絶対履かせてやる、しかも上下セットで!」と
妙な闘志を燃やしたお針当番、土曜に夜なべでベベを縫い上げた。

ベベ=ベビードール。「赤いおべべ」ではない。それも作る予定だが。

フューシャのストレッチレースに、薄ピンクのプリーツレース。
濃いピンクのサテンリボン。ふっふっふ。楽しみだなあ。
さぞさぞ史さんが泣いて嫌がる凶悪な仕上がりに…あれ?

c0054904_12543285.jpg

ん、な。なんか思ったよりぷりちーな仕上がりなんですが。
最初嫌がってた史さんも、着せたら大人しくなったし。史さん?

c0054904_12565870.jpg

「何よ?」
…いや、かわいいなあと思って(///)。
「そう?」

失敗だ…もっと凶悪にえっちな感じを目指したつもりだったのに
着せてみたら可憐系になっちゃったわ。何が敗因だったのかしら。
貧乳のせいかしら。

「…何が敗因だって?」

…なんでもありませんっ((((;゚Д゚)))。

ふむ…同系色でまとめたのがいけなかったのかしら。
びっち系にするならフューシャに黒とか、豹柄とか、
ラメラメデニムとかを合わせなくちゃいけなかったのかも。
あるいはリボンを黒にするとか。まだまだ修行が足りないな。
ピーチジョンの通販カタログでも眺めて勉強しよう。
(あのお店のはお針には全くサイズが合わないのだが、
ギャル系なデザインが沢山載っているので見る分には楽しい)

c0054904_1354162.jpg

「さっきから何をぶつぶつと…」
姉さん、脚!脚!!
※これの下は勿論フューシャおぱんつです。
ベベから、透けて見えそうで見えない。色の取り合わせが、
思えばお正月に食べる和菓子の「花びら餅」みたいだねww
花びら餅大好きだ。白い求肥の下に透ける、薄紅色の求肥。
その中に味噌餡が入ってて、中心に一本、蜜漬の牛蒡。
しかし、誰がお菓子に牛蒡を蜜漬けにして入れることなんか
考え出したんだろうね。

c0054904_1318488.jpg

「人の脚を蜜漬牛蒡呼ばわりしているのは誰だ;」
そこまで言ってませんってw
それにしても姉さん、あまり嫌がらずに着てくれてますね。
「うーん、恐れていたよりイカれてなかったんで安心した。」
そうなのよねえ(溜息)。
「なぜそこで溜息をつく!」
…ねえ、レースと同じフューシャの網タイツかなんか履いて、
同じ色のガーターベルトで吊ったらもう少し良くなると思うのよ。
あるかどうかわからないけど、もし見つかったら履いてくれる?
「やだ。」

c0054904_13191767.jpg

同じデザインで、スカート部分のレースが違うもの。
すずさんに着てもらった。史さんのは化繊のプリーツレースだけど
すずのは薄ピンクの綿レース(あらかじめギャザーが寄ってるもの)。
可憐というか清純というか…完全にロリですね。可愛いけど色気なし。
スレンダーな史さんを軽々と下回る(笑)胸の薄さと肩幅の狭さ。
同サイズで作っているのに、すずが着ると蝶結びのリボンが余る(笑)。

☆ストレッチレース使用のベビードールの縫い方

3cm幅くらいのストレッチレースを10~11cmに切る。
(バストサイズによって多少加減する。史さんは10cmにした)

ナイロンシャーを縦5~7cm、横18cmに切る。

好みのギャザーレースかプリーツレースを18cm幅に切って
一本をナイロンシャーの裾につけ、その上にも好みの段数つける。
(フリルの段数は、使うレースの幅によって加減する。今回は
5cm弱の広幅レースだったため、二段にした)

ナイロンシャーの上端3~4mmのところをぐし縫いして、
ストレッチレースと同幅になるまで縮める。
その縫い目を隠すようにストレッチレースを5mm重ね、待ち針をして
ストレッチレースを身頃に細かくまつりつける。
(ミシンが使えれば、ニット糸と針を使って上から叩いてもいい。
今回ミシンが薄地布を拒否したため、全部手で縫った)

中表に二つ折りにして、後ろ中心を裾から3cmほど縫う。
縫い代は5mmくらい。縫い止まりから上は着せる時のあきになる。
あきの部分の縫い代を出来上がり線どおりに折り返して、細かく縫う。
(ストレッチレース部分には、細く切ったナイロンシャーか接着テープを
見返しがわりに挟んで補強しつつ縫う)

着せ付けてみて加減を見ながら、後ろ中心にスナップを1~2個つける。
前から見て、肩紐の付け位置を決める。
3mm幅のサテンリボンを縫い付ける。長さは好みで決める。

肩紐は両脇前後につけてそれぞれ肩の上で結ぶようにしてもいいし、
前脇にだけつけてホルターネックにしてもいい。
適当に肩や首で交差させて、好きなところでリボン結びすれば完成。

史さんバージョンは、前両脇にだけリボン。前で交差させて背中に回し
背中で下向きに交差させて脇を通してまた前に持ってきて、
アンダーバストで蝶結びにした。

予想外に可愛くできてしまったので、萌え萌えで沢山写真を撮った。
後でまた載せるかも、写真。

c0054904_13545338.jpg

そのうちの一枚。微妙にサービスショット。
どこが、ってリボンの結び目が微妙に緩んでるとこ。
もっと明確にほどいてる写真とかあるんですけどねww

とりあえず一旦送信しよう。
色違い、デザイン違いでもっと縫いたいな、これ(多分縫うと思う)。
プリーツレースはヒットだった。白のプリーツも買えばよかった。
[PR]
by ura_hoshimi | 2005-11-13 13:59 | お針当番記す

お針当番の裏写真館

【お針当番記す】

うちの「娘たち」用に週末作っていたものをお披露目・その2。
その1の「靴下編」は、お針カゴにアップしたけど、
その2はこっちの方がいいかと思って。お○んつ編である。

c0054904_0371498.jpg

「お姉様、お針がお○んつも縫ってくれました。」
「やっと縫ってくれたんだ。よかったな。」
「そうですねお姉様。」
「今まで二人とも服の下が叶姉妹状態だったもんな。」
「着物の下はそれでいいんだとか言い張ってましたし…。」

c0054904_041569.jpg

「グリーンは、お姉様の♪」
「見せなくていいから(汗)。で、何枚あるんだ?」
「色が6色あって…1,2,3…全部で17枚です。」
「17!?お針、○んつ屋でも始める気か?
ホントに加減ってものを知らないヤツだな…orz」

c0054904_0463511.jpg

「あ、でもこれはいいな、黒レースの♪」
「オトナ~ww」
「あと何色がある?白、薄紫、モスグリーン、焦げ茶…」

c0054904_048982.jpg

「…お針…この色は何。」

その色?フューシャだよ史さん。

「色の名前じゃなくて、これ、誰が履くんだ…?」

うちには娘は二人きりですが?

c0054904_051111.jpg

「このイカれた色のを履けと?」

いいじゃん、せくすぃーで意外と似合うかもよ。肌色も綺麗に見えるし。

「やだ。絶対履かない(ポイ)。」

あ、ポイしちゃ駄目ポイしちゃ。ほらちょっと、履いてごらんって…

「やだと言ってるのに。うわお前なにをするやめr…!」

あqswでfrtgふじこ;p:@

(さて、ここから結末が分岐します。第一の結末はこちら。)

c0054904_0593987.jpg

第一の結末。
「お針、覚えてろよ(←結局履かされた)」

c0054904_111349.jpg

考えてもうひとつ作った結末。
「お姉様、強~い。」
「まったく、なに考えてるんだか(-_-メ)」
「お針~、マ○ロンあるよ。つける?」

番外・妄想編

無理矢理履かせるの履かせないの、で途中色んなポーズを試してみた写真。
ボディの都合上、横座りとかできなくてなかなかポーズが決まらなかった。

c0054904_134119.jpg

横座りというか、ほとんど寝転がってます(汗)。
史さん、ぴ~んち(でも画像ボケボケ)。

c0054904_165820.jpg

姉さん、足!足!!
う~ん、ちょうどよい具合に裾を乱れさせるのって難しい(^^;)☆\(--;)。
足首がちらっと見えるくらいでよかったんだけどな。木綿だから固いのか。

しかし、こんな体勢で髪とか裾とかみだれてる時でさえ…

c0054904_184435.jpg

やっぱり史さんは美人なのだった。
うひ、乱れ髪もよいなww
[PR]
by ura_hoshimi | 2005-11-10 01:11 | お針当番記す

針バカ日誌

お針当番はこの週末お山に籠って修行をしていた。
もちろん実際に籠っていたのは、いつもの自分の部屋だけど
部屋の散らかり具合からすれば「魔の山」ではある。

とにかく週末ずっと籠ってお針の修行をしていたのだ。
今回は、「伸縮素材をミシン縫いすることに慣れる修行」。
買い置いてあったストレッチレースやら綿スムースやらを
ひたすら切って印をつけて縫って切って縫って切って、
人形用のアンダーウェアを山ほどこしらえた。
ストレッチレースでボーイズレングスのショーツを。
綿スムースで色んな長さの靴下を。

ニット地で仕立てられた服のことをcut & sewn と言うけど、
作業の順番としてはsewn & cut の方が何かとやりやすい。
布を切らずに二つ折りにして、型紙を置いて縫い線をしるし、
ミシンで縫ってから縫い代を切りそろえる。

土曜日の成果。3cm幅のストレッチレースで作ったショーツ17枚。
白が4枚、薄紫が4枚、モスグリーンが3枚。黒と焦茶と
それからフューシャが2枚ずつで合わせて6枚。縫ったわ~。
うちには娘が二人しかいないのに(笑)。

日曜日の成果。
白無地の綿スムースで、足袋代わりのくるぶし丈ソックス5足。
そのうち1足は片方がすごく小さく仕上がって、失敗。
だから正味は4足。膝までのハイソックス2足。
ふくらはぎの中央くらいまでの長さのソックス2足。
それより更に短いけど、くるぶし丈よりは長いソックス2足。
オーバーニーレングス2足。足の付け根まで覆う超ロング丈2足。

6タイプの靴下を、合わせて14足。
買い置きの白い綿スムース30cm分を全部使い切って、満足。

更に、ごく淡いシェルピンクと白の5mm幅ボーダーのスムースで、
ハイソックス3足、オーバーニーレングス2足、超ロング丈2足、
ふくらはぎの中央くらいまでの丈1足、合計8足を縫った。
白靴下と足すと、22足…うちには娘がふた(以下ry)

実は、まだ靴下用の綿スムースが沢山あるのだ。
黒靴下も縫いたいし、紺のも茶のも欲しいと思って買ってある。
さらにボーダーのは、ピンク以外に紺白と黒白のがあるのだ。
靴下ばっかり縫いたいわけじゃなくて、Tシャツとかも縫いたいのだが
今のニット縫いの腕では靴下が精一杯というところ。

なぜ、突然とりつかれたようにニット縫いの練習をしているかというと
一目見て「この布であれを縫いたい!」と思って買ってしまって、
完成図を思うだけでうっとりしてしまう布があるのだけど、
それが伸縮素材で、しかも縫うのに気を使いそうな特殊生地なのだ。
気に入っている布だし、本番で失敗したら嫌なので
伸縮素材をミシンで縫うことに慣れようとひたすら練習、である。

愛機にレジロン糸とニット用ミシン針をセットして、ひたすら縫い縫い。
更に、お針当番の「あの布で、あれを」を実現させるには、
作りたいデザインを一度プレーンな布で試作してみる必要もある。
課題は山積なのであった。

今夜はとりあえず、完成したショーツと靴下を使って
人形コントを撮っていた。靴下編を取り終えて、お○んつ編に
取り掛かろうとしたところ、デジカメの電池がなくなってしまった。
画像は後日。ただいま電池の充電中。
[PR]
by ura_hoshimi | 2005-11-08 00:19 | お針当番記す
ムキーとなってフテ寝したあの日から、ほぼ一週間。
宿主どのは夜の東京湾でお船に揺られていた。
11月の新月の夜に「忘年会」だなんて一足どころじゃない早さで
いっそオツだというものだ。

その前日。忘年会幹事の女性社員から、
表当番が星見情報の問い合わせを受けていた。
「船から新月が見えるか」と聞かれたので、
新月の夜には月が見えないと説明した。
その代わり、月が出ないので大接近中の火星が綺麗だと。
運がよければ日没直後に宵の明星も見られるかもしれない。

しかし埠頭に着いてみてあちゃあと思った。
海の向こうに昇ってきたばかりの火星は見える。
ということは、あっちが東か。くるり振り向くと、空をさえぎるビル群。
あちゃあ、これじゃあ金星はビルの陰で見えないわ。

乗船を待つ間、退屈なので空を眺めていたら
何を見ているのだと訊かれた。
「火星を見ているのだ。大接近中でとても明るいから」と答えた。
火星が大接近しているのはその人も知っていて、
あれが火星なのか、初めて見たと言っていた。

夜の東京湾はあちこちライトアップされていて
その反射光で空が明るいこと明るいこと。
折角の火星の赤みもかき消され、サイズも小さく見える。

我ら裏チームの巣は、東京から電車で一時間十分くらい北上した
I県にあるが、火星は東京の倍くらいに見えるぞ。
キンモクセイ色の金平糖みたいな、裏テント上空の火星に比べると
東京湾で見た火星は黄色白くてゴマ粒みたいに見えた。

まあ、そんな火星に注目しているのは表当番くらいのものだ。
一旦お酒が入ってしまうと、レインボーブリッジもお台場の観覧車も、
ネズミの国の花火にさえも注意を向けない酒飲み揃いであるから、
火星なんぞに目を向ける者がいるわけもない。

地上にある星を誰も覚えていない 人は空ばかり見てる

…なんていうのはまだロマンティックな方だというのだ。
星空なんてアナタ みかの原 わきて流るる いづみ川
いつ見きとてか 恋しかるらむってなもんだ。

ポタの第一巻に出てくるケンタウロス、ロナンを思い出した。

夜の禁じられた森で、ハグリッドがロナンに訊ねる。
「最近、なにか普段と違うものを見たりしなかったか」
ロナンは「火星がとても赤い。いつになく赤い」と答える。
ハグリッドが困りきって、言う。
「いや、おれが訊いてるのはもちっと地面に近い方でのことなんだが」

表当番がうっかりオモテの稼業の場に出てくると、
その場の他の人間とはマグルとケンタウロスの会話みたいになる。
まあ、表当番モードでないときの宿主どのも相当にケンタウロスだが。
しかも射手座生まれっていうのは出来過ぎだ。

さらに前の職場の飲み会で、宿主どのはある女子から
一発で血液型を当てられた。「B型でしょう?」
そんなにマイペースだと言いたいのか。悪かったねB型で。
当てやすいんだよねB型。遊牧民に多いんだってねB型。
モンゴル高原の騎馬民族とかさ。はっ!騎馬!?
やっぱり馬か。馬なのか。

宿主どのは、お酒は飲めるけどそんなに強くない。
「忘年会」の食事は一応フレンチでコース料理だったんだけど
乾杯のお酒がシャンパンで、美味しかったので二杯目を貰ったら
それだけでかなりいい気分になってしまった。
食事に合わせて赤と白がそれぞれ注がれたんだけど、
そっちは痛恨の思いであきらめた。

あんなに早く酔ったのは船の振動のせいだと思う。
陸ではワイングラスに五杯目くらいまでは平気だもの。

火星が綺麗に見えるI県の草深き里に戻ったのは深夜。
足もとが危なかったので家から迎えに来てもらった。
迎えの車の中で「ラジオ深夜便」がかかっていた。
「ラジオ深夜便」などこんなときじゃなきゃ滅多に聴かない。
その夜のメインの話題は、既に終わってしまっているようだった。

「次回の特集は千葉県の里山についてです。里山に関する
思い出のエピソードや、里山にちなんだ曲のリクエストを
お待ちしております」と言っている。
里山に思い出のある人というのは、それは沢山いるだろう。
でも、里山にちなんだ曲をリクエストして下さいっていうのは
なんなんだろう?

「里山」にちなんだ曲ってリクエストするほど沢山ある?
歌当番に訊いてみても
「兎追~いし~か~の~山~♪ってやつ?」
としか言わなかったぞ。

実は聞き間違いで、次回の特集は里山じゃないのかも。
でもそれじゃ、「千葉県の里山」と聞き間違えそうな言葉って何?

「それでは最後に」、とラジオの声は続けた。
「明日の各地の日の出時間です。札幌…」
明日の各地の日の出時間?「ラジオ深夜便」では
そんなことも言うのか!!初めて知ったぞ。

ラジオの声は、札幌から那覇まで、北から南津々浦々の
日の出の時間を冷静沈着に読み上げて行った。
なんだか、楽しいじゃないか。ちょっとした「朝のリレー」予報だ。
お正月の初日の出じゃあるまいし、ごく普通の日に
毎晩毎晩、放送の締めくくりに日の出の時刻を知らせているのか!

宇宙的な雰囲気で、なんだかとってもいいじゃないか。
つい最近読み返したばかりの森茉莉『父の帽子』
(講談社文芸文庫)に収録されていた小文、
「父鴎外の思い出 ―父の三十三回忌に― 」の末尾を連想した。
ここの部分だ。

「私がいつも休む喫茶店ミネルヴァで、この文章を書き終わった時、
ラジオの中から清潔な子供の声があらゆる星の名を、
可哀らしい誇りと、可哀らしい緊張とをもって正確に、数え上げた。
その声は星を調べるのが好きだった父の記憶にふと縛がり(つながり)、
私の胸はその時平和で、幸福で、あった。」

この箇所、大好きなんだ。
清潔な子供の声があらゆる星の名を正確に数え上げるって、
一体どの局が流したどういう番組だったのか。
現実とは思えないくらい美しい場面だと思う。
ほんとうにそんな番組があったのだろうか。
ラジオドラマの一場面だったのだろうか。

森茉莉さんは、いつそのラジオを聴いたのだろうか。
それはほんとうに、父鴎外の三十三回忌についての小文を
書き終えた時のことだったんだろうか。
もし、実は別の時に聴いたものであって、文章の終わりを
美しくするためにそこに持ってきたものだとしても
綺麗だからいいじゃん、許す、と裏当番はえらそうに、思う。
その子供の声を聴いたとき、森茉莉さんがパッパ鴎外を
思い出したのは、多分本当だろうと思うし。

しかし、どんな星をどんな順番で読み上げたんだろうね。
惑星だったのか、それとも恒星だったのか。西洋星座の名か、
それともすばるやひしゃく星、つづみ星のような和の星の名か。
(つづみ星はオリオンの、ひしゃく星は北斗七星のこと)

あかいめだまのさそり ひろげたわしのつばさ

私は、恒星の名を西洋名で読み上げたのだと想像するのが
一番好みに合っているのでそのように思うことにしている。
水金地火木土天海冥と唱えるよりは、
シリウス・リゲル・アルデバランの方が、いい。

シリウス、リゲル、アルデバラン。
スピカ、レグルス、アンタレス。
ヴェガ・アルタイル・アルビレオ。

帰ってくるまで眠かったのだけど、
シャワーを浴びて化粧を落としたら眼が冴えてしまった。
帰り道でふと欲しくなって買ってきた『シンデレラ』のDVDをかけて
BGMがわりに見ながら夜が明けるまで縫い物をした。

シンデレラのオプションで付いていた画像がとてもよかったんだけど
その話は次回書くことにして、寝よう。メイキングがとてもよかったので
買った価値あったなと思った。ディズニーのアニメは、
昔のの方が好き。ウォルト・ディズニーが生きてた頃の。
いやこの話も次回に書こう。

ところで宿主どのはウォルト・ディズニーと同じ12月5日生まれなのだ。
他に同じ日生まれなのは群ようこと観月ありさ。
なんなんだこの取り合わせwww

以前、太陽サインと月サインの組み合わせが
自分と同じだという有名人を探してみたことがある。
宿主どのは太陽が射手座で月が乙女座。ちょっとひねた取り合わせ。
ルーシィ・モード・モンゴメリと、椎名林檎と、画家のレメディオス・バロ。
この三人が、太陽射手座の月乙女座だった。

椎名林檎のことはよく知らない裏当番であるが、
(いま「しいなりんご」を変換したら「恣意な林檎」と出たぞ)
レメディオス・バロはとても好きな画家なので凄く嬉しかった。
展覧会のカタログをずっと大事に持っている。
また日本で展覧会しないかな、バロ。さ、いい加減寝よ。
[PR]
by ura_hoshimi | 2005-11-04 01:38 | 裏当番記す