某所で新月予報を出している「星見当番」の裏日記。裏当番&裏テントチームが執筆を担当


by ura_hoshimi

<   2005年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

新たなるループ歌

久々登場の歌当番(表テントでは音楽の小人)である。

歌当番お気に入りのループ歌(といっても色々ある)は
最近だと何と言っても「マイヤヒー」♪
FLASHも色んなバージョンがあって、楽しい(^^)。

元祖空耳FLASHが一番好きだけど、次に好きなのがこれ。

マイヤハッハー

踊るショボーン(´・ω・`)とジエン(・∀・)が可愛くてしかたない。
これの作者の人が描くショボはホントにかわいい。
お気に入りに登録して、2日にいっぺんくらいブログをチェックしている。

で、昨日その人のブログに行ったらね。
こんなFLASHを紹介していた(海外の作品。音あり)。

badgers(アナグマ、の意)

こぉれが、もう。中毒性高すぎ。歌当番、一発感染(笑)。

「ばっじゃ・ばっじゃ・ばっじゃ・ばっじゃ♪
ばっじゃ・ばっじゃ・ばっじゃ・ばっじゃ♪
まっ~しゅる~む・まっ~しゅる~む♪」

メロディとも言えないような単純な抑揚でずっとこう歌ってる。
言葉に合わせてアナグマ(バッジャー)が両腕をわきわきさせて
踊る踊る踊る。どんどん数が増えていく。アナグマ踊る踊る踊る。
「マッシュルームマッシュルーム」のところはホントにキノコが登場。
ただそれだけ。延々と続く。単純だけど、とても可笑しい。

これ、英国サッカーバージョンもある。

「ふってぃ・ふってぃ(footy=footballの意)…
 い~んぐらんど・い~んぐらんど…ごぉぉぉ~る!
 いっつぁごぉぉ~~る!いんぐらんどすこぁず!
 いんぐらんど・いんぐらんど…ふってぃ・ふってぃ…♪」

ずっと見てるとアナグマがゴールを決めるたびに点が増えてくのだ。
おバカだ…おバカだけど…かわいい…超可笑しい。

さらに。クリスマスバージョンもあり。

「さんた・さんた・さんた・さんた…
ぷれ~ぜんと・ぷれ~ぜんと
は~っれ~る~や~♪じーざす・くら~いすと!
じ~ざす・くら~いすと!さんた・さんた・さんた…」

もう…脱帽(T-T)☆
自分ひとりで感染してるのも癪なので、
更なる感染者が現れることを祈ってここに貼っておく。
[PR]
by ura_hoshimi | 2005-06-23 00:32 | 歌当番記す

Xデー到来

お庭番報告。

嬉しいお知らせと悲しいお知らせがありまする。
先に悲しいお知らせから。

ハーブ屋さんから取り寄せたホワイトセージの苗、
水のやり方がわるかったせいでとうとう枯れてしまいました。
セージの中でも非常に乾燥を好む種類だったようで
葉っぱにちょっと水がかかるたびに茶色く変色しては落ち、
最初のうちは葉の落ちた跡から新しい芽も出てきたのですが
それがまた落ち(汗)。幹だけを残してハゲセージになってしまいますた。

まずいなあ、これ、根元に水晶クラスターを置いてやったら
もしかして復活するかしら。と思って何の気なしに幹を引っ張ったら。
ざざ。うわっ!根っこが抜けた(驚愕)。ダメだ、これ完全に逝ってる。

根っこに土を抱える力がない=完全枯死。
ほぼ室内育成という環境(週末だけ外に出してやれる)は
ホワイトセージには向かなかったか。

仕方ない。ともかくナマホワイトセージを見るという目的は達した。
自前で育成した葉を収穫するという目的は達成できなかったけど。
はるばるやってきてくれたホワイトセージ君、今までありがとう。
無謀な環境で育ててしまってごめんな。

嬉しいお知らせの方。プリンセス・ドゥ・モナコがとうとう咲いた。

c0054904_21233534.jpg

6月12日、日曜日の昼間に撮影した蕾(屋外)。まだ固くて緑と白。
(なぜビーズの指輪が一緒に写っているかというと、ちょうど裏当番が
いただきもののこの指輪を蕾にのっけて撮影しようとしていたから)

c0054904_21243799.jpg

6月13日、月曜日の20時30分頃撮影した蕾(室内)。
朝は現れていなかったピンクが、帰宅したらにじみだしていた。

c0054904_2127445.jpg

6月14日、火曜日21時ごろ撮影(室内)。蕾が開いた(≧▽≦)。
鼻をうんと近づけると、かすかに香る。もっと開いたら香りも強くなるだろう。

まだ、たったひとつしか咲いていない花だけど、
新しい枝になりそうな元気な新芽が続々出ているので
きっとその中から第二の蕾が出てくれると思う。

よくここまで育ってくれた、プリンセス(T▽T)。
お庭番、感涙でござる。
[PR]
by ura_hoshimi | 2005-06-14 21:29 | お庭番記す

ダイヤ氷

月曜の朝。職場に向かうバスの窓から、古い看板を見かけた。
「ダイヤアイス 年中あり」なに、ダイヤアイス!?
森茉莉好きの宿主どのと裏当番、思わず身を乗り出した。
「氷」で「ダイヤ」といえば森茉莉の小説『貧乏サヴァラン』。

「 マリアは貧乏な、ブリア・サヴァランである。
  マリアは今日も怒っていた。マリアの怒りの原因はマリアが、自分の味覚や視覚、触覚、気分、それらのすべてにおいて鋭くて、食いしん坊の方面は、ブリア・サヴァランに匹敵すると、信じていて、それらのすべてを満足させなくては寸刻もいられないのに、それを満足させることに、筆舌につくせない努力を要するということに発している。マリアはその努力だらけの生活を、否応なしにさせられているのである。今日の怒りは淡島の家から下北沢の食料品買出しの帰り、建具屋のところまできて、氷を忘れたことに気がついたからだ。

一つの文が激しく長いのが森茉莉の特徴である(笑)。

その、マリア(=森茉莉)が「買い忘れた氷」というのが「ダイヤ氷」。
『貧乏サヴァラン』によれば

「さて買い忘れた氷というのは、ダイヤ氷と称する、大きな角砂糖位に切った、ポリエチレンの袋入りで一袋二十円のもので、電気冷蔵庫の氷よりも形もいいし、味も昔からの氷の味なのである」

…なんだそうである。マリア(森茉莉)は電気冷蔵庫が嫌いで、
好きなトマトやレタスや胡瓜を冷やすのは氷入りのジャアを使っていた。
そして、夜中のご執筆中に冷紅茶を召し上がるため、
夏場はなんとしてでもダイヤ氷が必要であったのだ。

マリアは超がつく怠け者(失礼)のうえにお嬢様育ちで力というものがない。
重い食料品を持っての帰り道、氷のために店に引き返さなきゃならんとは!
しかも近所の馬込屋が秋になって(推定)早々とダイヤ氷を扱うのをやめたので
まだ氷を売っている別の遠い店に行かなきゃならないのも癪だとまた怒る。
しかし、ダイヤ氷がないと夜も明けないので買いに行く。
まったく筆舌に尽くしがたい苦労である(マリアとしては)。

その「ダイヤ氷」の看板がある!しかも「年中あり」だって?
ちなみに場所は東浅草のあたりである。まだあったんだ「ダイヤ氷」。

バッグの中にデジカメが入っていたことに感謝しながら、
仕事帰りに寄り道して看板を撮ってきた。その写真がこれ。

c0054904_063423.jpg


車が来ないのをいいことに車道側にしゃがみこんで撮影していたら
お店の奥さん(結構なお年)に思いっきり怪しまれてしまった(汗)。
裏当番、毒を食らわば皿までと(用法が間違ってる気も)奥さんに聞いてみた。
「このダイヤ氷って、いまでもお店で扱ってるんですか?」

…扱ってる、そうである。
アイスクリームのケース半分に、まだ塊のままのダイヤ氷が入っていた。
「大きな角砂糖くらいに切った」のがあれば買いたかったんだけど。
リプトン・ティー・バッグ二つとダイヤ氷で、森茉莉式冷紅茶を作りたいなあと
思いながらケースを覗きこんでいたら、奥さんに訊かれた。

「もしかして古い看板が好きなの?」

いや、これが「ダイヤ氷」の看板であることが重要で。
裏当番、必死に説明を試みる。

「あの、私の好きな小説家がいまして、もう亡くなったんですけど
その人がダイヤ氷が好きでそれを小説にも書いてまして…
昔の話なので、まだ売ってるとは思わなかったんです。
朝看板を見かけまして、それで…」

とりあえず不審者ではないことはわかってもらえた(笑)。
写真はどうするのだ、と訊くので、
「同じ小説家を好きな人がいるので、見せようと思うんです」と答えておいた。
ネット上で、だけど(笑)。

森茉莉好きにしかグッとこない写真であるが、ここに貼っておく。
[PR]
by ura_hoshimi | 2005-06-09 00:43 | 裏当番記す

鳥はむー

食事当番である。本日は「鳥はむ」の話。

「鳥はむ」とは、鳥肉で作ったハムのような食品である…文字通り。
どういう経緯でこのレシピに辿り着いたか覚えていないのだが、
まったく別のレシピを探してネット徘徊をしていた時に見つけた。
現在、食事当番はこの「鳥はむ」作りにハマっている。

材料と作り方は以下のとおり。

鳥むね肉…好きな枚数(食事当番は大体一回に二枚使う)
はちみつ…鳥むね肉一枚につき、大匙一ずつくらい
塩…多めに必要。できれば精製塩ではないおいしいお塩がいい。
胡椒…粒胡椒をミルで挽いて使う
あればハーブ…ドライでもフレッシュでもいい。細かく刻む

用具として、ジップロックと凧糸と直径20cmくらいの鍋が必要。

まずはお肉の「下味つけ」から。

鳥むね肉にはちみつをまぶして丁寧に揉みこむ。
糖分の効果でお肉がやわらかくなるのだ。砂糖で代用してもいい。
皮は取ってもいいし取らなくてもいい。食事当番は取らない。

肉とはちみつが馴染んだ感じになったら(はちみつのべとべと感が消えたら)
今度は塩をまぶす。塩の量はかなり多めに。じゃりじゃり言うくらいの量を
まぶしつけてよく揉む。それから胡椒をミルで挽いてたっぷりまぶす。
そこに、あれば好みの香りのハーブを細かく刻んで加える。
食事当番のお薦めはセージ。ローズマリーやパセリもいける。
塩胡椒があれば、ハーブはなくてもかまわない。

あ、手が汚れたり、生肉に触るのに抵抗があったりする場合は
この作業は全部ビニール袋の中で行ってもいい。
食事当番は全然抵抗がないので(笑)素手でやってるけど。

下味をつけたお肉をジップロックに入れる。
お肉が空気に触れないよう、なるべく空気を抜くようにして閉じる。
これを冷蔵庫に入れて二昼夜放置プレイ。
浸透圧で、お肉から水分が出て身が締まってくる。

三日目、寝かせたお肉を冷蔵庫から取り出す。
お肉は結構固めになってる筈。鼻の頭くらいの固さかな。
もし普通のお肉みたいにぶよぶよしてたら、塩を足して
もう一晩くらい寝かせた方がいい。

充分水分が出て固くなっていたら、流水でざっと洗って
余分なハーブや胡椒の粒を取り除く。
そして1.5%くらいの薄い塩水を張ったボウルにお肉を投入し、
一時間くらい放置して塩抜きをする。
ここで真水ではなく薄い塩水を使って塩抜きをするのは
肉のうまみは逃さず塩だけを適度に抜くため。

直径20cmくらいの鍋にお湯を沸かす。
塩抜きした鳥肉は、平たいままでもOKだけど
ハムっぽい外見を追求するならくるくる巻いて凧糸などでくくる。
(焼豚用としてお肉売り場で凧糸を売っている)
「巻いて・くくる」場合はペーパータオルなどで水分をよく取ってから。
お湯がぼこぼこ沸いたら、お肉を投入。一旦沸騰が静まると思うが
再びお湯が沸いてきたらすぐに鍋を火から下ろす。

そのまま鍋にフタをして、お湯がすっかり冷めるまで置いておく。
お湯が冷めたらお肉が液体に浸かった状態のまま別容器に移し
冷蔵庫に入れる。八時間くらいそのまま漬け込んでおく。
(茹でたてはまだお肉がしょっぱい。漬けているうちに更に塩分が抜ける)

火を止めてから8時間経ったら「鳥はむ」のできあがり。
適当に切って、普通のハムと同様に食べる。
これが、食事当番が作った「鳥はむ」の画像。作るのはこれで4度目。
月曜日に仕込んで水曜日の夜に茹でて、木曜の夜にスライスして撮影。

c0054904_2353539.jpg


普通の「茹で鶏」「蒸し鶏」と違ってぷりぷりしっとりの食感。
すっかり火が通っているのに、スライスした切り口はほんのりピンク。
鶏肉のくさみも抜けて、美味。しかも、鳥肉を茹でて漬け込んだ汁には
おいしいダシが出ていてスープとして使える。カレーに使うと絶品。
うどんのおつゆとして使ってもいい感じ。普通に野菜スープにしてもいい。
またこのスープで卵粥を作って鳥はむを乗せて食べるのが美味いんだな。

これ、実は2ちゃん出身のレシピなんである。
まとめサイトもある。鳥はむの館である。
余談だが、それぞれ全く別ルートから見つけた二つのスレッド
「オカンアートスレ」と「鳥はむスレ」は宿主どのの2ちゃん観を変えた(笑)。
今やオカンアートスレはお針当番のお気に入り、食事当番は「鳥はむ」と
「母の作る衝撃的な料理」というスレッドが大好きである。

「鳥はむ」は仕込んでから食べられるようになるまでに三日かかるけど
出来上がってから保存に気をつければ割と日持ちする。
スープに漬けて冷蔵保存というのを守れば大体三日は平気。
三日以上はどうなるかわからない。大体四日目には食べきってるから(笑)。

鳥はむは生野菜サラダに入れてもおいしいし、
賽の目に切ってポテトサラダやマカロニサラダに入れても美味。
食事当番特製ポテトサラダは、もともとハムの代わりに蒸し鶏を入れ、
黄身が少しねっとりするくらいに上手に茹でた卵(乱切り)と
スライスして塩で揉んだ胡瓜と玉葱が入っているんだが
この蒸し鶏を鳥はむにチェンジすると危険なくらい美味である。
無論、普通にスライスしてマヨネーズなどつけて食べてもいい。
お酒のつまみにもなる。

お弁当にも便利だ。薄く切ってサンドイッチにする。
パンは食パンよりもベーグルやバゲット、パン・ド・カンパーニュなど
噛み応えのあるものの方が似合う気がする。好き好きだけど。
レタス、胡瓜を一緒に挟んで、マヨネーズを塗る。

鳥肉が苦手な場合は、豚の塊肉でも同様にできる。
いわゆる「塩豚」である。こっちはまだ試したことがない。

明日のお弁当はゆかりごはんのおむすび、ゆで卵、
トマトのスライス、きゅうり、レタスと鳥はむのサラダ。
夕ご飯は鳥はむスープを使って中華粥で決まり。
仕事帰りにベーグルを買って帰って、
土曜日は鳥はむのベーグルサンドを作ろう。
[PR]
by ura_hoshimi | 2005-06-03 00:16 | 食事当番記す