某所で新月予報を出している「星見当番」の裏日記。裏当番&裏テントチームが執筆を担当


by ura_hoshimi

リトファ横浜へ行ってきた(前篇)

【お針当番記す】

仕事のごたごたプラスアルファで、気の重い一週間だった。
ストレス解消、買い物するぞとばかりリトファ横浜へ。

同じ電車に乗るのでも、職場に行くんじゃないとなれば
若干気がラク。しかしホームに入ってくる電車を見てると
まだ危険な気分になるので、なるべく電車が来る方向を
見ないようにした(しかしなぜか目が行っちゃうんだよな)。

横浜は、もう桜が満開みたいだった。南国だのう。
同じ関東でも裏テント地方はまだ三分咲きだぞ。

さて、気合を入れて行ったのだが、自ら毛を抜いてまで
準備していたリメイク用の人形を忘れる(駄目じゃん)。
仕方がないのでお買い物だけする。

リトファ以外での今回のお目当ては「ベーシック」ラインのお洋服。
欲しかった白いブラウスから売れてってるよー(会場に着いたのは
スタートから40分後くらい)。

それでも、カーキのプリーツスカート一枚とフレアースカート(黒と白両方)、
台つきフリル襟ブラウス(黒と白両方)を確保。プリーツスカートは
黒も欲しかったけど売り切れ。フラットカラーブラウスも売り切れ。
次の機会を待つことにしよう。

あとはアリエルリカちゃんのために22cm用のドレスを三着買う。
お人形教室に並んでいるような簡単なタイプのだけど、
なかなか可愛らしいのがあったのだ。

木綿地で、ピーチピンクと白の水玉模様のサンドレス。
身頃が白のサテンで、スカートが淡いレモン色のレース重ねの
清楚なパフスリーブドレス(襟元にスカートと同色のお花つき)。
ピンクサテン地で、襟と裾に白いレースつきのロングドレス。
(同じピンクのサテンリボンの飾りが襟元にひとつ、
スカートにふたつついていて、蝶結びの真ん中に
ミントグリーンの巻きバラがついている。)

カントリージェニーの金髪ソバージュがあいかわらず可愛くて
誘惑されて何度も手に取っては戻し、また手に取って戻す。
これからキサラで買いたいのがあるんだし、制服リカも買ったし、
カントリージェニーは定番だからもう少し後でも買えるだろうし。

でも、いつか買っちゃいそうな気がする。こないだヘアカット教室で
茶髪の旧ジェニーを買ったけれど、金髪ソバージュ可愛いんだもの。

今回は(今回も、か)キサラとリエがほとんどいなかった。
キサラで確認できたのはカントリーの三つ編みだけだったし、
リエは金髪縦ロールツーテールだけしか居なかった気がする。
寂しいのう、と思いながら他のフレンドドールを見て回る。
そしてうっかり姫カットアベル購入。つくづく姫カットには弱い。

c0054904_23243884.jpg

ほとんど黒に見えるが、こげ茶髪。普通の姫カットと違って
桃太郎風に真ん中が分かれた前髪なのがかわいい。
着物縫ってやらなきゃね。

買い物のあとは目の保養。
今回も過去のキャッスルドールが展示されていた。
よく見ると前回、秋葉原に来ていたドールは居ないみたいな。
もしかしてイベントによって連れてくるドールが違うのかな。

売り物のキサリエがあまりにも少なかったので、
展示キサラを撮影(リエ居なかったよ。悲しいよ)。

c0054904_2329832.jpg

茶髪ショート。横にちょっと写っているのは銀髪シオン。

c0054904_23303722.jpg

ホワイト髪ショート。他に茶髪裾ロールキサラも居た。

今回の目玉は、キャッスルの新ライン「マドモアゼル」の見本展示。
リカちゃんキャッスルオフィシャルブログによれば、このラインは

『 MADEMOISELLE 』(マドモアゼル)

ご好評を頂いておりますキャッスルカントリーとは別の、
新しいドレス・ドールの提案です。

中世ヨーロッパの淑女をモチーフとした、
新しいラインとして立ち上げて参ります。
今回は3つのお人形それぞれに違ったスタイルの
ドレスをご提案致します。


…ってことらしいんだけど。

中世ヨーロッパの淑女とな。
そりゃまたずいぶんとマニアックなチョイスだこと。

ヨーロピアンなドレスといったら、人気があるのは
やっぱり十八世紀のローブ・ア・ラ・フランセーズとか
それよりちょっと後のクリノリンスタイルとかでしょうに。
そうじゃなかったら小公女みたいなドレスとか。

中世ねえ。アーサー王とかロビンフッドとかの時代だよね。
吟遊詩人がグリーン・スリーヴズとか歌ってた頃だよね。
ロミオがバルコニーをよじ登って、ポーシャが男装してた頃だよね。
売れるのか?その時代のドレス。いや、ジュリエット風のドレスとか
レイディ・グリーンスリーヴズのドレスとかホントに出たら面白いけど。

興味深々で見に行ったところ。
グィネヴィア王妃はバッスルドレスは着ないと思うぞ。
ジュリエットは小公女ドレスは着ないと思うぞ。
結論。どう見ても十九世紀ヨーロッパです、本当に(ry

どこをどう間違ったら中世ヨーロッパになるのかなあ、これ。
横にあった説明書きにも堂々と「中世」って書いてあったけど。
でも、人形もドレスもとっても可愛かったから、いいや。
みんな、可愛い可愛いと盛んに写真を撮ってた。

『マドモアゼル』は全部で三タイプ。
ドールは18ジェニーと、マリーンと、ジュディ。
可愛かったので一体ずつ写真を撮ってきてみた。

c0054904_2352479.jpg

18ジェニー。大人っぽいマドモアゼル。
淡い金茶のサテン地メインのバッスルドレス。
鹿鳴館ごっこしたくなるようなデザインとも言える。

c0054904_23544684.jpg

18ジェニー、アップ。
なめらかに立ち上げたポンパドールが似合っていて
美人ですなあ、18ジェニー。

c0054904_23574647.jpg

マリーン。小公女風味のマドモアゼル。
淡いミルクティ色のジャカード地にピンクのサテンを合わせた
かわいいローウェストのドレス&ジャケット&帽子。

c0054904_001049.jpg

マリーン、アップ。
茶髪くるくる縦ロール、前髪ふんわりカール、緑目。

そして、最後のひとりがジュディ。
彼女を見た瞬間、お針当番心の中で絶叫。
なんなの、この可愛いお人形はー!
好み。超好み。ドレスも顔も三人の中でいちばん可愛い!
ジュディって、こんなに可愛いお人形だったんだー。
初めてジュディの愛らしさに開眼した。参った。

あんまり可愛いかったので、ジュディだけ撮影枚数が多かった。
しかし興奮していて手ブレがひどく、三分の二くらい削除した(笑)。
枚数多いので、次回に回すことにして一旦送信。
リトファ横浜レポ、後篇へ続く。
[PR]
by ura_hoshimi | 2008-03-30 00:04 | お針当番記す