某所で新月予報を出している「星見当番」の裏日記。裏当番&裏テントチームが執筆を担当


by ura_hoshimi

まだまだ続く振袖祭り

【お針当番記す】

巷じゃ成人式も過ぎたけど、
まだまだ続く裏テント振袖祭り、の前に少し別話。

2000年くらいに、清水の舞台から飛び降りるような気分で買った
リネンのフラットシーツ(無印良品のだったからリネンにしては安価だが
当時のお針当番にとってはそれでもシーツ2枚と掛け布団カバーを買うのに
さんざん逡巡した)の1枚がとうとう弱ってしまい、穴が開いた。

リネンは丈夫な繊維だから、シーツでも天地左右を逆にしながら
平均に使っていれば、たとえ毎日同じのを洗って干して使っても
10年は使える、と言われていたんだが、そこまでいかなかったな。
でもまあ8年はもったんだからいいか。

他のコットンのシーツが弱って何枚も引退していく中、
これだけが8年。しかも、同時に買ったもう一枚はまだ現役だ。
穴があいちゃった方もいい感じに柔らかくなっていて捨てがたいので
シーツとしては引退させるけど洗って切って、何かに使おう。

さて、本日の振袖娘。
CG制服たまきに着せた濃い紫の生地は、
もともとすず子に着せるつもりで買ったものだった。

c0054904_015766.jpg

なので、もちろん着せる。もちろん似合う。
彼女のために見立てた生地なので当たり前だが。

c0054904_04254.jpg

もうちょっと赤みがあった方がいいかと思って
帯揚げだけ牡丹色に変えてみた。
着付け、グダグダだけど。

c0054904_084552.jpg

帯を桜色のチャイナブロケードにチェンジ。
帯揚げは最初の画像と同じ濃紫。
もうちょっと帯揚げを上に、きつめに巻くべきだった。
帯の上端が覗いちゃってるよ(とほほ)。

c0054904_0101617.jpg

この帯と帯揚げ、色自体は振袖にもすず自身にも
合っていると思うのだけど。でも帯揚げがゆる(略)。

c0054904_0112747.jpg

帯むすびは「ふくらすずめ」。
この生地は、2006年に史子姐さんに作った
シルバーグレーの桧扇帯とまったく同じ生地。

この、桜色にバニラ色の線が出ている方が表なんだけど
裏返してみたらシルバーグレーに鉄灰色の線になって
意外とシックで水色の振袖によく合ったので、
先に銀の帯を作った。余ったのを今度は表にして
作ったのがこの帯。

c0054904_017435.jpg

振袖に仕立てる前の表地。
この、雨のように走っている点線を見て
こっちが縦だろうと思って撮影も裁断もしてしまったが、
実際の布目は点線が横になる方向が「縦」。
[PR]
by ura_hoshimi | 2008-01-16 00:37 | お針当番記す