某所で新月予報を出している「星見当番」の裏日記。裏当番&裏テントチームが執筆を担当


by ura_hoshimi

禿(かむろ)シスターズ

【お針当番記す】

今日の裏テント地方は晴れだが大風が吹いている。

ネット注文したCDが届くのを待ちながらネット中。
代引きなので家にいなくちゃならない。いつくるかな。

念願の、ソンドハイムのInto the Woods
オリジナルブロードウェイキャストのCDですよ。
昨日はMonty Python's SpamalotのCD
(もちろんこれもオリジナルブロードウェイキャスト)
が届いてホクホク。あ、Spamalotこれから聴こう。

あ、さて。
今日の画像は全然「シャッフル」じゃないんだけれど。
ずっと撮ってみたかったツーショットが撮れたので。

c0054904_13472025.jpg

姫カットつながり。人呼んで「禿(かむろ)シスターズ」。
「はげシスターズ」ではない。断じて。

厳密に言うと「禿(かぶろ・かむろ)髪」というのは
いわゆる「姫カット」のような、平安時代で言うところの
下がり端(さがりは)がついたロングヘアではなく、
肩につくくらいの長めのワンレンおかっぱであるらしい。
市松人形の典型的な髪型と言えばいいのかな。

(市松人形でも、サイドに段がついた髪型のがあるけど)

このフローラくらいの長さで段のない状態が
本来の「禿髪」なのかもしれない。

すずさんはというとあまりに後ろ髪が長すぎて、
全然「禿」ではないのだが、彼女の名前はそもそも
某長編坊主殺人事件小説に出てくる禿髪の振袖娘から
取ってきたものなので、ウチでは一応「禿要員」ということに
なっている(禿要員、というのもヘンだが)。

c0054904_13584376.jpg

すず子さんの足腰が弱っているので座らせて撮影。

フローラのボディはオビツ(たしかソフトバストのS)、
すず子のはボークスEBビューティMidi(の、貧乳の方)。

ボークスのボディは27cmのも25cmのも膝下のラインが
とても綺麗で好きなのだけど、オビツと比べると可動性が低く、
パーツが取れやすく、そのうえ下半身の関節が泣くほどゆるい。
立たせて撮影していると途中で足腰が曲がってガクンと
倒れてきて大変困る。

仕方なく、大抵は座らせて撮るのだけれど、座ったら座ったで
膝関節が90度以上には曲がらず、回転もしないので
「正座」や「横座り」ができない。この画像ではすず子さんが
正座をしているように見えるが、実際は膝立ちで撮っている。

オビツは頑丈で正座もぺちゃんこ座りもできるのだけど、
足が太い(笑)。それと首関節の動きがちょっと固い。
オビツの27cmボディは、もとリカボディだったすず子さんには
ゴツすぎて、オビツ22cmボディは肩幅・胴回りが華奢すぎる。

リカヘッドは大きく、オビツ22cmボディの首は細く、試しに買って
装着しようとしたらヘッドがズボっと肩まで沈んじゃったよ(泣)。

それはさておき、赤い揚羽蝶振袖のすず子さんと
ワインレッドの糸菊振袖のCGフローラ、
こうして並べてみるといい感じではないか。
お正月に田舎の本家に遊びに行ってみたら、
親戚の綺麗なお姉さん(都会で一人暮らし中)も
帰省してきてたみたいな感じで。

このフローラは、ほえほえしているようで意外と
年下の親戚の子の面倒はこまめに見てやるような
そんな気がする。

c0054904_14162689.jpg

お世話フローラさん。

持ってる櫛は本物のちっちゃいツゲの櫛。
ツゲ細工屋さんで買った根付だったのだけど
金具が取れちゃったもの。だから端っこに穴がある。

オビツボディの手パーツを「持ち手」に換えるということを
思いつかず、普通の手に無理矢理固定して撮影。

固定に使ったのはミネラルタック。鉱物をアクリル台や
ケースの中に固定するための、練り消しみたいな粘土。
固定に使えそうなものが手近にそれしかなかったので。

おまけ。
c0054904_1422386.jpg

裁断前の、すず子さんの振袖生地。
真っ赤ではなく、意外とピンクの部分も多いのだ。
素材は多分、レーヨン。

c0054904_14223592.jpg

こちら、糸菊模様の生地。
素材はポリエステル。
[PR]
by ura_hoshimi | 2008-01-13 14:23 | お針当番記す