某所で新月予報を出している「星見当番」の裏日記。裏当番&裏テントチームが執筆を担当


by ura_hoshimi

すず子さんの原点回帰振袖

【お針当番記す】

誰から出していくか悩み中だけど、
やはり古参のこの人は早めに出しておかないと。

c0054904_17141389.jpg

すず子さん in 赤い揚羽蝶の振袖。
記念すべき最初の自作振袖と全く同じ布。

初回の布地が余っていたわけではなく、
2年後くらいに偶然別のお店で同じのを見つけた。
しかも、最初の時はカットしてパック済の端切れだったのが
二度目は未カットの巻きで。喜んで50cm切ってもらった。

最初に作った時は端切れパックを3つか4つ買って、
面積に限りがあるから色々ぎりぎりで裁断した挙句
上前の柄がひっくり返ったりしてたなあ。
まさか同じ色柄に再会できるとは。

すず子さんを可動25cmボディに変えて唯一残念だったのが
リカサイズの赤い振袖を着せられなくなったことだったから
これが見つかってとても嬉しい。


c0054904_1724437.jpg

恒例、両袖広げ。
裏地や伊達襟は初代赤振袖と同系統ですが、
頭身が上がったので少し明度彩度を変えています。

裾回し・袖裏→初代赤振袖は山吹色、二代目は鬱金色。

伊達襟→初代赤振袖は灰青緑、二代目は鮮やかな緑みの青。

長襦袢の袖→初代は伊達襟と同じ灰青緑、二代目は絞り風の赤。

初代の帯はワインレッドに金模様のチャイナドレス地、
作りつけの帯揚げは濃い紫。二代目の帯は紫地の金襴、
帯揚げは古布の紅絹端切れから作ったもの。


c0054904_1737581.jpg

うん、やっぱり赤は似合うよ。
黒髪で、白肌で、赤振袖で、揚羽蝶で、あまりに好きすぎて
眺めているとお針当番の中で何かが壊れそうな気がする。


c0054904_17473756.jpg

帯結びは変わり文庫。「史上最大のリボン!」というのは
『Papa told me』で浴衣を着せてもらった知世ちゃんが
文庫に結んでもらった帯を見て言うせりふだけど。

揚羽蝶の着物だから、帯もチョウチョ(安易)。
ひたすらでっかく!ありえないバランスにでっかく!
いいんだ、人形なんだから誇張したって。


c0054904_1753754.jpg

すずさんは史子姐さんに恋愛な人なので。
(姐さんの方はどうなんだかわからない)
晴れ着を着たら並んで写してもらわないと気が済まない。

まあすず子さんは姐さんと並べてさえおけば
機嫌のいい顔で写ってくれる人だからありがたい。
どう撮っても誰と並べても悲しげな顔に写る誰かさんとは
大違いの扱いやすさ。

c0054904_18315280.jpg

姐さんの場合は、誰と並べても仏頂面の時もあるし
普段でもなかなか機嫌のいい顔は撮れないのだけれど…

すず子さんと並べると、大抵なぜかこういう顔になるよね。
[PR]
by ura_hoshimi | 2008-01-03 18:33 | お針当番記す