某所で新月予報を出している「星見当番」の裏日記。裏当番&裏テントチームが執筆を担当


by ura_hoshimi

ジャパニーズカントリードレス

【お針当番記す】

c0054904_14205881.jpg

一夜明けました。リトファ横浜で注文したリエ嬢です。
相変わらずロシアの毛皮帽のような分厚い前髪です。


c0054904_1422269.jpg

正面から見て眉毛が少し見えるくらいまで前髪を切りました。
ヘタレなのでこれ以上は失敗が怖くて切れません。


c0054904_14234287.jpg

とりあえず、これ着せときましょうと取り出したのは着物。
かなり前に、史子姐さん用に縫った普段着風のものです。
ジャパニーズカントリードレスだと言い張るお針当番。
普段着なので、帯も手抜きの半幅風文庫結びです。

今見ると色々まつがいやら誤魔化しやらがありありの着物ですが
色合いだけは気に入ってます。襟元と、ここでは見えないけれど
袖ふりの葡萄色はもともと史子姐さんに合うように選んだものだけど
金茶髪のリエ嬢にもこの色は似合うと思うんだ…


c0054904_14302751.jpg

あ、寒いからついでにこれも着ときなさいと
デフォルトで着てきたキャッスルのシュミーズドレスを
無理やりうわっぱり風に着せました。おお、入る入る。


c0054904_14324157.jpg

前々から、このシュミーズドレスは割烹着代わりに
着物の上から着せられるんじゃないかと睨んでいました。
腕を通すところが着物の身八ツ口風にゆったりできていて、
下にボリュームのある服を着ていても、袖が大きくても
なんとなく対応できてしまうようです。

着せるときは足元から通して、着物の袖を腕にくるくる巻いて
筒状にして袖ぐりに通しました。

袖をくるくる巻きながら、森茉莉『記憶の絵』にあった
「タブリエの筒袖の中が着物の袂でポンポンになっている妹」
を思い出してニヤニヤ笑う怪しい当番。

いつかあの筒袖ポンポンで護謨紐がツノになってる杏奴を
タイニー・ベッツィで再現してみたいというのがお針の小さな野望。

c0054904_1435067.jpg

とりあえず、帯の結び目だけ外に出してあります。
本当は後ろ中心の縫い目を下まで全部ほどいて、
端の始末をしてからリボンで結ぶように改造したいのだけど
今のところはこのままで。


c0054904_14363531.jpg

さらに、色目が合いそうだというだけの理由で、
バーバリー調のマフラーも巻かれてしまうリエ嬢。
そのまま、ちょっとお使いにでも行っておいで。


c0054904_14375844.jpg

おまけその1. 今日は一日、晴れたり曇ったり。
撮影中ずっと薄暗かったのだけど、最後にちょっとだけ
明るくなった時に撮影したのがこれ。襟元がよれてるけど。


c0054904_14391542.jpg

おまけその2.
ブラインドを上げて撮影してみた。
髪の色は、これが一番実物に近く写っていると思う。

この一枚を撮った後、急に日が翳ってしまったので
撮影中止。
[PR]
by ura_hoshimi | 2007-12-02 14:45 | お針当番記す