某所で新月予報を出している「星見当番」の裏日記。裏当番&裏テントチームが執筆を担当


by ura_hoshimi

横浜で買った服撮影会・その1

【気を取り直してお針当番記す】

今日は一日中、雨。仕方がないので白熱灯のもとで撮影を開始。
撮っているうちに夢中になってきて100枚近く撮った。
その大半はブレブレだったので捨てたけど。
これで、記事3回か4回分は写真に困らないな。

ちょこっとずつ載せていこう。
今夜はとりあえず、我が家の小美人・メイメイ in 紺のコート。
まずはコートのみで全身を(大幅にピンぼけしているが)。

c0054904_13498.jpg

長さは膝丈くらい。フランネルみたいな、ちょっと毛羽立った生地。
共布で、つばの広い帽子がついていたのだけど似合わないので割愛。
その代わり、別の日にトイザらスで買ったリカ服についていたヘアバンドを
着けてみた。幅広で、ヘアバンドというよりヘッドドレス風でちょっと可愛い。


c0054904_171581.jpg

丸いフラットカラーで、ボタンはキラキラ光るカットの入った透明樹脂。
ボタンが襟元からではなく、ちょっと下の位置からついているのは、
一番上の部分がケープで隠れてしまうからだと思う。


c0054904_181782.jpg

袖幅が狭く、セットインスリーブで肩幅もあまり広くないので
肩あたりにボリュームのある服を着ると重ね着できないと思う。
Aラインのコートなので、スカートもボリュームがない方がいいみたい。
最初はCGスカジャンサヤカの黒ワンピを着せた上からコートを着せたが
スカートがかさばりすぎて変になってしまった。それで着せたのがこれ。

たぶんボークスで買ったノースリーブの白いブラウスに、
CG女子高生・白百合もどきマリーンのプリーツスカートを拝借。
衣装は全然ちがうのだけど、なんか雰囲気がローマの休日風。
校則のきつい名門女子学校から逃げ出してきた、世間知らずの
深窓のお嬢さんみたいに見える。お嬢さん、こんな季節にその服じゃ
風邪をひきますよ。


c0054904_11562.jpg


ケープも着けてみた。リボンで結んで留めます。
このリボン、共色でもいいと思うんだけどなあ。
帽子にも、同じ白のリボンが巻いてあります。

でも、この紺地に白リボンがお嬢様学校の制服感を増幅させて
彼女にはすごく似合う感じ。たぶんだけれど、欧州のどこかの、
昔は女子修道院だったような建物を改築した、山奥にある
名門お嬢様学校(もちろん全寮制)の冬の外出着なんですよ。
毎週土曜の午後に、修道女に連れられて町に奉仕活動に行くときと、
春に一回・秋に一回「社会科見学」に行く時、それから長期休暇以外は、
校外には出ないんです。


c0054904_122829.jpg


それなのに。
このお嬢さんはどうしてこんな時期にこんな場所を
ひとりでうろついているんでしょうねえ。
クリスマス休暇には、まだまだ早いでしょうに。

何かを待っているようでもあり。誰かを探しているようでもあり。


c0054904_1242272.jpg


こまったわ。
あの人を訪ねる前にプレゼントを買おうと思っていたのに
見て回っているうちに知らない場所に来てしまった。

日も暮れてきてしまったし…。


c0054904_1264787.jpg


でも、きっと主が守ってくださいます。


おおおーい!
こんな遠くの、土地勘のない場所で迷子になっておいて、
「主が守ってくださいます」じゃないでしょが!!

余談だが、うちのメイメイさんは敬虔なカソリック(として育てられた)という
設定になっています。深窓とは聞こえがいいけれど要は人里はなれた、
伝統と格式だけは無駄にある名門女子寄宿舎で純粋培養されてきた
天然記念物…ゲフン…天使のようなお嬢さんです。

続きはまた明日。
明日はリカサイズのナース服写真の予定で、
その後はメイメイのおまけ写真の予定。
[PR]
by ura_hoshimi | 2007-11-12 01:35 | お針当番記す