某所で新月予報を出している「星見当番」の裏日記。裏当番&裏テントチームが執筆を担当


by ura_hoshimi

禁断の赤襦袢

【お針当番記す】

満ちて行く月のパワーに乗っかって 表も裏も絶好調なり。
もともと宿主の気力体力に波があるのだから、動けるときに
めいっぱい更新しておくつもり。

さて。
すず子さんが白百合乙女になっていたのと同じとき。
史子姐さんはお針当番に拝み倒されて、しかたなく
すず子さんが脱いだばかりの赤襦袢に袖をとおしていた。


c0054904_22155277.jpg


当然のことながらご機嫌ななめの姐さん。静かに怒ってます。
襦袢姿を披露することにはしぶしぶ同意してくれましたが
金魚鉢に入ることは断固拒否されました。


c0054904_2221276.jpg


全身はこんな感じ。
すず子さんは小娘なので襟をきっちり合わせましたが
姐さんは大人なので襟をうんと深くゆったりめに、
帯も下端が腰骨にかかるくらいに低く締めました。
喉から鎖骨、胸元にかけて痩せた感じがするボディなので
小悪魔金魚と言うよりは病弱な遊女みたいです。


c0054904_22235039.jpg


衣紋もぐいっと抜いてみました。
やわらかくて薄い布地なので、衣紋を抜くのも簡単でした。


c0054904_2228077.jpg


くつろぎ史子姐さん。
スリムな身体で、胸がな…小さいから着物を着せる時に
補正もほとんどいらなくて楽だと思っていたけれど
こうして薄ーいやわらかいのを一枚だけ着せて、
おはしょりもせずに帯を締めるとウエストの細さが強調されて
胸の控えめな丸み(笑)が色っぽくないかい?

史子姐さん、意外とかわいいお胸じゃないかと見直した一枚。


c0054904_22341819.jpg


谷間なんかできなくっていい、鎖骨とこの脚さえあれば。


すず子さんと同じくお着替えシーンも撮りましたが、
それを載せるのはまたの機会と言うことで。

今回、すず子さんの襦袢姿は『蜜のあはれ』の金魚娘をイメージしましたが
史子姐さんの襦袢姿は最近買った着物本、『色っぽい着物』というのを
参考にして着付けてみました。この本、お針当番的にツボな発見が色々あって
楽しめました。史子姐さん御用達本かと思いきや、実はすず子さんにも
関係のある本だったりして。この本の内容については、これまた後日。
[PR]
by ura_hoshimi | 2006-11-03 22:49 | お針当番記す