某所で新月予報を出している「星見当番」の裏日記。裏当番&裏テントチームが執筆を担当


by ura_hoshimi

赤いべべ着た 後編

引き続き、すず子さん as 金魚姫である。

(金魚姫で検索したら、着物ドールの杏Annzに、その名も「金魚姫」っていう
ギフトセットがあったのね。今年の9月末発売。赤い匹田模様の着物に
ダークカラーの禿髪―はげがみじゃない。かぶろがみ―ですず子さんと
かぶろ、じゃないかぶる。杏Annzの金魚姫はこれ。
ところで「杏」、Annzと添え書きしてあるにもかかわらず、今までずっと
「あん」って呼ぶんだと思ってたよ!「あんず」なのか…そうか…。)

帯は共布、ひとえ仕立ての兵児帯風。
金魚の尻尾に見立てて大きな大きな蝶結びにした。
赤い絞りを金魚のウロコに見立てているこの扮装だけど
考えてみたら尻尾にはウロコはなかったんだっけ(汗)。

本当は、真っ赤な無地シフォンのリボンでも買ってきて
それを帯にしたかったのだけど、手抜きで共布帯(新宿オカダヤの
リボン売り場に10cm幅くらいのシルクシフォンのリボンがある。
この扮装の帯としてうってつけの素材なんだけど、お高いのと
新宿まで行く元気がないのとで…^^;)


c0054904_22231962.jpg



この「尻尾」が金魚姿のかなめなので、気をつけてふんわりふんわり結ぶ。

「おじさま、そんなこと言いながらおリボンの『たれ』のところが
右と左で違う長さになっているわ。これじゃみっともないから、直して頂戴な」


c0054904_22331532.jpg


「あたいだちの尻尾は大切な部分なのだから、丁寧に扱って頂戴。
上の『わ』のところは垂れ下がらないようにふんわり短めにね。
下の『たれ』の部分は少し長めにして、左右をそろえるの。」

注文が多いねえ。これでどうですかね?

「おじさま、お上手よ。」

どうもありがとう。


c0054904_2236437.jpg


遊女風に、帯を前結びにしてみた。
ついでに少し襟もとをゆるめて、ちら見せを狙ったのだけど…失敗した。
下品になっちゃった…すず子さん、胸のところはだけるの、似合わないのね。
足見せまではどうにかOKだったのに(参考画像
胸をはだけるのはNGだったのね。やっぱり貧ny(^^;)☆\(--;)


c0054904_22415698.jpg


やっぱりすず子さんみたいな貧ny…いや、少女っぽい子は
いくら遊女風でも襟元はきっちりの方が似合うね。

「おじさま。あたいの帯、前結びと後ろ結びのどちらがお好き?」

より金魚らしいのは、やっぱり後ろ結びかな。
後ろ姿が可愛らしいのが、金魚のいいところだよ。

「でも、前結びだと仰向けに寝っ転がるのに便利よ。」

仰向けに寝っ転がったりしなくていいんだよ、金魚なんだから。

「おじさまのうそつき。お好きな癖に。」

…何を言うかこの金魚娘は(言わせているのは私だが)。

この後、元通り後ろ結びに直す前に
前結び帯で仰向け寝っ転がり画像を何枚も撮ったのだけど
邪念が入りすぎたせいかどれもピンボケで使えず、削除。
うつ伏せ画像はあるんだけど(笑)。後で、それ使って
『蜜のあはれ』の会話再現劇でも作ってみようと思っている。
[PR]
by ura_hoshimi | 2006-10-14 22:46 | お針当番記す