某所で新月予報を出している「星見当番」の裏日記。裏当番&裏テントチームが執筆を担当


by ura_hoshimi

もいっちょ着物双子。

【お針当番記す】

徘徊先で、キャッスル月間双子を購入した人を複数発見。
嬉しいのでうちでもまた双子たちを載せる。

c0054904_21485176.jpg

双子、着替える。

これも何年か前に縫い神降臨した時の作。
今まで縫った中でいちばん地味~な色の振袖。
帯揚の色と帯の結び方以外はぜーんぶ同じの
完全双子仕様。

帯の色が着物と合わないのは大目に見て…orz
この振袖、金色とか黒とかの帯を合わせると
ものすごーく地味になるのよ…

c0054904_21575775.jpg

こんなに娘さんらしくない色の着物(振袖なのに…)を着せられても
明るい美人に写ってくれるとは、オーナー孝行な双子であることよ。

リエ、少々多毛気味。座らせると髪が浮いてくる。
(ちゃんと整えてから撮れと…)

c0054904_2221391.jpg

バストショットで一人ずつ。まずキサラ。

きれいなお姉さんって感じのキサラだなあ。
薄紫の瞳にワインレッドのアイシャドウって、
奇抜かなと思ったのだけど、髪と眉毛の色が映って
遠目にはブラウンメイクに見えるのが不思議。

ワインカラーの服は文句なく似合うけど、茶色もピンクも、
モスグリーンも似合う。結構万能モデルなのかもしれない。

c0054904_2274782.jpg

リエ。この人もきれいなお姉さんって感じがする。
しかし、この人もまた「困ってないリエ」の系統だなあ。
頬を染めて視線をそらしてるんだけど、はにかんでるだけで
リエとして充分な程度には困ってない。

リエの困り顔っていうのは、ただ困ってるだけじゃいかんのよ。
「憂えている」とか「嫌がっている」っていう要素がないと!

(この点、非常に優秀なのが去年の11月月間リエ。
彼女は神探偵に来襲された某古本屋もかくやとばかりに
ものすごく嫌そうな表情で写真に写る特技の持ち主なのだ。
百万弗の渋面とは彼女のことである。)

しかしこのリエ、さほど困ってもいないけれど
気が強そうでもないなあ。ひたすら温和でかわいらしい。
大切に大切に育てられた、性格も特上級の
すてきなお嬢さんなんだろうなと思う。
着物もよく似合うし。ああ色々着せたい。
(新しいの、縫わなくちゃ…)
[PR]
by ura_hoshimi | 2009-11-08 22:29 | お針当番記す