某所で新月予報を出している「星見当番」の裏日記。裏当番&裏テントチームが執筆を担当


by ura_hoshimi

キャッスルフェア in 東京に行ってきた。

【お針当番記す】

11月22日、いい夫婦の日。とは無関係に。
キャッスルフェア in 東京に行ってきた。
今回は同じ関東在住の人形友shioさん(お針とは
射手座B型同盟の会員同士でもある)とのぷちオフ会プラス、
猫と人形にまみれる物欲ツアーも兼ねている。

しかしお針、朝から大ポカをやってしまう。
前回の大宮イベントが13時開始だったので、今回もてっきり
13時開始だと思っていたのだが、実際は11時開始。
朝、13時開始だからゆっくりでいいやとのたくた顔を塗っていたら
ケータイに「これから電車に乗ります。11時前くらいに着きます」
というshioさんからのメールが着信。

え?と思って開始時間を確かめたら11時から。ギャーッ!!
慌てて「時間まつがえてました。これから出るけど遅刻になります」
と返信して、バッグを引っつかんで家を飛び出す。
前日のうちに、持ち物だけは万全に準備しておいてよかったよorz

さて、今回の会場。建物は昨冬のキャッスルフェアと同じだが、
階が違う。去年は1階、今年は2階。場所がわからなくて
(看板も貼紙もなかった)しばしウロウロした挙句、
エレベーターから出てきた人(キャッスルの買物袋所持)に
何階でしたかと訊ねてやっと辿り着けた。

結局会場入りしたのは11時45分。
後でshioさんに聞いたところによると、11時に開場したときは
福袋に群がる人で大変な状態だったそうだ。お針が見た時には
既に福袋は見当たらず、新製品のマドモアゼル-Nも品切れだった。

今回の会場は、商品の数と種類こそ去年のアキバフェアより多いが
部屋が暗くて狭い。窓がないし、休憩テーブルもない。
片隅に飲物とお菓子が置かれたテーブルだけがあって、
お客さんは三つ四つある大きな六角形のソファに座って休憩。
以前のイベントで何度か顔を見かけたことのある常連さんが
そこに腰掛けてるのがちらっと見えた。

うーん、この会場は微妙。
しかし今回、床にプレイマットが敷かれていて
お子様たちはそこで人形や玩具を使って自由に遊べた点は
ポイント高し。大宮ではプレイコーナーがなくて、
お子様たちが退屈そうだったものな。

さて、先に会場入りしているはずのshioさんを探す。
しかし意外と人が多くてなかなか見つからない。
ウロウロしていると向こうから見つけて声をかけてくれた。
ヘアアレンジ教室の椅子に腰掛けて、人形の髪を梳いている。
既にボディから外されて生首状態のそれをちょいと覗いたら、
ぎゃー、今月の月間リエ!

ゲットされたんですねー!!とはしゃぐお針に
「この子はヘアカスタム要員ってことに決めました」と言いつつ
シャシャッと鋏をスライドさせて毛先を削いでいくshioさん。
テーブルには、既にツイストヘアにされて加熱を待つばかりの
shioさんちのファーストリエ嬢(城産センターパーツ焦茶髪)が待機中。

生首状態なのに、ものすごくかわいい月間リエのヘッドを見て
お針の理性が吹っ飛ぶ。髪の毛サラサラー。すごく欲しいー。
「ヘアアレンジ教室、すごく人気で混んでるみたいですから、
するならまず申込だけして、それからヘッドを選ぶといいですよ」
とshioさん。お針も今回へアアレンジ教室をしてみようと思っていたので
担当のお姉さんに申込をして、いそいそとお人形選びに向かう。

ヘアアレンジ教室は、城産あるいはタカラトミー産の人形なら
どの子を持ち込んでもいい(会場で売られているお人形は、
会計を済ませてからじゃないとヘアカット・アレンジ教室不可)。
お針はお人形教室でリカちゃんを一体と服・小物を選んでお会計、
ついでにぬかりなく月間リエも確保して(やっぱり買ってしまった。
次回に紹介予定)教室テーブルへと移動。

ヘアアレンジ教室は、受けた人の話では割とどんな髪型でも
指導してくれるということだったのだけど、どうやら人気すぎて
捌ききれなくなったせいか、メニューがいくつかに絞ってあった。
大別すると「カット」「ウェーブ(三つ編みかツイスト)」「縦ロール裾ロール」。

お針は最初、やったことのない裾ロールを選ぼうかと思ったのだけど
選んだリカちゃんがあまりロールヘアが似合わない感じに見えたのと
髪型の維持が大変そうな気がしたので予定変更で三つ編みウェーブ。
茶目アイシャドウなし、ワインレッド髪で横分けストレート、
片側にだけぱっつん前髪ありのリカちゃんを使って、作業開始。

ハーちゃんみたいなきついウェーブじゃなくて、
制服白ちゃんみたいなゆるーいウェーブにしたいのだけど、
三つ編み何本にしたらああいう感じになりますか?
と担当のお姉さんに訊いたら「本数にかかわりなく、
三つ編みをゆるく編めばゆるウェーブになるし
きつく編めばくっきりしたウェーブになります」と言われた。
なるほど。三つ編みは結局6本作ることにした。

毛を濡らして半分に分け、それをさらに三等分して束ねる。
編まない束は輪ゴムをかけておいて、一束を三つ編みにして
お姉さんに編み加減をチェックしてもらう。ゆるウェーブにするには
本当にかなりゆるめでいいらしい。

毛束が乱れないように指先で整えながら、
かつ、いつもの癖で力を入れすぎてきつくならないように
「ゆるく、ゆるく」と心の中で唱えながら編む。
二本目に取り掛かったあたりでお姉さんがやってきて
手元を見て「お客様慣れてらっしゃるから大丈夫ですね。
何も言うことありませんので全部編んでください」
とだけ言って他のお客さんの指導に去っていく。

編むのは慣れてるけど実は毛束が完全な6等分じゃなかったw
三本目まで編んだところで気付いてやりなおし。
思ったより時間がかかったけど、なんとか編み上げて
名前を申告し、オーブンに入れてもらってお会計
(人形の代金とヘアアレンジ教室の代金は別会計)。
一時間くらいかかるというので、その間にお昼を食べようと
shioさんと二人で会場の外へ出る。

今回の会場はつくばエキスプレスの秋葉原出口そば。
こっち側は再開発で新しいショッピングビルが建っていて
あまりアキバっぽくない。最近のアキバは小奇麗になった、
と話しながらショッピングビル内のカフェに入る。

c0054904_114232.jpg

で、お昼ご飯を食べながらお互いに連れてきた人形を披露。

お針はショーちゃんハーちゃんとすず子さん、リトファリエを同行。
(リトファリエは月間リエとのアイシャドウ比較が目的)
shioさんの同行者はリトファで注文した姫カットリカちゃんと
一足先にオーブンから出してもらった先刻の城リエ嬢。

上の画像はうちの鵺ことすず子さんin赤振袖と
shioさんちの姫カットリカちゃんinリトルナース服。
うちの鵺は紫目だけど、shioさんちの子は茶目なのだ。
目がくりくりとして、頬が紅潮しててかわいらしい。
茶目いいよ茶目。瞳の星のひとつが赤なのもまた可愛い。
きっとレトロな赤い振袖が似合うと思う。

c0054904_18205.jpg

shioさんちのファーストリエ嬢。
ローカルネームは卯月さんである。
元はキャッスルオリジナルの焦茶髪センターパートの
ストレートロングヘア。もとのアイプリはグレー系だったが、
shioさんの手で輪郭と瞳孔に黒を入れて目力増強済。
目元チークが色っぽい。

お着物は自作のちりめん製、桃色の麻の葉模様に
つつじ色・黄色・黄緑色の桜をちりばめた娘らしい色柄。
襟の合わせがしっくり落ち着いてきれいなのに見惚れる。
お針が着せるとどうしても半襟が詰まって浮いちゃって、
こういう風にきれいなVゾーンにならないのだ。

食事を終えて会場に戻り、仕上がったリカちゃんを回収。
それから少し人形を見て回ってから会場を出る。
次に向かったのはアゾン。キャッスルフェア会場とは
駅を挟んで反対側の電気街口の方向にある。

食事をしながら「ここはアキバとは思えない」と言ってたshioさんが
そっち側に渡った途端「やっぱりアキバだったw」とのたまう。
いやー、こっち側はやっぱり色んな人がいてアキバらしいよね。
デー○ン小暮みたいなメイクをした、性別不明の人が
ナマ肩をガバッと出した変なデザインのメイド服を着て
こっちに向かって歩いてくるのを見た…どういうコンセプトだ。

アゾンでは展示品を見てあれこれ言い合い
(『地獄少女』ドールの大きいのと小さいのがあった。
どちらも中の人は可愛いと思ったが、着てる振袖がちゃちだった。
これだったらうちのすずさんに黒縮緬で振袖縫ってやった方が
よっぽど地獄少女っぽくなるというものだ)、ちょこっと買い物。
お針は胴回りが太いタイプのドールスタンドを一本と
フリフリのエプロン一枚、shioさんはオビツボディを購入。

それから総武線に乗って浅草橋へ。
ぬこ様と、この前見たかわいいストリートリカを拝みに
TOTOCOへ行くのだ。前回散々道に迷ったので、
今回はぬかりなく地図を印刷して持参。

ただしお針は「猫に小判、お針に地図」というくらいに
とことん地図が読めない女脳な人間なので、
それをshioさんに渡して読んでもらうというダメガイドっぷり。

で、shioさんの灰色の脳細胞のおかげで無事目的地に到着。
ちょうどお店のドアを開けてお客さんが出てきた、と思ったら
なんだか見たような人影。あの人たち、キャッスルフェアにも
アゾンにもいた!皆同じコースを回るんだなあ。

さてshioさんとお針、まずは二人してwktkで
入り口前のダンボール箱をチェック。
なにしろ二人揃ってねこだいすきゆえに。
しかし時間が遅めのためか寒かったためか、
猫のネの字も見当たらず。

残念だなあと思いながら店内に入り、
目くるめく国産ドールの世界を堪能。
ストリートリカ(スノボ)まだいたー!!
水色目に金髪カーリーのスキーリカちゃんも、
相変わらずかわいいー。

あと、今回新たに目を惹いたのがネオリカ。
お店にあったのは豹柄の服を着た焦げ肌ネオリカだったけど
それのパッケージ裏に載ってるあと二体の子がかわいかった!
オレンジ髪のガーリーパンクな子と、黒髪ストレートの子。
いいなーネオリカ。かっこいいなー。

店奥の、小物が平積みしてあるコーナーに新商品発見。
ツイードやフェイクスウェードでできた、ドールサイズの帽子。
ベレーもつば付きのハットもキャスケットも、すごく精巧!
小さいのに接ぎ目は正確、縫い目は繊細、チェックの帽子は
ぴったりと柄合わせまでしてある。TOTOCOのおじさんによると
24日のイベントに合わせて作ってもらった商品だという。

雰囲気のあるいい生地を使った帽子なので、
これは買いだなと思ってひとつひとつ吟味する。
キャスケットもベレーもかわいくて、色柄も沢山あって
迷ったけれど、ネップがかわいい茶色のベレーにした。
shioさんもキャスケットを購入。

お会計しながら、TOTOCOのおじさんともう一人のお客さんと
合わせて四人で猫談義。今日は外にいなかった、と言うと
「そろそろご飯時だからきっと来る」とおじさん。

最近は寒くなったので、閉店後に猫の寝場所に湯たんぽを
入れてやるそうだ。現在TOTOCOでご飯をもらっている猫は
合わせて三匹ほどいるのだが(地域猫。前はTOTOCO近くの
ビルに入ってる会社でご飯をもらっていたらしい)夜は箱の中で
湯たんぽに乗っかって折り重なって寝るそうな。

そこからなぜか脱線して「湯たんぽは偉大だ」話に。
閉店してからお湯を入れて、翌日の午後一時くらいまで
余裕であったかいそうな。湯たんぽ愛用のお針当番、
「ですよねえ。もちますよねえ」と大いにうなずく。

湯たんぽの中身が勿体ないので、そのお湯を使って
お店の窓拭きを始めたとTOTOCOのおじさんが言う。
言われてみれば、入り口ドアのガラスが前よりきれいなのだ。
窓拭きにはアレが意外と便利だとか専用洗剤よりも
薄めた食器洗い洗剤がいいとか、気がつけばそんな話まで。

おじさんの窓拭き話に触発されて、思わずお針も
この週末は湯たんぽの残り湯で窓を拭こうかと思ってしまった。

そうやってお喋りをしているうちに店の外に猫が出現。
最初にやってきたのは黒猫、次がキジ模様、
最後にパーマンヘルメット模様の白黒ぶち。

一番警戒心の強いパーマンたんはお針たちを見た途端、
あとずさりして一向に近寄ってきてくれないorz
愛想よしのキジ模様くん♂はちょっとだけ触らせてくれたけど、
もうゴハンゴハンで全員おじさんの方ばかり向いている。

三匹がおじさんからカリカリと煮干をもらうのをしばし眺めて、
それから駅へ戻る。ご家族へのお土産にアキバ名物おでん缶と
ミリめし缶を買うというshioさんと秋葉原で別れて帰宅。

明けて本日、アホかと思うほど撮影。
当分更新材料には困らないぞ。

もう夜も遅いのでちょっと寝て、朝になったらまず
今が旬(というわけでもないけど、今月限定販売なので)の
キャッスル月間リエから披露の予定。
[PR]
by ura_hoshimi | 2008-11-24 02:09 | お針当番記す