某所で新月予報を出している「星見当番」の裏日記。裏当番&裏テントチームが執筆を担当


by ura_hoshimi

(写真なしだが)秋葉原・浅草橋ぶらり人形者の旅

【お針当番記す】

タイトルどおり画像も何にもないのだが。
(お針の阿呆がデジカメを持って行くことを失念し、
おまけにケータイにはカメラがついているくせに
ボケっとしていて撮影することを思いつかなかったからだ)

某古都にお住まいのキサリエ小美人愛好家・Yさんが
出張で東京に立寄られる、と連絡を受けたのが先週のこと。
日曜日、とりあえず忘れちゃいけないハーたんをハンカチに包み
もうひとつ、本日の買い物に必要な某ヘッドをボディから外して
ビニール袋に入れ、バッグに放り込んでいざ秋葉原のアゾンへ。

本日の主目的

1 Yさんとアゾン→浅草橋TOTOCOを巡る1/6ドールぷちツアー。
2 ハーたん&YさんのNJカスタムキサラお姉様の相互お披露目。
3 お針個人の目的A 某ヘッド用にオビツ素体を買う。
4 お針個人の目的B ショーちゃん用にもう少しまともなドレスを買う。

Yさんとお会いするのはこれで三回目、になるか。
ラジオ会館4階のアゾンで待ち合わせ(そっちに移ってからは
初めてになるアゾン。迷子にならずに辿り着けるからありがたい)。
十三時の約束にお針が三分遅れくらいで滑り込むと、
Yさんの方から見つけて声をかけてくれた。

店内をぐるりと見て回って、まずは某ヘッド用にボディを探す
―が!ヘッドと合う色のボディがねえええ!某ヘッドは日焼け肌、
目指すオビツ素体にはノーマル肌と言ってもかなり白い)と
美白肌(雪のように白い)しかない。笑っちゃうほど合わない。

で、居並ぶオビツボディの中にタカラ純正DSAJボディがあった。
日焼け肌だったのでつと手に取って、某ヘッドと並べてみたら、
誂えたようにぴったりと色が合う。やっぱりタカラヘッドには
タカラボディをあわせるべきなんだねと思った一幕であった。

ってあのヘッドにダイナマイトボディつけてどうするんだー!
どんだけマニア向けよ、とYさんと二人で笑ってしまう。
体型は、オビツの方が断然合うんだ。そもそも、
着せたい衣装がオビツ対応だから。でも色が合うのは
タカラDSAJなんだ。いくら露出の少ない衣装だからといっても
首と手だけは素肌が見えるわけだし、顔と色が違いすぎるのは困る。

選択肢は、ふたつ。

1 DSAJを選んで、衣装に合わせて体型補正をし、
  長すぎる袖と着丈は丈詰めをして着せる。

2 オビツボディを選んで、ヘッドに合わせて
  ボディを褐色に染める。

究極の選択だ。まあ両方買って行って後でどうするか決めよう、
と両方カゴに入れる。それからショーちゃんのために
「小悪魔シフォンドレスセット(27cm用)」の黒を一着、
猫耳増産用に黒のカチューシャ(2個入って105円)を二袋、
ハーたん用に27cmサイズのスクールカーディガン(グレー)を
一着選んでレジにてお会計。

その後、近場で軽く昼食をとり、総武線に乗って浅草橋へ。
7年ぶりくらいにTOTOCOを訪れるYさんと、2年前くらいに
一度いったきりの上におそろしく方向音痴のお針当番、
駅から揃って逆方向に進んで道に迷うが、どうにかこうにか
目指すTOTOCOに到着。

久しぶりのTOTOCOは、はじめて行ったときと
まるで変わらないようなたたずまいであった。
前に行ったときと違うのはお天気くらい。あのときは
土砂降りの雨だったのだ(笑)。

今日はうす曇りで、TOTOCO名物、お店の前にはみ出して
盛大に積みあがったドール箱・空ダンボール箱の脇で
キジトラのネコさんが一匹ゆうゆうと昼寝をしてござった。
おお~っ♪と思って声かけを試みるが、キジトラさん目もくれず。

あきらめてお店に入ろうとしてひょいっと左脇を見たら、
空ダンボールの中でもう一匹、黒白ハチワレが行き過ぎて
某所のべるたんみたいにパーマンヘルメット模様になった
大きな黒白ネコさんが寝ていた。人形とネコ。なんというパラダイス。

お店の中は、すばらしき国産リカジェニが狭い空間に
それこそ み つ し り と 詰 ま っ て ゐ た 。
ああ、あれも可愛いこれも素敵、おや、この人まだいたんだ、
と店内くまなく見て回る。ああ、茶箱さんズの美しさよ、
昔の国産リカ様ズの凶悪なまでの愛らしさよ。ああ、ああ…。

Yさんがまだ、今年の着物ちゃんショックを未経験だとおっさるので
あれは是非見てもらわなくてはと着物ちゃんを探す。
TOTOCOには国産子しかいないかな、と思ったら、
ちゃーんと現行品(某国産も含む)だって置いているのだ。

あまりの姿にYさんも絶句…されるかと思ったら、
話をきいてどれだけ凄いのが来るだろうと思っていたので
実物はさほどのショックも受けなかったらしい。
でもやっぱり国産着物ちゃんとは別人だね、と、
隣に置いてあった去年か一昨年の着物ちゃんを手に取って
見比べながら嘆息。

今年の着物ちゃんの付属品は紙製の絵馬なんだ。
それに印刷された「合格」の文字がとんでもない皮肉に見える。
なにがどう合格だというんじゃい。

なおも店内を見て回っていると、戸口から「にゃーん」と声がする。
見れば昼寝をしていたキジトラたんと、パーマンヘルメット黒白たんと、
もう一匹どこから来たのかちょっと小柄な黒ネコたんの三ネコ様ズが
店外のマットに並んで座ってこっちを覗き込んでいる。

代わる代わる「にゃーん」と鳴いては店内を覗き込むのだが
決して中には入ってこようとしない。すごく躾が行き届いてるなあと
近寄ってみると、おとなしく撫でさせてくれて可愛い声で鳴く。
なんじゃこのかわいい子たちは、TOTOCOさんちの子かな?
と思ってたらカウンターからTOTOCOのおじさんが出てきて
説明してくれた。お店のネコというわけじゃなくて町猫?らしい。

店前に沢山空き箱が積んであるし、車も滅多に通らない路地だし、
ネコにはちょうどいい昼寝場所なんだろう。人形に手をだしたり
店の中に入ったりして悪さをすることもなく、店前でのんびりくつろいで
おじさんから定期的にカリカリと水をもらっているらしい。

お針たちが店に到着したときには昼寝に専念していたのに、
後になって急に鳴きだしたのは、午後3時半くらいになって
「おやつの時間ですがー?」と催促しだした、ということみたい。
かーわいいなー。ネコズにカリカリを出してやって
(ちゃんと三匹それぞれに小皿で)、傍にしゃがんで
食べ具合を見ているおじさんも、かーわいいなー。

その後も色んなリカジェニを見てお洋服類を物色
(FS1920年代ほか、FSシリーズのリカが何体かあったけど
お針当番がずっと探している1910年代の子はいなかった)。
ナイスジェニーコレクションのドレスでよさそうなのがあったので
それを一着と、茶箱の日焼けキサラねえさんを迷った挙句選ぶ。
TOTOCOのおじさんとYさんとで昨今のリカジェニ談義を少しして
今年の着物ちゃんについて嘆息し、また少しだけリカジェニを見て、
やっとTOTOCOを辞去。

今回見て、すごく可愛かったリカ様が二体。
一体は「ストリートリカ」のスノボちゃん。日焼け肌でメッシュ髪で
ショートヘア。紫目で茶睫毛アイシャドウなし、瞳の星が三つとも白。
少年ぽくてとても可愛いかった。これ、このままボーイフレンドドール
「リカオくん」で売り出せばレンくんなんかよりずっと売れそうじゃね?と思う。
リカヘッド同士だったら顔の大きさの差を気にしなくてよくなるしさ。

もう一体は、いつのリカちゃんかわからないけれど
シーズンものでパステルカラーのスキーウェアを着た、
金髪カーリーを低い位置でツーテールにくくった水色目のリカちゃん。
お針の好きな茶睫毛・アイシャドウなしで普通にかわいい子。

いままで、TOTOCOは問屋さん兼小売店だから日曜は休みかと
思い込んでいた。実際は不定休で、日曜でもやっている日があるらしい。
事前に電話確認した方がいいみたいだけど。でも日曜でも
開いてる日があるというなら、そのうちまた行ってみようと思う。
にゃんこもいるしナー。晴れた日を選んで行きたいよナー。
さてお針当番、あのリカ様ズの誘惑にいつまで耐えられるか。

その後、Yさんと二人でコーヒーショップで休憩しながら
互いのカスタム子を披露。NJキサラねえさんの変貌ぶり
(令嬢風味のワンレン金髪から元気外ハネハリウッドセレブへ)と
ナイスバディに目が釘付け。その傍らに座すうちのハーたん、
Yさんに「もうこれ以外の服を着せる必要はない」と太鼓判を押されて
大変愛でてもらう。お針自身、彼女に着せるほかの服を思いつかない。
せいぜいプリーツスカートをチェックに変える程度か。

小美人ヘッドは神ヘッドである件、とかお城のヘアアレンジ教室の
あのオーブンは何度に設定してあるんだろう、家庭のオーブンでも
同じ温度にしたらヘアセットに使えるんだろうか、なんてことを話す。

(本当に、お城のあのオーブンは何度に設定してあるんだろう。
加熱時間は約1時間なんだけど。加熱方式も家庭用オーブンと
同じなんだろうか。電気オーブンかな。うちのオーブンは
マイクロウェーブといわゆる電気オーブンの併用型なんだけどな。
今度、城イベントがあったらヘアメイク教室担当のおねいさんに
温度のことと、家庭用オーブンも使えるのかどうか、訊いてみよう)

で、18時過ぎ、宿泊先に向かわれるYさんと帰宅するお針、
それぞれの方向に分かれる。Yさん、本日はありがとうございました!
いただきもののあれは、今後何かの撮影で使わせていただきます。

来週末は旅行へ行くので、今日買ってきたものの披露は
再来週以降になる予定。
[PR]
by ura_hoshimi | 2008-10-27 00:04 | お針当番記す